2012年09月
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
ホノルルセンチュリーライドに行ってきました。


CWS吉祥寺スタッフの田渕です。

毎年賑わいをみせているホノルルセンチュリーライドに興味を持っていて
今年、初参加してきました。雑誌や口コミなどでいい評判は聞いていましたが
とりあえず見て、聞くだけではホントの良さは分からないので肌で感じてくる為。
来年は多数のお客さんを連れて楽しめるか査察の意味を込めて行ってきました。

3泊5日のスケジュール。

≪初日≫はハワイ初上陸を果たし意気揚々と散歩をし、下調べしておいた
ハワイのサイクルショップ3軒を見て回る。自転車屋に勤めているものとしては
展示方法、パーツ、ウエアーの品揃えなど興味深々であっという間に時間が過ぎていった。


≪2日目≫は自由時間。ブリジストンアンカーが主催するイベントに参加したこともあって
アテネオリンピック代表の田代選手飯島選手先導の中、かる~くコースを試走。

午後は一人でサイクリング。地図もないし、道路標識の見方も全然分からないので
とりあえず高い所へ行けば見晴らしがいいだろうと思い走った。
そしたら超激坂があリ更に行くとご褒美の素晴らしい景色が待っててくれた。

何十パーセントあるのかと思うぐらいでした。

写真を撮ったということは足を着いてしまった訳です。


有名ホテルを見下ろすほどの高いとこまで上りました。


≪3日目≫はイベント当日。朝6:00頃スタートなので4時には起きてホテルを後にする。
100マイルのスタート地点でイベント恒例の長~い挨拶。隣にいた田代選手と飯島選手と
写真撮ったり、色んな話をした。

左から田代選手、飯島選手、自分です。オリンピック選手よりも目立ってます(笑)


プロトタイプのOGK製カーボンボトルケージはサイドから出し入れし易くなっている。

ホノルルセンチュリーライドでの目的・テーマは「笑顔で走る事」
通勤でニコニコ走っていたら気持ち悪がれるし、レース中では自分でも見たくないような
酷い顔で走っているので、トコトン楽しむには笑顔が一番!!!
イベント参加中、自分が1番楽しむのだ!
みんな足が筋肉痛になるところを自分は頬が筋肉痛になるのではと心配するくらい。
気持ち的にはそんな勢いだ。

おかげで目の前にあるもの、聞くもの、感じるもの・・・すべてに感謝して走る事ができた。
ありがとう~!


インターマックス代表の今中さんにエイドステーションで遭遇


楽しいときはあっという間に過ぎてしまうもので、あれよあれよでフィニッシュ。

途中、路肩に座り込んだ女性がいたので声を掛けるとパンクしたらしい。
サポートを頼んだがなかなか着てくれないというので、ここは腕の見せ所?
とばかりに手際よくチューブを交換してあげたりした。

ゴール後も笑顔は忘れない。

今回一緒にイベントに参加した73歳のおじいちゃんも無事に完走を果たした。
初めのエントリーでは50マイルの予定がコンディションも良かったので
75マイルを走りきった。(お見事!)

≪総括≫
今回このイベントに参加して、こうすればもっと楽しめるのではないか?
今度はこんなことをやってみたいな~、・・・などなどと、
考えさせられることが非常に多かった。

20年以上続いているイベントだけどJALがスポンサードしてからまだ5年しか経って
ない。
これからもっともっと大きくなるイベントだと思うので、とても注目して見ていきたい。
さらに、今の自転車ブームに更に火をつけるきっかけになって欲しいとも思う。

それと来年もっとお客さんを誘って楽しみたいと思います。
長文にもかかわらず読んでいただきありがとうございました。