2017年05月
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
velocraft流組立て基本編 vol.8

リア泥除けの取付け続きです

前回、チェーンステーの幅が泥除けよりも狭い為、泥除けの幅を潰さなくてはならなくなりました

泥除け潰しにはタガネを使用します

タガネをそのまま使用すると、先端が尖っていて泥除けが切れてしまうので、この作業専用に先端部分は丸く削ってあります


写真の様に泥除け裏側から、チェーンステーと泥除けが当たっている箇所にタガネを当ててハンマーで泥除けを変形させていきます

チェーンステーの上下を左右同様に仕上げますので、計4か所作業します


仕上がりはコンナ感じ

今回はダイナモライトは取り付けませんので関係ありませんが、ダイナモコードが同箇所を通っている場合にはコードが傷ついてしまうので、注意が必要です

また、同箇所は泥除けに付いた水滴が下に落ちる道筋でもありますので、完全に潰し切ってしまっても良くありません

泥除けの左右幅をチェーンステー部だけ、狭めて尚且つ他の機能に支障をきたさない微妙な力加減が必要です


ココから先はフロント泥除け取付けとほぼ作業内容は変わりません

泥除け後端部から12cmのところに左右端から20mm中心側に穴を2か所開けます

ダルマとステーを通して・・・


エンドダボに取付け他Rクリップに合わせてステーの長さをカットします

その時にフロント側と比べて若干(1~2mm)短めに切るのがポイントです


写真では解りにくいかもしれませんが、ステーが左右外側に膨らんでいるのがお分かりになるでしょうか

そのままでは恰好悪いので、ステー中央部を左右から手で押し狭めてステーが直線になる様に調整します

その際に若干ステーの長さが変化しますので、ステーを若干短くカットしておく必要があります

僅かな事ですが、こんなところで仕上げの差が出てきます

作業台から自転車を外して、少し離れたところからチェックします

泥除けのクリアランスが均一か、前後から見て泥除けがどちらかに寄っていないか等をチェックして、必要なら修正を加えていきます

これで、後ろ泥除けは付きましたので、次回はこの泥除けを分割加工していきます

« ハブダイナモのジレンマ | メイン | velocraft流組立て基本編 vol.9 »