2019年04月
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
ちょっと多目の

以前は23だ、いや25だと散々言われてきました(それ以前は20だ、などなど)ロードバイクのタイヤ幅ですが最近ですと23が細目と分類される感じでしょうか(絶妙なトコ狙って24mm幅を作っているメーカーさんもありますが)。
ところでタイヤ幅が広くなると入れる空気の量も空気圧を揃えるのであれば増えるので出先で運悪くパンクした時にフロアポンプを使用できない状況だと結構アレな訳です。
CO2ボンベ使えば楽でしょ! というところでようやく本日のお題なのですが。

トピークさんやバルビエリさんなど古参メーカーだけでなく、ここ最近のメーカーさんでも16gCO2ボンベが標準とされておりましたがどちらかというと23mm幅前提のお話のようでレザインさんですと16gは23mmで8barまで上がるようです。では25mmでは?

ということでレザインさんから700×25~28C用に20gCO2ボンベが販売されているのでそのご案内です。700×28Cでも7.2barまで上がるということなので出先パンクでCO2ボンベ使ったもののちょっとエア少ないかな、、、なんてユーザーさんに大変お勧めなアイテムですよ。
一本500円(+税)とばら売りしているのもポイントです。

« ターマックDisk | メイン | メリダ・スクルトゥーラ »