2017年04月
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
アラヤ工業展示会報告 ラレー編

2017モデルのラレーではvelocraft的注目は2種

まずは、クラブモデルのCLSがモデルチェンジしました

今までは700x28Cタイヤにフロントキャリアが装備され、クラブモデルと言うよりもスポルティフやディアゴナールに近い車体構成でしたが、2017モデルはFキャリアが廃止されて、キャリアレスとなりました

泥除けは今までとデザイン的には同じですが、アラヤ・ディアゴナールと同じ様な分割式に変更されたので、オーストリッチL-100の様な縦型輪行袋を使用出来る様になり、輪行ツーリングが更にしやすくなりました

Fキャリアは標準では廃止されましたが、アラヤ・エクセラスポルティフに装備されているFキャリアが装着出来るダボが装備されたので、ご希望により追加出来る様になっています

また、CLSもアラヤ・スワローランドナーの様に旧4600系ティアグラが継続装備されていますので、2x10Sでシマノ・シルバーパーツでまとめられています


ブレーキアーチはカンチからサイドプルに変更されました
分割式泥除けに変更されたことで輪行し難くなるということもありませんし、制動力は確実に増します

大槻の印象としては、快走ランドナーからスポルティフに車種変更されたイメージですね
タイヤサイズに変更はありませんが、Fキャリアが無くなってよりスポーティになった印象です

【メーカー希望小売価格】¥152,000-(税抜)


近年のツーリングバイクの主流と言っても良いツーリングロードでは最廉価版のCRAが8Sのクラリスから9SのSORAに変更されました

今までのクラリスですとSTIレバーのシフトワイヤーが外に出るタイプで、フロントバッグが非常に付けづらかったのですが、新型のSORAは上位モデルと同じで、ハンドルバーに沿うタイプになりましたので、フロントバッグを装備する時にワイヤーを無理に通す必要が無くなり、若干価格は上がってしまいましたが、より使いやすくなったと思います

新型SORAはブラックカラーのコンポしかありませんので、カラーリングには目をつむるしかありません

【メーカー希望小売価格】¥98,000-(税抜)

その他ツーリングロードのティアグラバージョンのCRNはメーカー希望小売価格¥120,000-(税抜)・105&カーボンフォーク仕様のCRFは¥162,000-(税抜)と継続品ですが、価格が下がりお求めやすくなりました

ラレーとアラヤの2ブランドを持ち、トラディショナルで使いやすいツーリングバイクを販売し続けるアラヤ工業さんは、2017年もマスプロメーカーの中ではブッチギリの存在です!!

« アラヤ工業展示会報告 ARAYA編 | メイン | オーストリッチ PATARI入荷 »