2012年09月
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
2011年コルナゴ展示会

毎年変わらずコルナゴの展示会に五反田へ行ってきました。

場所もそうだが毎年新しい物には保守的というか、
良いものを選びデメリットがなくなり成熟された物を
導入するコルナゴ。
ある意味新鮮さを感じさせた。

今年はトップモデルが2つも新作としてデビューするのでワクワク。

2010年のツール・ド・フランスでブイグテレコムチームの活躍を支えたC59
満を持して待望のデビュー。新城幸也選手をはじめとして、多くのライダーが
大事なレースの前にも関わらずマシンチェンジを熱望したというモデル。

またC59と同時デビューのM10はC59ともまた違った迫力のフォルムが存在感を
際立たせその見た目の迫力からは想像できないスムーズな乗り心地の良いバイク。


M10のDI2仕様

2機種ともお値段そのままで通常ワイヤー仕様とDI2仕様から選べ、
電動への配慮も抜かりなし。

2010年の全日本選手権を宮澤崇史選手がCX-1に駆り見事制したバイクも
CX-1EVOとしてリニューアルされました。


2011年のコルナゴカーボンフレームのラインナップの全6種類で最も乗り心地が
良いと評判なのはCLXです。マイナーチェンジでよりレーシーなバイクへと進化し
登場以来、振動吸収性能の高さに磨きがかかり重量も1280gから1080gへと200g
の大幅な軽量化に成功しました。


4色から選べますが鮮やかなブイグテレコムカラーでしょ


その他、エントリーユーザーにはプリマ105、プリマ ティアグラ等も2011年も
継続でラインナップしてます。
お値段、詳細など詳しくは店頭にてお尋ねください。

クリーンボトル入荷しました

聞きなれない名前ですが日本初入荷です。

世界的に見て大ヒットらしいです。

通常のボトルと何が違うのか?


何の変哲のないこのボトル

なんと底が取り外せて綺麗に洗えるのです。

“ゴシゴシ”と。

今までなんで気付かなかったんだ。特許とっていたら…

%E3%81%B1%E3%81%8B.JPG

定期的に掃除してもカビが増殖して見るも無残な状態から、おさらばできます。

キッチンハイターなどの漂白剤を入れても塩素系の臭いが嫌いだったので

画期的なボトルに期待します。

これでボトルの買い替え需要が減ってしまうのか?

お店的にはダメかもしれませんが、エコの時代ですからネ。

≪ クリーンボトル ≫

【 容量 】  700ml

【 素材 】  無毒性、無BPAプラスチック製

【 価格 】 ¥1.260(税込)

阪神タイガースモデル

オークリー阪神タイガース球団のコラボレーションモデルが入荷しました。

2010年で球団創立75周年を迎える阪神タイガース。

これを記念してオークリーカスタムアイウエアーよりスペシャルエディションのご紹介です。

フラックジャケットとレーダーともにチームイエローのフレームとブラックイヤーソックに

それぞれレッドのアイコンがアクセントになってます。

レンズはコラボレーションでしか実現できない阪神公式ロゴがレーザー刻印されます。

≪ フラックジャケット ≫

【 フレーム 】 チームイエロー  USフィット

【 ノーズピース 】  ジャパンフィット

【 レンズ 】  スタンダードグレー(レンズに阪神タイガースロゴのレーザー刻印)

【 付属品 】  専用ケース付き

【 価格 】  ¥26.250(税込)

≪ レーダー ≫

【 フレーム 】 チームイエロー  USフィット

【 ノーズピース 】  ジャパンフィット

【 レンズ 】  パス グレー(レンズに阪神タイガースロゴのレーザー刻印)

【 付属品 】 専用ケース付き 
 
【 価格 】  ¥29.400(税込)


ちなみにこちらは色の配色が逆なリブストロングバーションのフラックジャケット