2017年08月
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
シュミット 泥除け用テールライト

シュミット新作の泥除け取付け用テールライトが入荷致しました

ハブダイナモ用テールですので、ダイナモハブ→フロントライト→テールライトの順で、配線をする必要がありますので、ご注意ください

また、昔ながらの1芯式では無く2芯式ですので、コードは約Φ3mmと太くなりますので、フレームへの内蔵等の配線処理にはご注意ください

シュミットからは以前からキャリア用とシートピラー用のテールライトは発売されていましたが、見た目はアルマイト処理されていた為くすんだアルマイトカラーでした
今回の泥除け用はフロントライトのEDULUXと同じポリッシュ仕上げですので、見た目の違和感も少なくなっています

本体表からの形状は1種のみですが、裏側の形状が2種類あります

ナロータイプとワイドタイプと呼ばれますが、泥除けの幅で決まります

幾つか本所工研の泥除けで試してみました

ナロー=H30・H40・H31・H47
ワイド=H50・GB650

が大体丁度良さそうです

スポルティフに使われるH35・H27等の40mm未満の泥除けですと、テールライトの端が浮き上がってしまうので、ピタッと取付けるのは難しそうです

フロントライトを採用している方は多いと思いますが、テールライトもダイナモハブ給電の方は、まだまだ少ないと思います

配線にはそれなりの工夫と見た目の妥協が必要だとは思いますが、イチイチ止まってテールライトのON/OFF操作をする必要も無く、点滅では無く点灯ですから一緒に走行する場合も目がチカチカせずに走りやすいと思います

バッテリー式ではバッテリーの持ちの問題がありますので、仕方が無く点滅にしている方が多いと思います
昨今のバッテリー式のテールライトは小型化されたタイプが主流で大容量のバッテリーを積むことが出来ません
点滅が良く無いことが判っていても、バッテリー切れで消えてしまってはいけませんからね
(ブルベでは点滅式のテールライトは禁止されています(サブテール・ヘルメットテールを除く))

バッテリー残量を気にすること無く、ON/OFFのスイッチングはフロント側のみ、点滅では無く点灯とメリットが多いハブダイナモ用テールライト
是非、ご採用ください

【価格】¥13,000-(税抜)

※ハブダイナモ用テールライトはB&M・キムラ製作所の製品も展示販売しております

------------------キリトリ------------------
2016年最後のブログ更新となりました

本年もvelocraft・当ブログをご愛顧頂き有難うございました
来年2017年も引き続きよろしくお願い致します

皆様、良い年をお迎えくださいませ

<旅自転車専門店>velocraft
  大槻

※新年は1日(日)臨時休業 2日(月)11:00~18:00営業
 3日(火)4日(水)定休日とさせて頂きます

« 大槻のランドナー | メイン | VIVA 輪行スパナ »