2017年02月
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
日泉 スプリングアウター 入荷

お待たせ致しました
以前のブログでご紹介致しました日泉ケーブルさんのスプリングシフトアウターワイヤーが入荷致しました

長さ310mmのスプリングアウターにインナーライナー入りでアウターキャップと段付きアウターキャップが1個づつセットされた状態での販売となります

写真を見て頂ければ、お判り頂けると思いますが、丸線タイプのアウターは通常の平型アウターとは違いレトロでトラディショナルな雰囲気を演出してくれますので、旧車の改造・修理~新車の制作まで幅広くご使用頂けると思います

現行パーツの11Sなど調整がシビアなパーツでの変速性能は試していませんが、シマノ10Sは問題無く使用することが出来ました
※機会があれば11Sも至急試してみたいと思います

通常のシフトアウターに比べてしなやかな曲線を描けるので、アウターワイヤーを短く使用することも出来ますから、最新の内蔵式シフトワイヤーのロードレーサーなどにも重宝するかもしれませんが、変速性能が若干落ちる事を念頭に作業してください

現行部品との相性や性能誤差など、これから色々とデータを取ってみたいと思います

【価格】¥1,050-(税抜)

※STIレバーなどでもっと長いアウターワイヤーが必要な場合には別途ご相談くださいませ
 現状お取り寄せにて対応致します
※クリアコーティングのブレーキアウターも再入荷しております
 今回よりステンレス製となり【価格】¥820-(税抜・2m)とさせて頂きます
 

------------------------ハナシ カワリマス------------------------

最近「バイクパッキング」という言葉が結構聞かれる様になりました
ロードレーサーやMTBなどのツーリング用で無い自転車のデッドスペースを利用してなるべく多くのバッグを装備して、キャンプを含めた重装備のツーリングをしてみようという発想です

MTBブームの晩期に流行した「スリックタイヤを履かせて舗装路用にカスタム」「ダウンヒル用自転車で街乗り」と同じく、本来の目的とは違う使用方法であっても工夫次第で1台の自転車をもっと楽しむことが出来ます

今月発売6月号のサイクルスポーツでも特集が組まれていますネ
そして、出たがりの大槻もチョットだけ出ています
是非、ご覧ください

しかし、多くのツーリングバイクやバッグ類を販売しておりますvelocraftですが、現在の潮流としてバッグに「防水性」を求める声が多く、現在販売されているバイクパッキング用のバッグでは一部を除き豪雨に耐えうる防水性を保持しているバッグが無い為、あまり積極的に展示販売しておりません
(防水バッグでなくても、防水のスタッフバッグに荷物を入れてから収納すれば良いだけなのですが)

防水と言えば「ORTLIEB」

遂にオルトリーブからバイクパッキング用バッグが発売されます!
オルトリーブなら防水性や耐久性も安心出来ますので、velocraftでは全品発注済みです!
入荷はもう少し先の9月予定ですが、夢が膨らみます

ご希望の方はご予約も承りますので、詳しくはオルトリーブのWEBサイト(英語・独語)にてご確認ください

« TA 5VIS(シクロツーリスト)チェーンリング | メイン | こんな旅自転車を制作しました  »