2017年08月
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
都民の森

土曜日にお休みを取ってお客さまと山岳サイクリングへ向かいました。

本格的なヒルクライムは初めてという方含め初都民の森は二名、スタッフH含め合計六人でお出かけとなりました。



出発前のみなさま


今回も玉川上水沿いをのんびりと拝島まで向かい睦橋通り~五日市駅を通り過ぎ戸倉のコンビニエンスストアで補給を兼ねて休憩を。ここから西へ向かうサイクリストの拠点のような場所で、多くのサイクリストがひと休みするいわゆるオアシス的な存在でしょうか。


天気も良く暑すぎないくらいの気持ち良い陽気で再スタート。途中までは登り基調ながらアップダウンのコースをしばし走ります。
登坂に限らずサイクリングのコツは何と言ってもマイペース走行。特に、知らない道を走ることになる初めてのコースは、コースを知っている人に合わせて頑張りすぎると後々脚に来ることがしばしば。
トレーニングライドやタイムアップを狙うのであれば話は別ですが、ゴール手前まで余力と余裕を残しておくと帰りも楽しく走れますよ。
もちろん道具を揃えることも大事な要素です。キビシイ坂道でギアが足りなくて、、、ということもしばしばありますのでギア比の変更等いつでもご相談くださいませ。

勾配がキツくなりはじめる数馬で脚攣りトラブルが発生しましたが 今回は無理する必要がないので一度自転車を降りて座れるところまでバイクを押し歩きの方をサポート。グループは長い登坂でバラケているので先頭の方に連絡を取りこちらはドリンク補給しながら他の方が降りてくるのを待ちます。

ちなみによく脚を攣る方にはコチラがオススメでございます。


梅丹本舗の2RUN
カルシウム、マグネシウム、ナトリウム、カリウムをバランスよく配合している脚攣り防止サプリメントの代表格。




都民の森では記念撮影出来なかったので数馬にて愛車と共にパチリ

五日市駅前までトラブルなく安全に下りましたが、お昼過ぎにも関わらずすれ違うサイクリストの多いこと。夕方前には下るのでしょうが、この時期その時間ですと下りは少し肌寒いかもしれません。後ろポケットにコンパクトに収納できるウインドブレイカーやベストは必携です。




SUGOI社のRS Jacketは生地がしっかりしており防風性能もお墨付き。超軽量ではないものの十分コンパクトに収まります。


ちなみにランチは駅前のお蕎麦屋さんにて。いわゆるコンビニ飯も最近は美味しいモノが増えていますしトレーニングライドの時はよく利用するのですが、折角のサイクリング地元の名産をということでとろろそばを頂きました。


復路も玉川上水沿いの同じ道を使ってのんびりと、しかし暗くなる前に無事帰って来れました。
みなさまお疲れ様でした!

velocraft流 ケルビム・スポルティフ作り(後編)

前回、ブラケットフードをちぎってしまい作業が中断してしまいましたが、大至急で代替え品を用意しました

今回こそは壊さない様に丁寧・慎重・確実にブラケットカバーを装着していきます


ハンドル・ステム・エルゴパワーを装着したら、ワイヤー類を通していきます

今回アウターワイヤーは日泉のクリアタイプを使用しています
最近新発売されたシフト用も同じタイプですが、ブレーキアウターと同じ形状でΦ4mmとシマノやカンパニョーロのシフトアウターと同径になっています

シフト調整が確実に出来る様に固めに作られている純正品に比べて、しなやかなアウターですので、テンションが掛かった時の縮みが気になりましたが、シフト時のレスポンスは1テンポ遅くなるものの、ほぼ問題無く11S変速してくれました

ブレーキも今回のフレームのリア内蔵は、フルアウター形式(トップチューブに穴が開いているだけで、加工が簡単で軽量)ですので、ブレーキのタッチはグニュッとして悪いのですが、実用上の問題はありません

この辺は、加工のしやすさ・見た目・性能で判断していきます
「こういう使い方なら、性能重視」「このオーナーなら多少性能を犠牲にしても、このワイヤーを使おう」「このフレームビルダーなら、こういう加工をして貰おう」など、検討する必要があります


フレームはシンプルにシフトアウターは割入りのアウター受けを装着していますので、アジャスト機能がありません

リアディレーラーにはアジャスト機能が付いていますが、フロントは別にアジャスターを取り付ける必要があります

その為、フロント側のみインラインアジャスターを取り付けています
様々なメーカーから発売されていますが、今回はカンパニョーロにしています


シフトブレーキを調整したら、余分なインナーワイヤーはカットします
勿論そのままでは解れてしまいますから、端部を処理しなくてはいけません
通常はインナーキャップをカシメて処理しますが、今回はハンダ止めにしています

リアディレーラー側やブレーキはライダーの体に接触する可能性が低いので、スッキリ見せる為にワイヤーが太くならない様に、何も付いていないかの様に見せます

フロントディレーラー側は脚に近い部分でもありますので、先端が尖っていると怪我をする可能性がありますので、端部にハンダを盛り水滴型にしておきます


バーテープは今は亡きフジトシの革テープをお持込されたので、普通に巻いておきます

その他サドルやシートピラーもお持込品を取り付けて・・・


完成!!!!

如何でしょうか?

フレームや組立て方法はトラディショナルにし、コンポーネント系でモダンに仕上がっています

フレームカラーや他パーツに比べて、バーテープの色が明るすぎますが、フジトシのバーテープは無塗装ですので、使用していくほどに色が濃くなり、最終的にはサドルのブラウンと同程度になるはずです

組立はこれで終了ですが、自転車の完成はオーナー様が時間を掛けてジックリと時を刻みながら仕上げていきます

どうぞ、良い旅を・・・

【参考価格】
フレーム&フォーク 約30万円(旧価格・現在は値上げされております)
Fキャリア 約2万円

velocraft流 ケルビム・スポルティフ作り(中編)

前回に引き続き、ケルビム製スポルティフフレームの制作過程をご紹介します


前回で、ホイール・ブレーキ・キャリアの装着が終わりましたので、次は泥除けを取付けます

いつもの様に前泥除けの前端部&後端部、後泥除けの後端部を写真の様にヤスリがけをして、見た目を整えます

この作業を行うことで、見た目はスッキリして恰好良いと思うのですが、折り返しが無くなる為先端が多少鋭利になりますし、強度も落ちますので必ずしもメリットばかりではありませんので、オーナー様の指示や自転車の使用方法などで、処理したりしなかったりマチマチです


泥除けには取り付け用の穴は開いていませんから、必要な箇所に印を付けておきます

泥除け取付け作業で最も注意すべき作業で、泥除けの取付け方にもよりますが、1台に付き8~20か所位の数を開けます
1か所でも位置がズレてしまうと、泥除けがパーですから慎重に作業していきます


velocraftでは穴あけにはボール盤を使用しています

本来は泥除け専用穴あけ工具が存在していたのですが、現在は生産もされておらず大変貴重な存在になってしまいました
velocraftでも工具自体はあるのですが、程度の良い「歯」が無い為使用出来ません

勿論ボール盤等の電動工具が無くても、本所工研の泥除けは0.6mm厚アルミ製ですから、キリの様な物とリーマーがあれば作業出来ます


穴を適正な位置に開けてフレームに取り付けたら、泥除けステーを固定します
H35-700Nというスポルティフ系に似合う細身泥除けを装着するので、基本Φ4mmのステーを使用します

今回は、オーナー様が輪行を多用する可能性が高いのでΦ5mmのステーを使用していきます

ステーは本所工研製でグランボアオリジナル商品のポリッシュタイプを使い、泥除けとステーを取り付けるボルトは東叡社のステンレスダルマを使用します

1台の自転車に3社のフレームビルダーを使用するという贅沢が味わえますね


フレームとステーを取り付けるのは本所工研のステンレス環付きダルマを使用しています

但し写真の様に、環付きダルマのネジは使用せずにステンレス製のイモネジに交換しています

輪行の際に後泥除けを外す輪行方法を想定しているので、前泥除けはそのままになります
その為、環付きである必要がありませんので、見た目がスッキリするイモネジを採用しました


後泥除けは分割式に加工します

本所工研から販売されている分割金具を使用するので、適正な位置で泥除けを半分にカットします

基本フリーハンドで切っていますが、カナノコの歯が当たって泥除けを傷つけてしまわない様に、バーテープの切れ端を取って置き補助テープとして活用しています


後泥除けの前方部をフレームに装着します
勿論、分割金具も一緒に取り付けておきます

後方部を分割金具に当てて、固定ボルトを位置を確認しておきます

位置が完璧に揃ったら、ボール盤で穴を開けていきます


取付けは先程前泥除けで使用しなかった環付きネジにしておきます

これで、ステー部分2か所と分割部が全て同じ環付きネジになりますので、見た目も良いですし、手で付け外し出来ますし、しっかりと固定したい場合にはコイン等を使用して増し締めすることも出来ます

泥除けの装着が終わったら、一旦フレームから泥除けを外して磨き上げます

再度装着したら、全体のバランスやタイヤとのクリアランス等をチェックします

OKならその他のパーツの取付けに入りますが、ココまでで組立全体の7割以上が終了ですので、ホッとする瞬間でもあります


パーツ類は基本オーナー様がお持込になっています
コンポーネントは1世代前のコーラスをベースにしていますが、上写真の様にコーラスのカーボンクランクにアテナのインナーリング、CT'Sさんのオーダーメイドアウターリングを使用しているなど、コダワリを強く感じます
velocraftではCT'Sさんのお取扱いはございません

クランクのほか、ディレーラーやハンドルバー等を準備・組み付けしていきます

エルゴパワーもお持ち込みですが、ブラケットカバーがヘタっているので、カバーのみ新品に交換しますが・・・
 

ココで痛恨のミス!!!
 
 


ブラケットカバー装着時に、無理に引っ張り過ぎた為か、ブチっと切れてしまいました(大汗)

どうしよう???っと考えましたが、どうしようもありません!!

大至急カンパニョーロから部品を取り寄せて、交換しなくてはなりません!!!

「今日中に組立て終わるかな?」「泥除けが終われば、終わったも同然!」と気の緩みがあったのでしょう
今後気を付けます

っということで、本日の作業はこれ以上出来なくなってしまいました・・・続きます・・・

velocraft流 ケルビム・スポルティフ作り(前編)

お客様からご依頼頂いておりましたケルビム製スポルティフフレームが本日入荷しましたので、本ブログで組み立て過程をご紹介したいと思います

今まで、TOEIを始め数々のツーリングバイクやロードバイクを所有してきたベテランのオーナー様ですので、コンセプトがハッキリしています

ケルビムらしい現代的な機能とフランスツーリングバイクの伝統を融合させたスポルティフ

今までvelocraftでは現代の機能を持ったうえで、どこまで伝統の様式美に迫れるか?という制作ばかりしてきたので、かなり難易度高めです

すでに、2年前にフレームの設計や取り付けパーツは決まっていますので、後は組み立てるだけなのですが、どんなシルエットのスポルティフになるのか、チョッピリ心配です(汗)


ホイールは既に仕上がっています
カンパのレコードハブのブラックカラーにアンブロッシオ時代のハードアルマイトリムを組み合わせて、タイヤはコンチネンタルのオールブラックカラーを採用しています

銀輪ばかりを見慣れているので精悍な印象を強く受けますね


まずはお約束のフレーム下処理からスタート

ヘッドは内側を見ると、塗装後のリーミングをした形跡があるので、殆ど制度は出ていましたが、フェイシングがなされていなかったので、念の為削っておきました
写真はありませんが下玉押しのクラウンも同様で塗装を剥ぐ程度ではありましたが、処理をしてあります


BBもタッピングはされていましたので、フェイシングのみ作業をしています

フレーム制作時にはどんなBBを使用するのか解りませんので、フェイシングをしてからフレームが納品されることはありません

BBに合わせてアッセンブル時に作業するのが一般的です
ユーザーがフレームから組み立てる際に、この辺が敷居が高い部分ですね
工具だけでも数十万円の費用が掛かりますし、作業をするしないで仕上がりに大きな差が出るポイントだと思います


フェイシングが終了した後の写真ですが、大槻は1周全てを完璧に削るのでは無く、若干塗装が残っている状態で終える様にしています

僅かな塗装残りでしたら、BB装着時のワン変形はほぼありませんし、なるべくBBシェルを削り取りたく無い為です

ココも作業者の考え方が大きく出てくるところですね
「ちゃんと削ってないじゃん」と言われそうですが、ワザとなんです・・・


もっと後からの作業でも良いのですが、今回はBBを先に取り付けました(特に理由はありません)
BB周辺はカンパを取り付けるので、作業自体は説明書通りに行えばOK

特別なテクニックもコツもありません
説明書の指示に従うのが最も部品の性能が発揮されると信じています
勿論指定トルクも重要ですから、トルクレンチは必須アイテムです


フレームの下処理が終わったら次はブレーキアーチの取付けです
写真の様にアーチはGC450の新型を直付けで装着します

リアブレーキは単純に取付けをするだけですが、リターンスプリングは左右均等になり、ブレーキの引きが軽くなる様に調整しています

長年センタープルブレーキの作業をしているおかげで、最近はバネの調整は手の感覚でほぼ解る様になってきました

「このブレーキアーチにこのブレーキレバーでこのワイヤーだと、バネのテンションはコンナ感じ」
っというイメージです

文章に出来ない感覚ですので伝えられないのですが、100台位センタープルブレーキの自転車を組み立てれば、誰でも解るレベルだと思います(笑)


次はフロントブレーキです
写真はブレーキ台座のアップですが、GC450用の短いタイプでは無く、GC610用の長いタイプを使用しています
理由は勿論フロントキャリアを取り付ける為ですので、もしキャリアを取付けないなら短い台座にします

台座自体はダイアコンペから販売されている物を使用していますが、何故か左右逆に付いています
リターンスプリングを取り付ければ、全く見えないですし、機能上の問題もありませんので、このまま進めます

スプリングの受けの為の穴は元々ははめ込み式にする様になっていますが、高額なケルビムですから、そんな雑な仕上げではオーナー様に申し訳ないですし似合わないので、スプリングを直付けする様に指示していました


ブレーキを取付けるとブレーキ台座が飛び出ています
勿論、そのままではいけませんので、予め制作しておいたスペーサーを装着します


予定通り、ピッタリとブレーキ本体と台座の面位置が揃いました
これで、キャリアを装着することが出来そうです・・・が!!!!

ちょっとしたトラブルが発覚しました

左側の台座が適正と比べて僅かに短く、左ブレーキが動きません

「え~!!」と思われるかもしれませんが、ハンドメイドフレームでは良くあることなので、慌てずに修正していきます


ココで万能工具(笑)ヤスリの登場です
台座の根本を削って、ブレーキの入る部分を長く調整します

ほんの僅かな調整なので、塗装を落とす程度で充分でした


見事にピッタリとブレーキが装着出来ました

リアと同様にリターンスプリングを調整して、適度なブレーキタッチになる様にバネの反発力を弱めます

リアに比べて、ワイヤーの短いフロントはバネの強さをリアと同じにしてしまうと、前後のバランスが崩れますので、若干リアに比べてバネを強く設定するのが、コツですネ


後は、キャリアを取付ければOKです

ケルビムはキャリアを制作することが出来ませんので、ケルビムだけでは恰好良いツーリングバイクを作ることは出来ません

今回のキャリアはvelocraftの協力工房で別途制作してもらいました
(工房名は伏せさせてください)

ライト用のダボも無く、天板は枠のみで、真ん中のステーも無い非常にシンプルな形状にしています
これはオーナー様の意向で、指示をしていますので、付け忘れた訳ではありません

取付けボルトはアーレンキ―止めでは恰好悪いので、東叡社の天丸ボルトを使用しています

しかも今回のキャリアは、オーナー様が工房制作時の仕上げが気に入らずに、ご自身で更に磨き上げた特別仕様となっています

フレーム制作にオーナー自らが参加することで、より愛着を持てる1台になるのではないでしょうか?

とりあえず、本日の作業は終了 作業自体は2日間あれば仕上がると思いますが、他の作業もあるので、組立時間は1週間程度になると思います

続きます・・・

成木ヒルクライム

先日5/29日に青梅の近く成木で行われてたヒルクライムレースにお客様と共に出場してまいりました。
吉祥寺から会場まで40kmほどなので自走でウォーミングアップしながら向かいます。
ルートは柳沢峠へ行った時と同じように玉川上水沿いをのんびりと拝島まで向かいそこから奥多摩街道へ。
ほぼ二年ぶりのレースということでいわゆる「決戦用」チューブラーホイールを履いていきましたが道中パンクのトラブルがあると面倒なのでスペアタイヤを持参して念には念のためパンク修理剤を持参して行きます。



スペアタイヤはARUNDEL TUBIでスマートに収納してます



今回の使用ドリンクはコチラ


永遠の定番商品、中身に困ったらコレを使え的なグリコパワープロダクションCCDドリンク

500mlの水に溶かして低浸透圧に調整したエネルギードリンクはボトル一本で170kcal補給できますし、身体を動かすのに必要なナトリウムやカリウム、ビタミン類も含まれています。


********

ということで準備編はここまででここからレース編です。

レース直前ですがリラックスしている人たち。疲れているわけではありません(笑)


受付でも沿道でもみなさま地元を上げて盛り上げてくれてる雰囲気が満載で久し振りのレース参加のわたしもわくわく(死語)してきました。




晴天が広がり気持ち良い天気です。若干暑いくらい。



コースは前半が緩やかな勾配の5kmほど、後半4.5kmほどが和田峠と同じくらいのキビシイ勾配が続く走り方が難しいコース。激坂登り口から道幅も狭くなるので急勾配の渋滞は目も当てられません。先頭集団で登り口に入ることが望ましいものの、平地で脚を使い過ぎると後半脚に来ます。

また、激坂後半部分では上から勇ましい太鼓が響いて非常に鼓舞されるのがこのレースのポイント。気分を盛り上げてくれること間違いなし。
 

レースレポート等は特にありませんがゴール後の写真はこちら


ゴール地点ではあまーいカットオレンジと水がふんだんに振る舞われて火照って疲れた身体に染みわたります。


ちなみに今回もこの自転車で参戦してきました。ホイール以外特殊な軽量パーツを付けずにペダルやコンピュータ等付けた状態でこの重量なので頑張ればもう少し軽量化出来そうですが普段のサイクリングやサンデーライドから使うのでほどほどで。
総合順位には絡めませんでしたがそこから漏れた人の年代別では軽量バイクのお陰で表彰状を受け取ることが出来ました。