2017年02月
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
こんな旅自転車を制作しました  

お客様のご注文品でロイヤルノートンのオーダーメイド車を制作致しました

オーナー様はサーリー・ストラグラーやTernのフォールディング等数々の自転車を所有するベテラン
自転車の基本コンセプトは公園や林道等のある程度踏み固められたラフロードでの操作性を持ち、20~40ℓ程度の荷物を運べて、現在所有しているサーリー・ストラグラーに不満点の解消した自転車

サンスペンションシートポスト・B&M・ハブダイナモライト・亀甲泥除け等のマストアイテムと40万円台という価格設定、フレームカラー以外はお任せでご依頼頂きました

舗装路をメインにした近年のツーリングバイクでは、フロント側に荷物を付けてハンドリングのマイナス面よりも踏みやすい設計にすることが殆どなのですが、ラフロードをメインとした今回は、後輪側の振られ感よりもハンドリングを重視してリアキャリアのみとしました

その為ノーマルサイズのフレームパイプでは剛性感が足りなくて、荒れたペダリングや高速の下り坂などで、フレームが捻じれてしまい危険ですので、トップチューブ・ダウンチューブ・シートステー・フォークブレードをオーバーサイズ化して高剛性化しています
「クロモリフレームはしなやかで乗り心地が・・・」なんて常套句がありますが、今回のフレームには当てはまりません
ガッチリ高剛性を狙っています
サーリー・ストラグラーと全く同じパイプ径で既にストラグラーを所有しているオーナー様も違和感少なく乗り換えることが出来ると思います

またオーバーサイズ化の恩恵としてディスクブレーキの制動力もしっかりと受け止めてくれるはずですし、更にリアエンド部には補強を加えています


ギアはラフロードでの走行を考慮し、フロントは44-28Tダブルにアウター側のみチェーンガードを入れてチェーン落ちと小石の巻き上げによるチェーンサックを防いでくれます

リアギアは11-32Tにしていますので、最少ローギア比は0.875と一昔前のMTB並に
ホイールも650Bにしていますので、ホイール周辺は現在主流の27.5インチMTBに近く、リムもMTBリムブレーキ用のALEXを採用しています


ハンドル周辺は前回ご紹介したマイクロシフトの新型デュアルコントロールレバーにサブレバーを装備しています
ラフロードでの安定したブレーキングと視野を広げた使用としています
オーナー様の体形では380mm程度のハンドル幅が基本なのですが、今回は若干広げた400mmで制作しています

ライトはB&Mの上級モデル・ルクソスとして、高光度とUSB充電のどちらにもお使い頂けますし、スイッチングが手元で出来る為、不安定な路面でのON/OFFも可能です(そんなにライトスイッチは触らないので必須装備とは思っておりませんが)


ブレーキはシマノのワイヤーディスクをフルアウターでルーティーンしています
フルアウターにしたのは、今後オイル式ディスクブレーキへの換装も考慮した上でですが、実際には換装の予定も無いので、水や汚れの浸入を防ぐ意味が大きいつもりです

ディスクブレーキにした為、泥除けのステーと干渉してしまう為、U字ステーは曲げてセッティングしています
苦肉の策で恰好良いとは言えませんが、曲げたステーが地面に対して平行になる角度にしています
※深い意味はありません(笑)

ディスクブレーキはワイヤー式・オイル式どちらもツーリングバイクに採用されることが少ないですが、性能面でのデメリットは殆どありません
もっと積極的に採用されても良いパーツだと思います
コーナーリングなどでブレーキングポイントを遅らせることが出来て、無駄な減速時間が減ります
「強力なブレーキ=速い自転車」ですからネ
特にブルベやオフロードなど比較的ストイックにツーリング楽しむ方には是非採用して頂きたいパーツ

如何ですか?
最新のパーツ構成でアッセンブルしていますが、velocraftっぽいシルエットになっていると思います

オーナー様
是非、リアキャリアに着替えや食料を積んでラフロードツーリングをお楽しみくださいませ・・・

【参考価格】約46万円

« マイクロシフト セントスレバー入荷 | メイン | DAHON PRESTO SL初入荷 »