2018年02月
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
ロードバイク用F&Rエンド

ツーリングバイクを販売することの多いvelocraftでは、殆ど使用例は無いのですが、ソケットタイプのエンドの在庫を始めました

スチール製ロードバイクを製作する時には最も多く使用されているであろう「ロンシェン LR10Rリアエンド」「ロンシェン LF18フロントエンド」

LR10Rリアエンドはシートステー側が10.5mmでチェーンステー側が12.5mmのノーマルサイズと言って良い寸法で、各社から発売されている一般的なシート&チェーンステーが使用出来ます

プレート型のエンドでしたらフレーム剛性に合わせて「細い部分を使用して力を逃がそう」「太い部分を使用して固めに作ろう」等アレンジが出来ますが、ソケットタイプの本品はパイプの太さは決まってしまいますので、TIP側はカットせずに太い根本側をカットして長さ調整するのが基本(内側を削る事で多少の調整は可能ですが)

プレートと違い鋳造でガッチリ作られていますので、ロードバイク用にかっちりとした乗り味の追求には向いていると思いますが「エンド付近で力を逃がす」という様な目的には合いません

また、製作工程でプレート型の場合はパイプにスリットを入れて差し込む必要があるので、パイプへの工作が必要ですが、ソケット型ならパイプ径さえ合っていれば、特に作業すること無く、即接合に入ることが出来ますので作業も楽になります

ただ、LR10Rは汎用性を持たせる為にエンドが2ピースに分かれていますので、接合箇所は一か所増えてしまいますし、綺麗に仕上げるならヤスリ掛けの時間は多少増えてしまいます
それでも、内ロウを使用することも出来作業性は良いと思いますし、失敗も少ないと思います

その為、フレーム製作の最初の1台用として最適だと思っています
エンドが2ピースであることもシートステーの長さ調整のしやすさに繋がっています
ホビービルダーが1台目を製作するのは殆どがロードバイクの様ですから、エンドはコレがオススメ

その為にもvelocraftでも在庫する様にしました

後付けのダボも在庫していますし取付も可能ですが、ソケットタイプのエンドはパイプの外側にエンドがかぶさる構造ですから、どうしても横幅で広くなりがち
その為、ダボを取付けてもキャリアとの相性が悪くスペーサー等を用いて調整する必要がありますので、ちゃんとキャリアが付くとも言いにくい結果になってしまいます
ご注意ください

フロントエンドのLF18はΦ13mmパイプ用に製作されています
TIPサイズ13mmの多いレイノルズフォークでしたら、殆どそのままで使用出来ますが、カイセイ等12mm台でTIPが制作されているフォークブレードでしたら、数mmTIPをカットしてから使用した方が接合はしやすいと思います
但し、鋳造精度の関係で基本は1個1個の現物合わせが基本です

モダンなスチールロード製作や初めての製作にモッテコイのエンドだと思います

是非、ホビービルドを楽しんでください

【価格】
フロント ¥2,600-(税抜)
リア ¥5,160-(税抜)



現在H30年春(4月予定)のオンラインショップ開設に向けてフレームビルドパーツも続々増殖中

まだ店頭販売のみですが、遠方の方はもう少しでオンライン購入出来る様になりますので、もう少々お待ちください


« デッドストック 1000円均一! | メイン | アラヤSP-30リムの誤解 »