2017年11月
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
エディメルクス展示会

一昨日の定休日はエディメルクスの展示会
言わずとしれたロードレース界の巨人エディメルクスが興した自転車ブランド
今年も、メルクスらしくロードバイクやTTバイク、シクロクロス等が展示発表されていました


本国からスタッフも来日し(本人はいませんでしたが)プレゼンテーションも行われました
勿論、集まっているのはユーザーでは無く販売店やプレスの方達ですからサイズによるフレーム設計の違いやアルミモデルのウェルディング方法等かなり専門性の高い内容

ジックリと大槻も勉強してきました

velocraftでエディメルクス?と思われるかもしれませんが、高田馬場に移ってから新たに取扱いを始めました

近年のバイクパッキングブームで「ロードバイクでツーリングやキャンプ」という方がにわかに増えてきていますので、アルミ製のフレーム単体モデルや12mmスルーアクスルを搭載したディスクロード等、コンペティションのみで使用するのは勿体無い程のロードバイクがメルクスには多くラインナップされているのが理由

バイクパッキングに向いたロードバイクを探すのは意外と難しいのですが、その一つの選択肢として、エディメルクスはお勧め出来るブランドとなっております

ロードバイクをご購入頂く際に「レースには使わないから・・・」とサイズや機能を妥協し過ぎてしまうお客様も多いのですが、「レースには使わない、サイクリングに使うからこそ、大事な部分がある」と思っています

それは耐久性であったり、輪行のしやすさであったり、バッグとの相性であったり、トラブルのリカバリー性であったりと様々ですし、カタログや雑誌のインプレではあまり触れられることの少ない性能だと思います

雑誌インプレ等では走行性能や重量などのスペックだけでなく、ロードバイクツーリストの為の性能も解説して欲しいな~
例えばホイールの着脱の簡便さ(同じクイックレリースタイプでもクイックレバー形状やタイヤ太さやフレーム形状で随分変わります)、ワイヤー類の交換のしやすさ(特に内蔵の場合には内臓部分のワイヤー出し入れの簡便さが随分変わります)、輪行のしやすさ(エンド形状やフレームサイズの違いによる収納のしやすさが随分と違います)、サドルバッグやボトルケージの装着のしやすさ(特に小さいサイズでは、台座があっても取付けが出来ないor取付け可能品が限られる)なんて情報はユーザーやショップにとってありがたいと思うのですが

そんなラインナップの中、唯一コンペティションを意識していないのがグラベルロード「ストラスブール71」

かなり魅力的な自転車でしたが、詳しい情報は別の形でご紹介することになります・・・

【価格】¥300,000-(税抜)


« 日本縦断後のメンテナンス vol.3 | メイン | 日本縦断後のメンテナンス vol.4 »