2017年08月
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
ハブダイナモのジレンマ

velocraftではフロントハブが発電機になっているハブダイナモライトを強くお勧めしています

電池残量の心配が無い
乾電池式と比べて、圧倒的に明るい
フロントライトを付ければ、自動的にリアライトもON
発電抵抗もわずか

この様なメリットが有り、レースシーン以外では絶対的に有利だと考えています

実際velocraftでオーダーメイドでお作りする自転車の半数程度がハブダイナモを採用頂いています

しかし、日本のスポーツバイク業界全体ではどうでしょう?
恐らくシェア1%にも満たないのではないでしょうか・・・

レースとトレーニングにしか自転車を使用しなければ、発電式のライトは不要です
しかし、レース活動しかしていないユーザーもシェア1%に満たないでしょう
残りの99%はレースに出場することはあるかもしれませんが、サイクリングをフィットネス・レジャーとして楽しんでいるはずです

そんな方全員にハブダイナモはオススメ出来るのですが、実際のシェアは1%未満・・・

何故なのでしょうか?いくつか原因を考えてみます

1・・・コスト
自転車へ掛けられる費用なユーザーに寄ってバラバラだと思います
ハブダイナモを装備するには最低でも1.5~2万円の費用は発生してしまうので、コストを理由にバッテリーライトにしてしまうのは理解出来ます

2・・・回転抵抗
ダイナモハブを持つと重たいですし、回転もゴロ付きます
回転抵抗はほんの僅かなのですが、説明しても実際に手で感じる抵抗感は確実にあります
フロントハブの抵抗増における速度の低下は高級ダイナモハブを使用した場合、ライトOFF時は約0.04km/h・ライトON時は約0.4~0.5km/hになります(詳しい計算はランドヌールvol.3に大槻が寄稿しています)
「抵抗=悪」であるのは間違いが無いのですが、その抵抗が過大評価されていると思います
ハブダイナモの抵抗よりも、ポジションや着ているウエアの方がズッと抵抗は大きいはずなのですが・・・
また、単体でダイナモハブの重量を気にするのは無意味です
重量はハブとライトの合計重量で見る必要があります電池を含めた高光度のバッテリーライトの方が重いことが多いはずです

3・・・完組みホイールが無い
実は、これが一番の理由だと思います
ダイナモハブは完組みホイールでの販売が殆どありません(一時シマノでも販売されていましたが、一瞬でディスコンになりました)
使用したい、リム・スポークを選んで手組みと呼ばれる昔ながらの手法で組み立てるしかありません
個人で組み立てるのは、かなりの経験と工具が必要ですからショップに依頼することになると思いますが、ショップも決して楽な作業という訳ではありません
特にスポーク長は1mm単位で多種存在し太さも色々ありますし、作業時間も結構掛かります
つまり、ハブダイナモを販売するのが面倒くさいと考えているショップが意外と多いのでは?と考えています
また、完組みホイールユーザーが新たにハブダイナモにすると、フロントとリアホイールが違ったホイールになってしまいます
デザイン的にも前後のホイールを揃えたいと考えるのは普通の事だと思いますので、ハブダイナモにする為に前後ホイールを買い換えるということになり、ハードルは上がってしまいます
完組みホイールの方がホイールの性能として高いということもあります

性能が良いのに、普及しない
使えば絶対に優れていることは理解してもらえるのに、試してもらう場も無いし、使う前に先入観を取り払ってコストを掛けてもらうことは難しい
 
 
 
 
 
モヤモヤモヤモヤ・・・
 
 
 
 
 
!!!!!!!!!
 
 
 
 
 
リムドライブ式ダイナモに現代の機能を持たせたら・・・
 
 
 
 
 
あった!!!!!
 
 
 
 
 




ドイツ・VELOGICAL社から発売されているリムドライブ式のダイナモ
出力は6V-1.5Wですので、昔の6V-3Wのダイナモに比べて抵抗感も圧倒的に軽いですし、LEDタイプのフロントライトなら必要なのは1W程度ですから、テールライトも併用で使用出来ます

2芯式のコードを採用しており、現行のハブダイナモ用のライトがそのまま取り付け出来ます

これが上手く付けば、現代の高光度ライトをリムドライブ式で使用出来、ダイナモ本体はリムに当てなければ当然ライトOFF時の抵抗は0W
ホイールを変更したり、組立てたりする必要が無いので、高性能な完組みホイールが使用可能

早速、個人でサンプルを輸入し取り付けてみました


ダイナモはバンドで固定するので、Φ14~22mm程度のシートステーに装着OK
付けた見ためは恰好良い・・・・・・とは言えず(汗)
取付け方法は直付け等も含めて多いに検討の余地がありそうです

実際の回転抵抗は少なく良さそうですし、ライトも安定的に点いています
後は防水性や耐久性等をチェックしてみようと思います

上手く行けば輸入販売もしていこうと考えていますが、恐らく販売価格は2万円を超えそう・・・

とりあえず、実験台になって色々試してみようと思います
フランス・アレックスサンジェのオリビエさんも最近このダイナモを採用しているので、性能的は大丈夫だとは思いますが・・・

« velocraft流組立て基本編 vol.7 | メイン | velocraft流組立て基本編 vol.8 »