2017年09月
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ジャイアント エスケープRX3 & グラビエ


ジャイアントの2018モデルから、エスケープRX3・ホワイト Ssizeとグラビエ・ワインレッド Lsizeが入荷致しました

RX3はR3と比べてワンランク上のパーツと内蔵ブレーキ&シフトワイヤー、太いBB周辺のパイプサイズで、よりスポーティなデザインと機能が魅力的
使用用途はR3と違いはありませんので、乗車の感じもハンドルが若干遠めセッティングである以外に違いはありません

グラビエは、ファットタイヤクロスバイクとでも呼ぶべき27.5x1.75(650x45B)タイヤで、アップライトなハンドルスタイルと合わせて、砂利道や未舗装路での使用も視野に入れたマルチユースモデル

どちらもvelocraftでオススメのクロスバイクですが、スピード重視派と走破性派で用途が分かれる為、ルックスはあまり似ていません

しかし、フレームのスペックをよく見ると・・・


シートチューブ長・・・500mm(Msize)
トップチューブ長・・・575mm(RX3) 565mm(グラビエ)
ヘッドチューブ長・・・170mm
シートアングル・・・73°
ヘッドアングル・・・72°
BBドロップ・・・70mm
リアセンター・・・425mm(RX3) 430mm(グラビエ)
ホイールベース・・・1030mm(RX3) 1025mm(グラビエ)

RX3の方がトップチューブ長が10mm長くてリアセンターが5mm短いので、ホイールベースはグラビエと比べて5mm長い
ということは、フォークのオフセット量は同じと考えてOK

フラットハンドルのスローピングフレームなので、シートサイズと比べてトップチューブ長が長いですが、適応身長が170cm台半ばを想定しているMsizeだと、ホリゾンタルフレームに換算すると、約540~550mm

ジオメトリー各所が見覚えのある寸法ですよね
フラットハンドルでランドナーを作るのと、ほぼ寸法は変わりません
フロントセンター長が若干短めですが、フロントバッグを装着せずにしようするなら、この位のフロントセンター長の方が、取り回しはしやすいでしょう

恐らく、トレイル値も60mm前後でしょうから(正確な計算はしていませんが(汗))ロードバイク的なハンドリングで「ニュートラル」と表現出来そうです

つまり、エスケープシリーズとグラビエは、タイヤの違いがあるだけでフレームジオメトリーはほぼ一緒なので、同じ使用方法を想定しており、フロントバッグ無しフラットハンドルのランドナーと同じジオメトリーということ

ホリゾンタルフレームのスチール製ランドナーは「古い自転車」というイメージがどうしてもありますが、現在のクロスバイクに通じる考え方で制作されています

誤解を恐れずに言えば「クロスバイク=ランドナー」と言っても良いのかもしれません

この辺は追求していくと、面白いジャンルだと思います
そんな目線でクロスバイクを見ていくと、新しい発見があるかもしれませんね

【価格】
エスケープRX3 ¥61,700-(税抜)
グラビエ ¥50,300-(税抜)

« アラヤ ディアゴナール入荷とその他 | メイン | アラヤ プロムナード入荷 »