2018年02月
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
ロードバイクツーリング完全ガイド

H30年2月8日に発売されたMOOK「ロードバイクツーリング完全読本」はご覧になりましたか?

ロードバイクを使って少しでもツーリングをする為のノウハウと、幾つかのコースガイドが掲載されています

自転車ツーリングでは現在の主流はロードバイクを使用した短期快走ツーリング
輪行を駆使して、日帰りや1泊でのツーリングが主なのでロードバイクに大きめサドルバッグが最も敷居の低い車種でしょう

velocraftでもジャイアントのコンテンドやラレーのスチールフレームロードカールトンを展示おすすめしています

ロードバイクでチョット旅に出てみたい、レースやトレーニングだけでは勿体ないという方に読んで頂きたい内容となっています

※CWSグループでのお取扱いはありません、書店様等でお求めください

--------------キリトリ--------------

ツーリング車をメインで販売しているvelocraftですが、ロードバイクでツーリングを否定してる訳ではありません

折角の大事な資産であるロードバイクをレースやトレーニングだけで使用するのは勿体無いですから、遊び方の範囲を広げて頂きたいと思っています

しかし、ツーリングをする為には単純に車載バッグを付けて輪行出来れば良いという訳ではありません
ツーリングをより良いものにする為には様々なノウハウが必要ですが、ある意味現在のロードバイクの流れとは逆になってしまう部分があります

例えば大槻が良く言うのは「自転車はある程度重い方が良い」「手組みより完組みの方が遅くなるかも」といった具合
レース用のロードバイクばかりのメーカーやショップからだと「何言ってんの?偏屈なの?」と思われてしまいそうですが(汗)それなりの意味があります

そんな、ノウハウをH30年2月20日発売のバイシクルクラブ4月号でチョットだけお話ししていますので、コチラも是非ご覧ください

« アラヤSP-30リムの誤解 | メイン | グランボア2018年カタログ »