2017年10月
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
アラヤ ツーリスト vol.3

引き続きアラヤ ツーリストをご紹介していきます
最終回は自転車のスペックを少々・・・


ハンドルバーはランドナーバーでは無く、マースバータイプが装備されています
最近は「ランドナー=ランドナーバー」とお考えの方が多いですが、昔は快走系ランドナーはマーズバーで、重装備系ランドナーはランドナーバーでしたよね

アラヤ・ツーリストはタイヤサイズ650x35Aで実寸33mm程度で快走系ですから、マースバーという選択は良いと思いますし、変にランドナーバーを使用してしまうと、ブラケット部が狭すぎて大き目フロントバッグとの相性が悪いことがありますので、ブラケット位置が広いマースバーの方が気にせず、バッグを選ぶことが出来ます


アラヤはサイドクランプ式のフロントアウター受けを採用しています
ヘッドパーツと干渉しない様に、10mmスペーサーを入れてある為、通常よりも約17mmのハイコラム仕様となっています

ハンドルを高くしたい方には良いですが、チョット恰好は良くありませんし、ヘッド抜き輪行の際には手間がひとつ増えますので、ダイアコンペの1255等はめ込み式の薄いアウター受けに交換した方が良いと思います



ギア周辺はフロントが48-38-28Tのトリプル仕様
スギノ製のXD型ですが、王冠マークにするあたりが、昔の製品を思い起こさせますね
リアはローギアが32Tありますので、ギア比も1:1以下となり、どんな坂道でも登れそうですが、さすがに黒いスプロケットはいただけません
コストの問題だと思いますが、ココはシルバーのスプロケットへの交換がオススメ
それだけで、グッと恰好良さが増すと思いますし、32Tは大き過ぎてっと言う方は28Tでも良いと思います


全景です
現在(H28年4月2日)の在庫はグリーン490mmとネイビー570mmが御座いますので、是非店頭でご確認くださいませ

現行マスプロランドナーで最もオススメしやすい1台に仕上がっています
大槻も、かなり気に入っています!

なにせ・・・自分用に購入しちゃいましたから(笑)

ストックのままで乗ることはありませんから、これから色々カスタムしていきますので、実走はもう少し先ですが、約30年ぶりにマスプロランドナーを買っちゃいました!

« アラヤ ツーリスト vol.2 | メイン | velocraft流組立て基本編 vol.1 »