2017年10月
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
引っ越しアルアル

高田馬場に引っ越すタイミングで、旧吉祥寺店舗や埼玉八潮にある倉庫を整理しました
引っ越し作業はなるべく簡単に短時間で済ませたいですから、前準備に多くの時間を割きました

そうすると、意外なところから意外な物が出てくるのが「引っ越しアルアル」
殆どの場合ゴミやゴミに近い物ですが、たま~に「お宝」が出てきます

そして、今回こんなモノが出てきました

フランスVAR「泥除け用穴あけポンチ」

現在同種のポンチは各社生産されておらず非常に希少ですし、あったとしても刃がダメになっていることが殆どです

泥除け用穴あけポンチは日本では、ホーザン製のものが現存数として最も多いと思いますが、出てきたのはフランスVAR製で刃の状態も新品とはいかないものの良好です
年代は良く解りませんが、そんなに古い物では無さそうです(30年位前?)

嬉しくなって早速、泥除けの切れ端で穴を空けてみました



左・ポンチ 中・ボール盤 右・テーパーリーマー

3種を比べてみると・・・
作業時間はポンチが一番早く、続いてボール盤、テーパーリーマ―の順
真円度はテーパーリーマ―が最も精度が高く、ボール盤、ポンチの順
バリの多さはボール盤が最も少なく、ポンチ、テーパーリーマ―の順
位置決めのしやすさはテーパーリーマーが簡単で、ボール盤、ポンチの順

それぞれに良さが有り甲乙は付けにくいのですが、総じて考えるとvelocraftが従来から作業しているボール盤が最も良さそうです

使い慣れればポンチも良いのですが、工具のクセを見抜かないと1mm前後のズレが出やすいのでテクニックが必要
テーパーリーマ―は最もコストが安く済みますが、作業時間は多種よりも圧倒的に長く掛かってしまいます

折角出てきたVAR泥除け用穴あけポンチですが、歯が擦り減るのも勿体ないので大事にしまっておこうと思います(笑)

« シュミット velocraft別注品 再入荷 | メイン | ロイヤルノートン 価格変更のお知らせ »