2016年06月
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
特選フレームセット 7/3追記

夏のセールに合わせて店頭のフレームセットも期間限定でお値下げしておりますのでご紹介いたします。

7/3追記:Bianchi INFINITO CV フレームセット完売いたしました。



 キャノンデール CAAD10 52サイズ チャコールグレイw/ファインシルバー、アシッドレッド 

ご存知、レーシングアルミフレームのベンチマーク。
アルミフレームならではのキビキビした反応性に加えて快適かつスムーズな走りを提供してくれるでしょう。1,160g(56サイズ)と超軽量ではないものの実用に十分すぎる軽量性も持ち合わせております。


ビアンキ INFINITO CV 53サイズ チェレステ

春先にヨーロッパで行われる「北のクラシック」シリーズで実戦使用されるエンデュランスロードレーサーのハイエンドフレーム。
荒れた道を無駄な力を使わずに走るための快適性を持ち、長距離のライドイベントに最適なフレーム。また、フレーム単体で990g(55サイズ)という軽量性を活かしてヒルクライムイベントにも如何でしょうか。

今回はシートステーに小キズがあるために7/12まで現金にてご入金頂いた方限定で特価にて販売中です。



ノンドライブ側シートステー小キズ

≪cannondale CAAD10 フレームセット≫
52サイズ
【7/12までの特別価格】 ¥96,600(税抜)


≪Bianchi INFINITO CV フレームセット≫
53サイズ
【7/12までの現金特別価格】 ¥142,500(税抜)
 7/3完売いたしました

それぞれ一本ずつの在庫となりますので売り切れの際はご容赦くださいませ。
新車組み立て、お手持ちの自転車からのコンポーネント載せ替え等のご相談おまちいたしております。

恒例アウトレットコーナー開設

毎年恒例(?)のアウトレットコーナーを今年も設けました。

今年はバーテープやグリップなど消耗品からウェア、熱整形インソール等小物中心の品揃え。
旧モデル品、訳あり品から現行商品ながら展示スペースの関係でアウトレットになったモノまでお買い得商品が揃っておりますのでご来店の際は是非覗いてみてくださいませ。


※売り切り特価商品のため返品交換等はご容赦くださいませ。

大弛峠サイクリング

夏至が近い為日の出ている時間が長い上に気温もそれほど高くない六月は、雨に祟られなければ丸一日自転車に乗るのに気持ちよい季節だったりします。

今回はwikipediaによると「標高は2,360mであり、自動車車両が通行できる日本最高所の車道峠である」大弛峠へ出かけました。山梨側は例年12月頭から5月末まで冬季閉鎖されておりますのでご注意ください。

なお、画像は大弛峠頂上以外はシマノのスポーツカメラCM-1000で撮影しました。車載カメラのためピンボケ等お見苦しいとは思いますがご容赦くださいませ。


東京側からの一般的なアプローチは塩山駅まで輪行して大弛峠を30km登って下りてくるほかに奥多摩駅まで輪行などして柳沢峠~大弛峠~柳沢峠と峠三昧コースもありますが今回は日がな自転車に乗るということで吉祥寺から自走する事にしました。



奥多摩駅前の交差点手前です




奥多摩湖の小山内ダムが左手奥に見えてきました

奥多摩駅から奥多摩湖までは短いものの登り坂がありその多くはトンネル。フロントとリアライト使用は必須です



柳沢峠へ向かう途中のちょっとした下り反対車線で猿がうずくまってました。この後小鹿にも遭遇




この右カーブを過ぎるとようやく柳沢峠です。休日ともなると峠の茶屋は自転車やバイク乗りで賑わいます



甲州(旧塩山)市側へは絶景ダウンヒル(曇天ですが。。。)



手持ちの補給食だけでもカロリーは足りていたのですが、甘さとしょっぱさにやや飽きてきたので「普通」の食べ物が恋しくなってきました。登りでしんどくないように軽く食事を済ませてから大弛峠へ向かいます。




クリスタルラインを登り大弛峠へ。直登で勾配9%ほど数キロ続くので遠慮なくローギアに入れます。左手にブドウ畑が見えますがのんびり眺めている余裕はありません



木々の間に入ると勾配が少し緩くなります



15kmほど登ると琴川ダムへの下りです。ここまでの稼いだ登坂が少しだけ巻き戻されました



少し進むと分岐があり、左手は焼山峠を介してクリスタルラインへ。大弛へは真直ぐに




分岐からすぐの場所、最後のドリンク補給地点金峰山荘さんの自動販売機があります(画面奥左手白い建物の反対側)。頂上までまだ15kmもありますので補給を怠りなく



7~9%と1~3%の勾配が交互に現れますが、2%くらいだとほどよくスピードに乗るので平地に思えるから不思議です



頂上目前でポツリと来ました。山の天気は油断ならないです



ようやくピークの駐車場。塩山からえんえん30km、2000m弱登ってゴールです。お疲れ様でした!



昨年カレーを頂いた大弛小屋は今年は残念ながら準備中でした


おまけ


下山して再び軽く食事を済ませてから復路柳沢峠のスタートです。塩山側からは距離が短い分勾配がややきつめ

お得なボンベ

ライドの途中でパンクしてしまった時に修理もしくはチューブを交換して空気を入れる時にどのように充填しておりますか?
わたしは手押しポンプ派です(本題に入らず話がここで終わってしまいまそうですが、、、ちなみにチューブラータイヤを使っている時にはパンク修理材入りCO2ボンベも持ち歩いております)

アメリカを代表するバイクメーカ、キャノンデール社から発売しております「CO2カートリッジ 16g×3」は900円(税抜)という価格ですので使用頻度の高い方は検討してもよいのではないでしょうか。



三本パックでございます



ボンベのデザインはこのような感じです

全てのポンプメーカーを試したわけではないですが、ねじ切りタイプのポンプにはおおよそ対応していると思います。

≪cannondale CO2 カートリッジ≫
16g×3本セット
【価格】 ¥900(税抜)