2017年10月
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
東京ヒルクライム Okutamaステージ

東京ヒルクライムシリーズ戦、Okutamaステージにお客様と参戦してきました。

朝(?)3:00CWS吉祥寺集合で奥多摩湖へ向けてGO! Tommyさん運転と画像提供ありがとうございます。吉祥寺からしばらく走るとぽつりぽつりという雨もだんだん本降りに。今回は雨レースとなりそうです。

奥多摩湖駐車場にて。着替えて準備してウォームアップは会場までの実走で


今年もチーム戦にてエントリ。みなさまよろしくお願いいたしますー



集合地点にて気温は21℃やや肌寒さを感じます

降雨の為、スタート地点を3kmほど後ろにずらしてスタートです


生憎の雨模様でしたがばっちし雨装備(?)のためストレスはほとんどなし。ジャージとビブショーツにはホルメンコールのハイテクプルーフをスプレーして若干の撥水処理済み、肌が出ている部分はスポーツバルムのウォーミングアップオイルを塗って水弾き、アイウェアはOakley社EV ZERO調光レンズで暗めのシチュエーションでもオッケィ。あとは走り切る脚だけです^^

レースは無事終わり、奥多摩湖側の山のふるさと村まで下山してからおまちかねの表彰式です。表彰台を狙えそうなM師匠は今日は残念ながらDNS。

スタッフHはいつもと変わらず相変わらずあわよくば、な感じです。



今回も無事年代別の表彰台に潜り込めましたよ^^

チーム成績では27チーム中9位ということで今年も残念ながら入賞を逃してしまいましたが、みなさま良い感触や高い出力、心拍を記録出来たようです。

昨年と同じように御馳走が振る舞われお腹いっぱいになってしまい、ヒルクライム向けに減量したのもつかの間であったのでした。

雨模様にも関わらず今年も素晴らしいレース運営をありがとうございました。また来年も参加しますよー

Okutama試走

来週開催される東京ヒルクライムOkutamaステージに出場されるお客様と一緒にコースの試走へ行って来ました。


往路の玉川上水沿い



暑い夏なので5時出発とだいぶ早めです



そんなこんなで2時間半ほどで奥多摩駅に到着です



駅前は登山客で賑わっていたので近くのコンビニエンスストアにて



昨年の檜原ステージに続き年代別入賞を狙うM師匠


天気に恵まれ暑いながらも気持ち良く登れました



同じチームで走るN氏


コース予習はバッチリですよね



青い空に緑の山が映えますー


標高1,146mの看板をバックに皆さんをパチリ



お昼御飯は五日市駅前の東京裏山ベースさんにて


カレーとプロテインドリンクの超回復セット! おいしかったです。ごちそうさまでした

ぐるり柳沢~笹子峠

毎年6月、日は長く暑すぎも寒すぎもしないこの時期に距離と標高を稼ぎに山梨と長野県境にある大弛(おおだるみ)峠へ走りに行くのですが(甲州街道東京/神奈川県境はおおたるみ)今年もトライしてきました。
ちなみに一昨年は晴天/曇天予報にも関わらず、大弛登り途中から帰りの吉祥寺までほぼ土砂降り濡れ鼠、おまけに走行ログ消失という辛み(雨天気温7度、2300mからのダウンヒルよりも辛い)。
昨年は曇天予報で出掛けて羽村付近で本降りの為折り返し帰宅DNFというていらくです。

お約束の写真


音楽性の違いではなく休日の相違によってソロ活動です



走り始めて二時間ほど青梅付近


ずーっと厚い雲と共に



今回も走行中の画像はシマノカメラにて撮影してますー


奥多摩駅まではトンネルがいくつかあるのですが、そのうちいくつかは脇道に入り回避できます



脇道の先には趣のあるトンネル


ここらはのんびり走れて気持ち良いです



茂みからカサカサ音がしたので止まっていると


フレンズが降りてきました



そんなこんなで奥多摩駅に到着です




トンネル造成中です




そういえば10年くらい前は柳沢峠へ向かう途中においらん淵を通っていたのですが最近通っていないと思いつつ調べてみたら、いつからか旧道になり通行止めになってました。


今日は写真を撮ったりのんびり走っているので5時間ほどかけて柳沢峠へ到着です


少し晴れ間見えますが、まだ曇り空で富士山は望めませんでした



塩山までおりてきたらようやく晴れてきましたが


山の方は相変わらず雲優勢だったので大弛は諦め南へ



途中 ぶどうとワインで有名な勝沼を抜け


道路脇はブドウ畑やワイン工場、良い香りが時折り漂ってきます



自走で東京へ戻るには笹子トンネルか笹子峠(旧道)を抜けるしかありません(来た道を戻るといのも可)


笹子トンネルは片側一車線で交通量が多くながーいトンネル、そこは走りたくないので旧道の峠越えへ


杉林が続く静謐さが歴史を感じて走っていてよい感じです



途切れた杉林から青空が広がります


ピークまでもう少し



有名な笹子隧道を通って大月側から一枚


登坂中は人や車と一切すれ違わずのんびり楽しめました



20号を東に向かう最中、名勝猿橋を通ったのでパチリ


古くは1400年以上前にその由来があるという名勝地です



帰り道、ちょっと寄り道して風の気持ち良い場所へ


お腹一杯ご飯を食べて、後は帰るだけ



最後の寄り道、締めはゼブラカフェにて


いつもおいしくごちそうさまでした

今回、距離の割にはボトル二本とArundelのTubi(737ml)サドルバッグという少なめ収納量で出掛けたので、補給食とウインドブレイカー、スマートフォン、鍵と財布でジャージの後ろポケットはパッツンパッツン。立ち漕ぎしづらかったのでサドルバッグをもう少し大きくしても良いかな、と思ったり思わなかったりしたロングライドでした。

本日の走行距離:244km
獲得標高: 3000mほど

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10