2011年10月
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
テスタッチ ブレーキシュー再入荷


テスタッチ アクションカンチブレーキシュー

シマノ互換(ロードタイプ)のカートリッジブレーキシューが再入荷致しました

ブレーキシュー自体に角度調整機構が付いている為、調整幅の少ないカンチブレーキでも適正なリム当たり面に合わせやすい、ありがたいブレーキシュー

比較的高価ではありますが、ロード用のブレーキブロックと互換性がありますので、一度お求め頂ければ末永くご利用頂けます

元々は同じテスタッチから発売されている「フロッグカンチブレーキ」用なのですが、velocraftでは購入されるほとんどの方がMAFACカンチブレーキユーザーです

MAFACクリテリウムに代表される、このタイプは調整がほとんど出来ないので、トーインを付けたり、リムと水平にブレーキシューをセットするのに非常に苦労します
(ほとんどの方はブレーキシュー自体をヤスリで削ったり、強引にブレーキ本体をねじったりして、位置を出しています)

このアクションカンチブレーキシューに変えると、最新のシマノ製シューを利用出来て、しかも角度調整もしやすいと大変好評を頂いています

しかし、チョットシャフトが長いので注意してください


左・MAFACクリテ 右・テスタッチ

リムの当たり面~シャフト先端の長さが、MAFACが約40mm・テスタッチが約50mmありますので、シャフトとアーチワイヤーが干渉してしまいます

そのままでも、さほど問題はありませんが「なんとなく気になる」ものですから、気になる方は、シャフトを5mm程カットしてしまいましょう

カットする場合は、シャフトをブレーキシューから外して、ネジとカラーの先端をカットしてください

リム当たり面からシャフトの付け根までがテスタッチの方が長いので、5mmカットが限界です。突き出しの調整幅はほぼ無くなってしまいますが、「出っ張り」もほぼ無くなりますので、アーチワイヤーとの干渉も無くなります
(カンチ台座の位置・リムの幅などの関係で、絶対ではありませんが)

※この作業を行う場合は、トラブルが起きてもメーカー保証の対象外となります。ご自身の責任において作業してください

【価格】¥6,510-(税込・1台分4ヶ)
  
  
  
  

※2月よりvelocraftは火・水曜定休となりました


旅する自転車の作りかた(グラフィック社)
全国書店・velocraftで発売中!

« ギボシ入荷 | メイン | VELO GARAGE サドルバッグ新発売 »