2011年11月
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
BRUNO TOUR 限定販売!


BRUNO TOUR26"

昨年大ヒットした旅自転車「BRUNO TOUR」が入荷しました

市場では昨年末から販売されていますが、velocraftでは今回初入荷です

なぜ、こんなに遅れたかというと・・・

velocraft限定仕様だから!

なんです

変更箇所は唯一クランクセットのみです
元々のクランクセットは53T-39Tの歯数なのですが、velocraft仕様は50T-34Tとしています(昨年のモデルと同じ)

ツーリング・サイクリングでは、ゆったりと走ることが多いですし、峠攻めがメインの方も多いので、ロードバイクよりも軽めのギアが必須なのですが、53T-39Tのクランクセットでは、ロードバイクよりも重たいギア選択になってしまいます

モチロン、後からクランクセットを軽めに交換すれば良いのですが、当然費用が余計に掛かってしまいます

7万円台と非常にリーズナブルな旅自転車ですので、最初から1万円前後もする改造は、大槻としてはご提案出来ません

せっかくの、価格的メリットが薄れてしまいますからネ

そこで、メーカーと交渉をして台数限定で50-34Tのクランクセットを用意してもらいました

販売するタイプは・・・
700C TOUR(ターマックグレー)・・・495mmX1台 530mmX2台
700C TOUR(インカブルー)・・・・・・495mmX1台
26” TOUR(スモーキーグリーン)・・470mmX1台 520mmX1台

上記の通りの超限定品ですので、お早めに

【価格】¥77,700-(税込)

※予定数が完売しますと、ノーマル仕様の53T-39Tになります
※ノーマル仕様は店頭展示の予定はありません

  

☆☆☆ギア比の重要性について☆☆☆

まずは、ギア比を元に走行速度を計算すると・・・

ノーマル仕様のギア比の場合
最大ギア比 4.41 70rpm時の走行速度40.1km/h
最小ギア比 1.56 70rpm時の走行速度14.2km/h

velocraft仕様のギア比の場合
最大ギア比 4.16 70rpm時の走行速度37.8km/h
最小ギア比 1.36 70rpm時の走行速度12.3km/h

ノーマル仕様と同じギア比のロードバイクの場合
最大ギア比 4.41 70rpm時の走行速度38.8km/h
最小ギア比 1.56 70rpm時の走行速度13.7km/h

この様になります

下段に参考として、ロードバイクの場合を記載しました
これを見ても解るように、ノーマルの状態ではタイヤが大きい(太い)分ロードバイクよりもスピードが速くなり、ペダリングは重たくなります

荷物無し&スピード最優先のロードバイクに比べて重たいギア比なんて、荷物を積んで、ゆったりと走るツーリングには決して向いているとは言えないのは、一目瞭然だと思います

モチロン、パワーのある方でしたらば、踏めないことは無いギア比ですが、参考にしているロードバイクはギア比は、世界レベル・日本トップレベルのギア比と同等でありますから、厳しいとは思います
(近年のロードバイクでは市販車のギア比はもっと低く設定されています)

本当でしたら、50T-34Tよりももっと軽いギア比があっても良いと思いますが、取りあえずは、現実的な選択だと思います

旅自転車に限りませんが、コンプリート(完成車)スポーツバイクを購入する際には、非常に重要なポイントですので、必ずチェックすることをオススメします

  
  
  
  
  

※停電の際は営業を休止する場合があります ご注意ください
 (当店の計画停電のグループは1-C)

※2月よりvelocraftは火・水曜定休となりました


旅する自転車の作りかた(グラフィック社)
全国書店・velocraftで発売中!

« REVOLVE TRAVELER 入荷 | メイン | パナレーサー ミニッツライトPT 入荷 »