2017年01月
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
年末年始営業のご案内

いつもCWS高田馬場をご利用頂き有難うございます

年末年始の営業につきましてご案内致します

12月29日(火) 11:00~20:00
12月30日(水)~1月3日(日) 冬季休業
1月4日(月) 11:00~20:00
1月5日(火) 11:00~20:00
1月6日(水) 定休日
1月7日(木) 11:00~20:00

本年は皆様にご愛顧頂き誠に有難うございました
2016年も変わらずお引き立ての程よろしくお願い致します

CWS高田馬場

クロスバイクにオススメのペダルとは?

今回は通勤通学などのデイリーユースとしてのクロスバイクのペダルについて考えてみます


まずは、4~8万円台で販売されているクロスバイクに最も多く標準装備されているタイプのペダルです
樹脂製ボディで、とにかくコストを安く抑えるのに効果的ですが、衝撃に弱いことが多く、1回の転倒で破損してしまうことも
仮採用のモニターペダルと位置づけで考えた方が良いでしょう

見た目も正直恰好良いと言い難いですし、交換部品としての購入は不向きだと思います


アフターマーケットで最も多く販売されているのが、上写真の様なアルミボディのペダルでしょう
樹脂ボディに比べて圧倒的に丈夫ですし、路面にヒットさせてしまっても、割れる事が少なく変形で済む場合が多いので、長く使用することが出来ます

グリップ感を得る為に、ペダル踏み面にギザギザや金属製のピンを付けており、靴のソールを痛めてしまいますので、スニーカー以外のシューズには不向き
通勤でスーツを着て走る場合は、革靴でしょうから靴の寿命を延ばす為にも避けておくのが無難だと思います

また、転倒時に脛を怪我しやすいという意見もあります


レースやツーリング等、長時間走行に最も向いているのが、ビンディングペダル
専用のペダルとシューズを組み合わせて、走行時はシューズをペダルに固定します

少しでも常用速度を上げたい、楽に走りたい、という方には最適なのですが、専用シューズは歩きやすいとは言えず、基本的には目的地に到着したらシューズを履きかえることが前提になりますので、イチイチ別の靴を持ち歩かなくては(又は目的地に保管)ならず、気軽さに欠けてしまいます

一部のMTBを除き、スポーツバイク業界ではビンディングペダル至上と考えているショップが多いとは思いますが、CWS高田馬場ではクロスバイクにビンディングペダルが良いとは考えていません

日常にスポーツバイクを取り入れるのに、専用品が多くなると出発前の「儀式」が増え過ぎると億劫になってしまいますからね

但しどんな使い方でも、片道1時間以上走る方には良いと思います
 
 
 
 

そこで、オススメしたいのが、上写真の「GIZA PDL-11600」
アルミ製ボディに、踏み面部のみにゴムを張り付けています
丈夫なアルミボディでありながらも、適度なグリップ感とシューズの保護を両立する為のゴム面は、デイリーユースに最も使いやすいと思います

ペダルリフレクターも標準で装備されており、後付タイプと比べてもリフレクター自体の故障が少なく、乗車中に常に動いているペダルリフレクターは他箇所のリフレクターと比べても視認性が高くなります

販売価格も非常に安価で、特別な機能や軽量性が有る訳では無いのですが「普通で使いやすい」がクロスバイクには最も有益ではないでしょうか

【価格】¥1,600-(税抜・左右ペア)

2015スペシャライズド アレースポーツ再値下げ!

スペシャライズド2015モデル・アレースポーツ大特価
多くのお客様にご購入頂き有難うございます
・・・そして、ご購入されたお客様ゴメンナサイm(_ _)m

今までの20%OFFから更に10%OFFの30%OFFでご提供します!

但し、在庫も少なってきており、殆どのサイズが完売してしまいました
入手可能サイズは49cmがラスト1台CWS高田馬場店頭に、52cmはスペシャライズドジャパンに少量有となり、その他サイズは終了致しました
※在庫はH27年12月20日現在

中級モデルのクロスバイクと同等のお値段でシマノSORAを装備したスペシャライズドのロードバイクが購入出来るチャンスです

サイズが合っていて、ご検討中の方はお早目に!

【価格】 アレースポーツ ¥95,000→¥66,500-(税抜)

ビアンキ カメレオン2初入荷

絶大なる人気と入荷量の少なさから、なかなか店頭展示が難しいメーカー「ビアンキ」

その中のクロスバイクの中核を成すカメレオンシリーズの1台が入荷致しました

カメレオン2ALU チェレステカラー 470mm

700x28Cタイヤにフロント3枚リア9枚の27段と極オーソドックスな仕様ですが、ビアンキらしいまとまりのある1台に仕上がっております

是非、店頭でご覧くださいませ

【価格】¥88,000-(税抜)

店頭に在庫が無いモデルも入手可能な自転車については、ご予約を承っております
入荷が不安定でお待ち頂くことも多くなるとは思いますが、2016年モデルの生産量を超えると入手出来なくなりますので、ご検討中の方はお早目に!

スペシャライズド シャモニー



スペシャライズド社ヘルメットのエントリーモデル「シャモニー」

スポーツバイクの世界では、当たり前になった自転車ヘルメット着用
自らの身を守る為にも必須アイテムとして活用して頂きたいのですが、CWS高田馬場ではデイリーユースや短距離通勤通学の目的の方が多く、まだまだ装着率は低いのが現状だと思います

勿論日本ではヘルメット着用は小学生以下を除き義務化されていませんので、最終的には個人の判断に委ねられています

「いちいち被るのが面倒」「髪型が崩れる」「恰好悪い」「恥ずかしい」とマイナスイメージが多いのは充分理解出来ます
安価なだけでは解決しないのも承知していますが、少しでも着用率が上がって欲しいと思い、金額的に負担の少ないヘルメットをご用意致しました

カラー3色・2サイズで、殆どの大人に対応可能ですので、是非ヘルメットを装着して安全に自転車を楽しんでください

【価格】¥6,667-(税抜)

ブリヂストン マークローザ新色入荷

日本メーカー最大手のブリヂストンサイクルから発売されている「マークローザ」
ブリヂストンサイクルでは「ユーティリティクロスバイク」というジャンルにカテゴライズされていますが、通称ママチャリと呼ばれるシティサイクルとスポーティなクロスバイクの中間的車種となり、CWS高田馬場では「スポーツシティ」と言っています

カテゴライズはユーザー様の使用目的と自転車がマッチしていれば特に意味の無いものですが、解りやすくしたいという思いから、あえてカテゴリー分けしています

海外メーカーを主としたクロスバイクとはどこが違うのでしょう

スピード・・・クロスバイク〇 スポーツシティ△
長距離走行・・・クロスバイク〇 スポーツシティ×
車重・・・クロスバイク〇 スポーツシティ×
故障頻度・・・クロスバイク× スポーツシティ〇
アフターパーツ入手性・・・クロスバイク△ スポーツシティ〇
防錆性・・・クロスバイク× スポーツシティ〇
前カゴ取付・・・クロスバイク△ スポーツシティ〇

異論はあると思いますが(笑)こんなイメージで、ほぼ合っていると思います

つまり、クロスバイクよりは走行性能に欠けるが、デリケートな部分が少なく耐久性が高いのが、スポーツシティ

スポーツシティにするかクロスバイクにするかは、「室内で自転車を保管できるか」「一回の走行距離と所要時間」「車載する鞄の有無と大きさ」「メンテナンスにどれだけの時間を掛けられるか」をお考え頂けると間違いの無い自転車選びが出来ると思います

但し、自転車は洋服と同じ様に機能だけでなく、ファッション性や好き嫌いも選ぶときの重要なファクターですから、必ずしも機能最優先で選ぶ必要が無いことも付け加えておきます


マークローザホリゾンタル 27インチ ミラーシルバー

【価格】¥45,800→¥43,500-(税抜)


マークローザスタッカード 26インチ シルキーワインレッド

【価格】¥44,800→¥42,500-(税抜)

両車種共に、ハブダイナモライト・フロントキャリア・泥除け・チェーンガード・7段ギアと同様のスペックですので、フレーム形状とタイヤサイズでお選びください

H27年12月13日現在上記2種展示しておりますので、是非ご覧くださいませ

ジャイアント スマートなスタンド

スポーツバイク業界では「自転車にはスタンドを付けるのが恰好悪い」という風潮があります
「走る事に特化し、余計なアクセサリーを付けるとデザインが崩れる」と考えている為で、多くのスポーツバイクショップでも、同様に接客されているのではないでしょうか?

実際レースに出場するなら張り出したスタンドは集団走行時に危険な場合もありますので、スタンドを装着するのはダメ!

しかし、現在スポーツバイクを所有されている方は「レースには出場せずに、デイリーユースやフィットネスユース」が殆どなのに、レース仕様で無理に我慢する必要もありません
しかし、厳ついスタンドもイヤ!

そこで、ジャイアント QRスポーツスタンド+アロイ700Cの出番です

後輪のクイックリリースに共締めし、「脚」を支える部分が非常に小さくデザイン的もスッキリしていますし、エンド部が金属なら、パイプに無理やり挟み込むことが無いのでカーボンフレームや超軽量アルミフレームにも対応出来ます
※エンド部の形状により難しい場合もあります

パッケージは思いっきり「GIANT」のロゴが入っていますが、本体はノーマークですのでジャイアント以外のメーカー車でも違和感なく使用出来るのも魅力的

なるべく、目立たないスタンドを付けたいという方、是非このスタンドをお試しください

【価格】¥2,000-(税抜)

2016スペシャライズド アレースポーツ

スペシャライズドのアルミフレームロードバイク アレーE5スポーツのホワイト・54cmが入荷致しました

CWS高田馬場では日常のフィットネスや通勤通学で使用するロードバイクはあえてカーボンでは無くアルミフレームをお勧めしています
締付けトルクや各部品の相性等シビアなセッティングを要求するカーボンフレームは走行性能が優れていることはたしかだと思うのですが、日常使いとしてはちょっとデリケート過ぎると考えている為

アレーE5スポーツはアルミフレームパーツ類もシマノ・SORAを採用していますので、耐久性・信頼性もバッチリ

特にクランクセットはこのクラスの場合にはサードパーティを採用している場合が多いのですが、コチラもSORAを採用していますので、チェーンリングの振れも少なく、チェーンノイズも大幅に少なくなっています

是非、実車をご覧ください

【価格】¥114,814→¥109,000-(税抜)