2017年12月
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
クロキによるクロスバイクのオススメ

最近ホットニュースもちょくちょく担当するようになったスタッフクロキです。

桜の開花宣言から一週間ほど経ちましたが来週から気温もぐっと上がり桜の見頃となりそうです。
吉祥寺の街周辺は坂道があまりなく普段の無理ない移動手段として自転車を利用する方は多いですが少し脚を伸ばして小金井公園あたりまで見に行くと楽しそうですよ。

さらにもう少し脚を伸ばせば羽田から羽村まで続く50kmほどのサイクリングコースやアップダウンが多く走り応えのある多摩丘陵も意外と近くだったりします。
多摩丘陵と聞いてピンとこない人も映画『耳をすませば』のクライマックスシーンの場所といえば、なんとなくイメージがつきやすいかと。


今日はCWS吉祥寺で取り扱っておりますクロスバイクについてご案内いたします。

クロスバイクの良さはズバリその使い勝手の広さでしょう。
休日のチョイ乗り(お散歩+サイクリングでポタリングと言ったり)や写真の様にしっかりとしたドロヨケ、最大荷重25kgのリアキャリアー、電池も充電もスイッチon off すら必要としない700C用ハブダイナモホイールを装備した通勤・通学の決定版自転車にしたり




中にはパニアバッグを取り付けて京都まで旅をしたお客様も...!!
速度ではロードバイクには敵いませんが、乗り手に合わせたパーツを選ぶことでどんなシーンでも活躍してくれます。



そんなクロスバイクのオススメは、、、



トレック FXシリーズ シティライドでも疲れにくい快適性とラック&フェンダーマウントでアクセサリーも取り付けやすく、Duo TrapSを取り付ければライド中の情報を記録するセンサーを内蔵することも出来ます。FX2以上のグレードはブレンダーシステム対応でボントレガー社製のライトやコンピュータをステムと一体化させて取り付けることも出来るのでハンドルバーの拡張性も上がります。



キャノンデール QUICK シリーズ 青空の下フィットネスがコンセプト。リアトライアングルに配されたSAVEマイクロサスペンションが程よくしなり路面からの不快な振動を減衰し、握り心地が良いグリップとクッション性が高いサドルで疲れづらく走れます。2017モデルからグラフィックに反射素材を採用し昼夜問わず視認性が良く安心してライドを楽しめます。



ジャイアント ESCAPEシリーズ ジャイアント社のベストセラーバイク『エスケープR3』 はウェイト10.7kg(465mm)とかなり軽量です。また3×8のシマノ製変速機がついた車種の中では税抜47500円(CWS販売価格)と抜群のコストパフォーマンスを誇ります。上位車種の『エスケープRX』になりますと軽量、高剛性のALUXX SLグレードのアルミフレームでシャキっとした走りととD-FUSEシートピラーによる快適性を追求したよりスポーティーなサイクリングが楽しめそうです。



早めの時間帯にご来店頂ければ店頭在庫品を即日納車可能でございますのでサイズ確認や納車スケジュール等はスタッフまでお気軽にご相談くださいませ。

« 春のスペシャライズドロード祭り | メイン | AUTOなリアライト »