2016年07月
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
クロモリ ロードバイクの本

いつもお世話になっているエイ出版社さんから「クロモリ ロードバイクの本」が発売されました
※CWSグループでのお取扱いはありません

ロードバイクの本ですから、勿論「旅自転車専門店」であるvelocraftは登場致しませんが、フレーム素材の貸出等で一部お手伝いさせて頂きました

各スチール製ロードバイクの紹介やインプレッションが主な内容ですが、カイセイ・レイノルズ・タンゲ・コロンバスなどのスチールパイプの紹介がされていますので、ツーリングバイクの制作にも役に立つ情報も多々あります

改めて「スチールパイプメーカーって結構あるな~」っという印象ですが、「ツーリングバイクに適したパイプって少ないな~」という印象もあります

本誌で紹介されていない台湾や中国系のフレームパイプは勉強不足で判りかねますが、カイセイ以外はそのままフルセットでツーリングバイク制作をするのには無理があるものばかり
ツーリングバイクには「カイセイ」が一番妥当だなっと改めて感じました

大槻が考えるツーリングバイク(キャンピングを除くランドナーやスポルティフ等)で超ノーマルなパイプサイズは以下の様に考えています(ラグ付フレームの場合)

ヘッドチューブ・・・Φ31.8mm 厚み1.0mm
トップチューブ・・・Φ25.4mm 厚み0.9or0.8mmバテッド
ダウンチューブ・・・Φ28.6mm 厚み0.9or0.8mmバテッド
シートチューブ・・・Φ28.6mm 厚み0.9or0.8mmバテッド
シートステー・・・Φ14-10.5mm 厚み0.8mm
チェーンステー・・・Φ22.2-12.5mm 厚み0.8mm
フォークブレード・・・Φ23mmOVAL 厚み1.0mm
コラム・・・Φ25.4mm 厚み1.6-2.2mmバテッド

車種や考え方で多少の差はあるかもしれませんが、極標準だと思います
そして、この極標準なパイプを全て生産しているのが「カイセイ」のみなんです!

前三角とチェーンステーは、どのメーカーでも問題ありません
しかしヘッドチューブ・シートステー・フォークブレードが、なかなか難しい
そして、この3点がロードバイクとツーリングバイクでパイプの種類が変わる部分でもあります
つまり、現在のスチールパイプはロードバイク用ばかりで、ツーリングバイクに適したパイプの生産が非常に少ないということ

ロードバイクの乗り味に近づけたスポルティフを制作するならロードバイク用のパイプを選択すれば良いのですが、トラディショナルなツーリングバイクを制作しようと思ったら同一のパイプメーカーでの制作は「カイセイ」以外は困難です

理由をパイプの種類別に簡単に解説します

ヘッドチューブ
スチールFフォークは今でも1”サイズが一般的ですが、1”と言ってもJISサイズとITAサイズの2種存在します
JISサイズは内径がΦ30mm・ITAサイズは内径がΦ30.2mmです
外径はラグ装着の場合外径はΦ31.8mmで決まってしまいますし、JISサイズで制作するには内径Φ30.0mmですから厚みは0.9mm必要です
しかし、制作時のパイプの変形や製品誤差も考えられますので「削りしろ」を含めて、1.0mmの厚みが必要となります

近年のスチールロードバイク系はITAが標準仕様なので、厚みは0.8mmとなり削りしろを含めて厚み0.9mmとなり、殆どのメーカーがヘッドチューブとして販売しているパイプがΦ31.8mm厚み0.9mmとなっています

ツーリングバイクでは伝統的にJISサイズのヘッドパーツを使用することが多い為、厚み0.9mmのヘッドチューブでは厚みが足りなく使用しにくいのです
(定番ヘッドパーツ 丹下・RB-661CはJISサイズしか生産されていません)

シートステー
ロードバイクに比べてクッション性を上げる為に細いパイプを使用することが多いシートステー
ロードバイクでも使用することはありますが、基本は最も太い部分でΦ14mmで、最も細い部分でΦ10.5mmがツーリングバイクでは標準的です
殆どのパイプメーカーでΦ14mmのパイプは生産されていますが、最も細い部分がもう少し太かったり(Φ12.5mmやΦ11.0mmなど)することもあります
ソケット形状では無く、プレート形状のリアエンドを使用することが多いツーリングバイクの場合には最も細い部分が多少太くても妥協することは出来ます

しかし、厚みに問題があります
厚みが0.6mm程度と薄いタイプが多く、ツーリングバイクに適しません

ロードバイクではシートステーにはサイドプルブレーキを装備する為のブレーキブリッジを付ける程度ですが、ツーリングバイクの場合にはブリッジ・カンチorセンタープル台座・アウター受け・キャリア用ダボ穴・ダイナモ台座等多数の小物を装備することが殆ど
ロードバイクに比べて非常に多くなりますし、ブレーキ台座はブレーキング時にシートステーを外側に押し出す力が加わりますからタワミ量も少なくしたいなどの理由で、どうしても厚みが必要なります

ですのでロードバイク用の薄いシートステーではダメなのです

フォークブレード
ロードバイクは太めのΦ24mmOVALをツーリングバイクでは細めのΦ23mmOVALを使用することが殆ど
「乗り心地」などの理由もありますが、最大の理由はフォークブレード内の隙間を広くする為
ツーリングバイクは泥除けや太いタイヤを装着する為にどうしてもフォークブレードの間を広く取っておく必要があります
24mmOVALパイプの横幅は18mm、23mmOVALパイプの横幅は16mmとブレード2本で4mmの差があります

あまりフォーククラウンの幅が広いと恰好悪いですし剛性感も落ちますから、クラウンの外幅は狭くしたい
でも内側は広く取りたい
そんな矛盾に対応する為に必要なサイズなんです

このフォークブレードが一番種類が少なく、カイセイ以外ではレイノルズしか現在生産されていません
ちなみに23mmOVALは昔は「レイノルズサイズ」なんて言われていた時期もありますので、レイノルズがオリジナルなんでしょうかネ?歴史は良く解りませんが・・・

文章だけで伝わり難いと思いますが、現在は「ロードバイク向けのパイプばっかりでツーリングバイク向けのパイプが少ない」という現状をご理解頂けたでしょうか?

勿論、ツーリングバイクが沢山売れれば各メーカーも生産してくるでしょうから、大槻も頑張って売らなくちゃですネ~

生産量以外にも強度の問題や各種安全規格などの問題も残されていますが、この辺はパイプメーカーさんに頑張ってもらうしかないですネ!

 
っということで、本の紹介では無く、スチールパイプの現状のお話しになってしまいましたが、何が言いたかったというと・・・

ツーリングバイクに適したvelocraftオリジナル・レイノルズ製フレームパイプが販売中!!という宣伝です(笑)

詳細や通販はpowerpitをご覧ください


※最近ブログの更新が少なくてスミマセンm(_ _)m
 現在、完全に人手不足に陥っています
 正社員・アルバイト絶賛募集中です!

リヴ フリーダ 入荷

降雨も手伝ってここ数日は夏の暑さがすっかりなりをひそめてしまいましたが、ということはサイクリングに気持ち良い季節がそろそろやってくるということでしょうか。

クロスバイクに乗ってみたくてお店で跨ってみたけれどちょっとサイズが、、、とお悩みの小柄な女性の方にぴったりの自転車が入荷してまいりました。
Livというメーカー名聞き慣れないと思いますが、ジャイアントが手掛ける女性のためのサイクリングブランドです。


16年モデル新色ワサビカラー



店頭在庫サイズXXSサイズは(適応身長140~155cm:参考値)26インチのホイールサイズなので自転車を跨ぎやすく足付きも良好です。
(このフリーダはXS(同155~170cm)とS(同160~175cm)サイズは700Cというサイズで27インチと28インチの間くらいの大きさなのでサイズ選びの際はご注意くださいませ)



タイヤのサイドカラーはグリップやサドルの色とマッチしてます。

タイヤが細いとフラフラして心配だとい方もご安心ください。同社のベストセラーバイク、エスケープR3よりも一回り太めのタイヤ幅(XXSサイズは26×1.25、他サイズは700×32C)を採用しておりますので真直ぐ走らせやすく乗り心地が良い上にパンクにも強くなっております。



≪Liv FREEDA≫
ワサビ、パールホワイト
【価格】 ¥52,200(税抜)

ポディウム アイス 4倍の保冷力!

残暑厳しい八月下旬、冷たい飲み物をまだまだ身体が欲している時期だと思います。
「あれ、さっき補給したのにもう温くなっている」や「コンビニで氷も一緒に入れたのに全部溶けてた」「保冷効果はバッチリだけれど飲みづらい。。。」、「固くて抜きさししづらい」、「匂いの付着」等々、ボトルの悩みは人それぞれ。
そんな悩みをほぼ解消してくれるボトルがこちらキャメルバック社ポディウムアイス
ちなみにタイトルの四倍の保冷力は通常のボトルの四倍という意味で、同社保冷ボトルのポディウムチルの四倍ではありません。念のため。


色は左からクリムゾン、シルバー、エレクトリックブルー




自動開閉のJetValveは飛び散りが少なく抜群の扱いやすさ。愛車の汚れも最小限です




右がおなじみポディウムチルの620mlサイズ。同じ容量ですがエアロゲルテクノロジーによりちょっと大型化してます


価格が3,600円(税抜)と自転車ボトルの相場からすると思わず踏みとどまってしまうかもしれませんが、「ぬるいドリンク」、もしくは「飲みづらい保冷ボトル」から解放されることを考えると、快適性を買える良い時代なのかもしれません。
ちなみにスタッフHは今朝も二時間半ほど走ってきましたが7:00に入れた冷たいドリンクが9:30でもほどほどの冷たさで美味しく飲めました(武蔵野地区の今朝の気温は少し低めでしたけれど)
前の晩から凍らせておくと冷たさはもっと保てるでしょう。


≪CAMELBAK PODIUM ICE≫
【価格】 ¥3,600(税抜)

TA チェーンリング再入荷

トラディショナルなツーリングバイクでは、フロントチェーンリングに求める歯数は人それぞれ

高速快走ツーリングならロードバイクと同じ位になりますし、パスハンティング等のオフロード走行ならMTB並の軽いギア比が必要

現在のコンポーネントはフロントチェーンリングの設定はかなり少なめ
リアギアの段数が増えて、ワイドギアになってきましたので実用上の問題はありませんが、それでも「もっと軽くしたい」「ココとココの中間が欲しい」と思うこともしばしば

そんな時は、昔ながらのスパイダーが付いていないシクロツーリスト(5VIS)チェーンリングが最適

リアギアが8Sまでにしか対応しておりませんが、多くのギア設定がありますし、フロントダブル・トリプルの変更も容易

今なら多数在庫揃っています(H27年8月23日現在)

アウター・・・50・48・46・44T
インナー&ミドル・・・38・36・34・32・30・28・26T

ギア比にお困りの方は是非ご利用くださいませ

また、対応クランクは現行品ではSUNXCDのFUNクランクとなりますが、TAシクロツーリストクランクの最終形も若干ですが在庫ございます

チェーンリングは現行品ですが、クランクの生産は終了しておりますので、在庫サイズなどご相談・ご質問ください

IZUMI 5段用チェーン再入荷

永らく欠品しておりましたIZUMI 5・6段用のCPチェーンが再入荷してきました

シマノ製の8段以下用のチェーンでも5段に対応出来ますが、プレート形状が変速性能を上げる為に平らでは無く、若干膨らんだデザインなので、クラシックな自転車にはちょっと似合わないこともあり、IZUMIチェーンに人気が集中しています

ビンテージ部品を使用していても、チェーンは消耗品ですからなるべく新品を使用することをお勧めします
※新品のビンテージ品も良いのですが、最近価格高騰している様ですネ

【価格】¥1,970-(税抜)

また、合わせてシングルスピード用のチェーンも在庫してみました

最近はシマノ製を始めとした内装ギアでツーリングバイクを制作される方も少しづつ増えてきました

素敵な自転車にシティサイクル用のチェーンではかわいそうですから、高級品のHKK・VERTEXにしてみました
安心安全のNJS規格品です

【価格】¥4,250-(税抜)

モチロン、シマノ製各種チェーン・CAMPY製各種チェーンも在庫しております

25周年

スポーツサイクルに乗っている方ならばまずお世話になっているであろうビンディングシステムはいくつもメーカーがありますがその中の一つ、シマノ社がSPD(シマノ・ペダリング・ダイナイクス)を世に送り出してから25年経ちました。
今回はその25年周年を記念した、コーポーレートカラーである青色ボディのペダルが二種類入荷してまいりました。





SPDの歴史を感じさせるボックス内側





PD-M995 幅広い踏み面のトレイル用





PD-M990 軽量なXCレース用

≪SHIMANO SPD25周年限定ペダル≫
【価格】PD-M995 ¥13,918(税抜) PD-M990¥13,413(税抜)
それぞれ1ペアずつの在庫となっておりますので完売の際はご容赦くださいませ。

フィジーク サドルライト 

すっきりと洗練されたデザインの商品が多いフィジークらしいスマートなリアライトが入荷いたしております。
I.C.S.(Integrated Clip System)と名付けられておりますこの取り付け方法は、フィジークサドルを持ってらっしゃる方なら一度はサドル後方のクリップを取り外したことがあるはずの、あのおなじみの場所にセット出来るものです。(一部対応していないサドルもございます)



シルバーとブラックの二色



アリアンテに取り付けてみました。スッキリ




裏返してみました。CR2032電池1ケで動きます


≪fizi:k I.C.S. BLIN:K LIGHT≫
【価格】¥1,610(税抜)