2013年03月
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
velocraft流ライトツーリングバイク作り その3

今回は分割式のリア泥除けを取付けます


泥除け分割部 裏側

今回は分割加工がされている泥除けですので、分割金具の位置は最初から決まっています
チェーンステーブリッジの下をアルミ板がスライドして外せる形ですので、隠しネジの取付けは通常のボルトですと、ぶつかってしまいます
この場合には低頭タイプのボルトを使用します


使用するボルトとワッシャー

泥除けが割れない様に、フロント泥除け同様に大き目の平ワッシャーを入れたくなりますが、ワッシャーの厚みで分割金具が外れなくなるので、緩み止めのギザワッシャー(菊座)のみで締め込みます



チェーンステー側のクリアランスをチェックします

上写真の様にチェーンステーから泥除けの前端部が飛び出してしまいますし、チェーンステーブリッジ(今回は、センタースタンドマウント)からの距離も空きすぎています

前端部が下に飛び出していると、ホイールが着脱しにくくなるので適正な長さにカットします

空き過ぎているクリアランスはスペーサーを用意して位置を決めます


キレイに取付けが出来ました

アルミ製の5mmスペーサーを2枚を使用して、丁度良い位置になりました
取付けボルトは、長めの物を用意して取付けナットから飛び出さない様にカットしています


OGK カーボンボトルケージ用スペーサーセット【価格】¥210-(税込)

特に形状を気にしなければ、ボルトやワッシャーはホームセンターなどで入手出来るのですが、低頭ボルトやスペーサーは意外と入手がしにくい事があります

そんな時は、上写真のボルトセットが便利ですし、今回もこのボルト&スペーサーを使用しています

元々はボトルケージを取付ける為に販売されているものですが、5mm厚のスペーサー2枚とトラス形状の低頭ボルトM5x15mm2本がセットで、泥除け取付けの時には重宝しています

ココまで出来れば、後はいつもの様に・・・


ダルマネジでステーを取付けて・・・


ステーをカットしてエンドダボに固定して・・・

全体のバランスをチェックすれば、リア泥除けは完成です!!

次回は、ドライブ系のパーツのアッセンブルです

« Schmidt ハブダイナモ | メイン | CS-M771-10 »