2012年09月
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
スペシャライズド 海外研修 in ソルトレイク 

吉祥寺店の鈴木です。
スペシャライズドのアメリカ研修に行ってきました!

「 2008 Specialized Dealer Launch 」

ディーラーローンチ・・・日本語でいうと「 販売店向け新製品発表会 」でしょうか。

今年は7月12日から18日までの1週間、ユタ州ソルトレイクで世界16カ国が集まり開かれました。(アメリカは途中から参加)

ステージにはすごい大きなスクリーンが


今回は、国内代理店から完全子会社のスペシャライズド・ジャパンの設立により国内に
輸入される商品が増える為、パーツ・アクセサリーのチェックと2008年モデルで
大きく変わる自転車本体のチェック・試乗が主な目的です。


【 チェックイン 】

大きなエンブレムが出迎えてくれる、ここで受付。
「 どこの国から来た、誰々です 」と全員が登録します。


【 GOING GREEN 】

アメリカのスペシャライズドではリサイクルにも力を入れていました。
ちなみにコレは廃棄タイアを回収して、ショップマットにリサイクルする運動。
 う~ん、すばらしい !


【 講習 】

開発担当者が詳しく説明してくれました。
ちなみに写真は自社開発・製造に変わったサスペンション「 フューチャーショック 」
右側にすべてまとめられて、左側は空っぽです。


【 試乗会 】


ターマックSL2 に試乗、すごく良い ! !
ROVALのホイールもヤバイですよ。
マウンテンでは SW FSR がすごく良かったです ! !
詳しくはお店で聞いてください ! !


スペシャライズドトレーラー発見 ! ! 日本じゃ見れないサイズでカッコイイな~。


【 サプライズ 】

ななな、なんと ! ! キング オブ クロスカントリーと呼ばれる
生きた伝説 ! !  ネッド・オーバーエンド に会っちゃいました ! !
土日にはレースがあるからと次の日には居なくなってしまいました。
・・・まだまだ現役バリバリですね~。



さらに ! ! スペシャライズド・ジャパンの馬場社長
スペシャライズドの社長マイク・シンヤード ! !
マイク・シンヤードは本当に日本が大好きな方でした。





駆け足でのご報告になってしまいました、すいません。

8月1日からJスポーツでベッティーニ、ボーネン仕様のテレビCM、
9月からはアメリカのサイトがリニューアルします。
(それに追従して日本のサイトもリニューアルするそうです)

どちらもすごくカッコよかったですよ!

吉祥寺店によって頂ければ詳しくご報告いたしますので、ぜひお立ち寄りください !

【 お土産コーナー 】

CWSサイトをご覧の皆様の為だけにお土産を持って帰って来ました ! !
吉祥寺店のスタッフに
ホームページ見たんですけど、スペシャライズドのお土産ください ! !
と声をお掛けください。


「メッセンジャーバッグ」


「スタンプジャンパー25周年記念BOOK」


「2007 ディーラー ローンチ in ソルトレイク 記念サイクルボトル」
「アメリカのショップにあったシェア ザ ロードステッカー」

先着順でお好きなものをプレゼント致します ! ! (1人1つまで)
※ボトル以外は各1個です。


マヴィック&アディダスの展示会
マビック&アディダスの展示会場


7/3.4.5と東京では3日間、開催されました08マビック、08SSアディダスの
展示会へ行ってきました。


今回の超目玉は何と言ってもジロ・デ・イタリアで大暴れしたサウニエル・デュバルを
サポートするマビックの完組ロードバイクホイールの新製品!!

【 COSMIC CARBONE ULTIMATE 】 と 【 R-SYS 】 です。


【 COSMIC CARBONE ULTIMATE 】 コスミック カーボン アルチメイト

カーボンファイバースポークをハブとリムを接着させる“リムTOリム製法”
でスポークをなくし軽量化に大きく貢献させ超軽量1185gを実現させた。

また40mmの12Kユニディレクショナルカーボンリムにスポークホールがなくなり
耐久性と剛性を兼ね備えた完璧なバランスを持つホイールが誕生した。

お値段も暫定ではあるが¥420.000と超決戦用にふさわしい値段となっている。

フロントハブのフランジは70mmでエアロダイナミクスにも優れている。
フロントハブのボディーはフルカーボン


【 R-SYS 】 アールシス

こちらは想像以上に凄かった。
「 3rd GENERATION OF BICYCLE WHEELS 」 すなわち、第3世代のホイール ! !

第1世代のホイールが木製のホイールと位置づけて
テンションの張力で作られていたホイールが第2世代、
そして今回発表されたホイールが第3世代となります。

今までのテンション構造ではない トラクション コンプレッション
どちらとも兼ね備えた構造となった トラコンプコンセプトホイール !

中央に見える赤いリングがトラコンプコンセプトの要のトラコンプリング


去年のツール・ド・フランスでも実戦テストを繰り返されキシリウムESより10%軽く
30%も剛性が上がっている。

この技術力は他の追随を許さずマビックでしか製品として出せないであろう
まさに完成されたホイールである。

また今後マウンテンバイクのホイールにも活かされてくるに違いない。

フロントホイールとリアの反フリー側のスポークはカーボンスポークとなる


その他にも !

キシリウムESがキシリウムSLとなり、リアをテンションバランスが均等にとれるよう
オフセットリムに改良され、そして10g軽量された。

マウンテンバイクカテゴリーでもクロスマックスシリーズに29erが加わり
優れた走破性と先の需要を見越した製品が発売される。

リムとハブにカエルのイラストが入っています。でもなぜカエル?


アディダスは女性用ウエアーのラインナップが増えて充実していました。
それから来年はグリーンが流行の兆しなのかウエアーとシューズにグリーンを取り入れた
製品が多かったです。

こちらに紹介しきれなかったモデルに関しては吉祥寺店、高田馬場店、池袋店にて
詳しくお伝え致します。