2017年02月
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
ROVAL超特価ホイール

デッドストックが発見されました(汗)

2011年モデルのスペシャライズド社ホイール・ROVAL PAVE SL25

発売当時はフリーロードバイク(ツーリングにも使用可能なシクロクロス車をスペシャライズドではフリーロードと呼んでいました)TC用に開発されたホイールで、使用タイヤサイズは700Cx28~35mm程度を想定しており、エンド幅は100x130mm

つまり、クロスバイクに最も適したサイズと言えます
ロードバイクでは高性能なホイールがアフターマーケット(パーツ販売)に溢れていますが、意外とクロスバイク用のホイールって少なく、UPグレードさせたくても丁度良いパーツが無いという方も多いと思います

そんな方に是非ご利用頂きたい高性能ホイール
残念ながら近年は製造されていませんので、1prのみの超特価販売です!

【価格】 ¥48,000→¥24,000-(税抜・F&Rset)


特徴的なフランジ形状が面白いですね
フリーカセットの形状から台湾・JOYTECH製ではないかと推測しています(未確認)


残念ながら長期の保管故の小傷が付いてしまっています

タイオガ サドルキーパー

ちょっと耳慣れないアイテム名ですがサドル盗難防止のアイデア商品。
細いコイルケーブルロックをサドルレールとシートステイで結びつけている方もいらっしゃいますがもじゃもじゃっとした中途半端なコイルが見た目的によろしくありません。

こちらサドルキーパーですとビシッと一本筋が通って見た目もスッキリ。


後ろから。サドルキーパーとシートポストの色を併せて

四か所の変更可能なダイヤルなのでサドルキーパー自身が破られる割合も減らせますし53gと重量も軽くバイクへの負担は少ないです。
駐輪時間が長いとサドル等小物への悪戯もやや心配ですのでお守り代わりにお一つ如何でしょうか。


色は三色、左からガンメタリック、ホワイト、ブラック

≪TIOGA Saddle Keeper ≫

【価格】 ¥1,300(税抜)

携帯ポンプの選び方

通勤通学・サイクリング・ツーリング等、自転車に乗る時に一番多いトラブルと言えば「パンク」
適正なタイヤと空気圧を維持していれば、頻繁に起こることは無いのですが、路面に落ちているガラス片やホチキスの芯は避ける事が出来ませんし、ちょっとした油断で側溝にハマってしまうこともあるかもしれません
数年間パンクしないこともありますし、1日2回パンクすることもあります

どうしても避けられないトラブルですが、スペアチューブと携帯ポンプがあれば、クイックリリースタイプのスポーツ車なら、数分のロスで復帰出来るはず

いつでも起こり得るからこそ、日頃の準備が大事
チューブ交換のテクニックと道具のふたつ

CWS高田馬場では、トピークとスペシャライズドを中心に携帯ポンプを各種取り揃えていますので、使い方にあったポンプをチョイスしてください

タイプは大きく3つに分かれます


トピーク ロードモーフ 【価格】¥3,800-(税抜)

1・携帯可能なフロアポンプは比較的大型の為、携帯性は劣るがホースが付いているのでバルブに負担を掛けにくく、体重をかけてポンピング出来る為入れやすい

家に置いておくフロアポンプと携帯用ミニポンプを合わせた製品で、ひとつのポンプで全て対応させたい場合に選びましょう

 
 


 
 
トピーク ハイブリットロケットMT 【価格】¥6,000-(税抜)

2・手でポンピングするハンドポンプとカートリッジを使用して自動でエアを入れられるCO2インフレ―ター機能を併せ持ったタイプ

マウンテンバイクなど、エアボリュームが大きいチューブを膨らませるのは、ハンドポンプですと数百回のポンピングが必要で、多くの時間と体力を要します
CO2インフレ―ターなら、カートリッジ内の高圧ガスが一気にエアを充填してくれます
カートリッジは使い捨てですのでコストは掛かりますが、非常に楽に使用出来ます

もちろん、時間と体力に余裕がある時はポンピングで充填させることも可能です


 

トピーク ポケットロケット 【価格】¥2,100-(税抜)

3・最もポピュラーなタイプの携帯ポンプで、小さく安価に販売されています
もしもの時のお守り代わりとしては充分な性能を発揮します
上記の2種に比べれば作業は大変ですが、年に数回使うかどうかという程度ですから、その時になったら覚悟を決めて使用しましょう(笑)

基本上3種を基本に、高圧に対応したタイプ・一度に多くのエアが入るタイプ・ポンプの長さが伸びるタイプ・空気圧計が装備されたタイプなど、細かく種類が分かれていきます

ご自身の使用目的と所有ポンプの数、使用頻度、コスト等を考慮して最適な携帯ポンプをご準備ください

※店頭在庫はメーカー在庫などの都合で日々変化しておりますので、店頭商品在庫については直接ご来店頂くか、お問合せください


噂のチョコレートようかん

一部でウワサ(?)になっております井村屋「チョコレートようかん」をお試しで仕入れてみました。
こちらは同社スポーツようかんと違って塩分等は入っておりませんが輪をかけて美味しくなっていること間違いなしと見ております!(スミマセン、スタッフHはまだ食べておりません。。。)


開封方法は同社スポーツようかんプラスと違ってオーソドックスなひねって切り込みタイプ


凍らせても美味しいとのことでチョコ系にしては夏のライドにも連れて行けそうですね。


≪井村屋 チョコレートようかん 煉(ねり) ≫
チョコレートようかん味
【価格】 ¥120(税抜)



追記:スタッフ一同試食してみましたが、一言でいうと「ウマイ!」
原材料に生あんが二番目に記載されているのでようかんのあずきとチョコのミックス味かと思いきやチョコレートと言って渡されたらチョコレートと思って食べてしまいそう。ようかんの歯応えのチョコレート。手のべたつき等少なく補給食としてかなりヨサゲです。

見た目もチョコレート

ビアンキ カメレオンテ1 入荷

人気メーカービアンキのクロスバイク・カメレオンテ1 ホワイト 510mmが入荷致しました
若干大きめサイズですので、175cm前後の方に特におすすめ出来るサイズ

【価格】¥75,000-(税抜)

クロスバイクの中でもカメレオンテシリーズは他モデルよりもスピード感重視のセッティングですので「ロードバイクの様なストイックさは欲しく無いけど速く走りたい」「小回りの利くフラットハンドルが良いけど、ドロップハンドルの自転車に負けたくない」という方に最適なモデルで、CWS高田馬場ではクロスバイクの中でも「フラットロード」というジャンル分けをしています

フラットハンドルだけど、ロードバイクに近い乗り味という意味と捉えて頂ければ間違い無いと思います

ビアンキと言えば、毎年入手が非常に困難でご注文頂いても既に完売だったり、入手まで時間が掛かることが多かったのですが、今年は比較的入手しやすい印象です
(それでもジャイアントやスペシャライズドと同様とは言えませんが)
ひょっとするとビアンキ購入には良い年なのかもしれません

展示品以外でもご希望のビアンキがありましたら、是非ご相談くださいませ


シフトワイヤーにもチェレステカラーがチラリ
こんな小さい箇所に拘るのもビアンキ人気のひとつなのでしょうね!

コーダブルーム レイル700A

2015年にCWS高田馬場で販売数が多かったクロスバイクは
1位 ジャイアント エスケープR3
2位 スペシャライズド シラス
この2車種は超ド定番ですね
毎年不動の1位と2位です

そして、第3位がコーダブルーム レイル 700A

取り扱っている自転車店も決して多く無く、有名メーカーという訳でも無いと思いますので、知らない方も多くいらっしゃると思います

日本メーカーのホダカが販売するスポーツバイクブランドで、コストパフォーマンスに優れたブランドでありながらも、日本のロードレース最高峰のJツアーに登録しているチームにもマシンを提供しています

残念ながら2016年モデルのクロスバイクは店頭展示せずに、お取り寄せでの対応のみとなってしまいますが、2015モデルのレイル700Aがメーカー在庫放出品が入手出来ました

勿論、前年モデルですからお買い得価格になっています

スタンダードなクロスバイクのスペックに最初からスタンドとライト等が装備されていますので、自転車本体以外のコストは大きく削減出来ますので、最初のクロスバイクとしてやセカンドバイクとして大変重宝すること間違いなし!

是非、ご検討くださいませ
※在庫に関しては、日々変動しておりますので、カラー・サイズなどについては店頭にてご相談くださいませ 店頭に無い商品もメーカー在庫が有る限りお取り寄せでも対応しています

【価格】¥48,000→¥38,400-(税抜)