2017年12月
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
グリコ CCDドリンク

トレーニング前半は調子よくワークアウトをこなせているのに中盤~後半かけてレップやセットを頑張っているのに何故かこなせない、そんな経験はないですか?
もしかするとそれはエネルギー不足によるものかもしれません
プロテインはゴールデンタイムを狙ってしっかり摂っているのに思ったより筋量が増えない、そんな時はワークアウトドリンクを一つ気にしてみませんか

今回紹介するトレ吉アイテムはコレ

グリコ CCDドリンク



いわゆるカーボドリンク(糖質)ですね!
なぜこんなのを飲むのかというと発汗による脱水を補うために水分も必要なのですが、それだけだと身体を動かすそもそものエネルギーが無くなりバテバテになったり、そもそも筋肉をつけるために筋トレをしているのにグリコーゲンが枯渇してくるとその大事な筋肉を分解して身体を動かすエネルギーとして利用し始めてしまうのを極力防ぐ為です

成分表


一袋(45g)で170kcalのエネルギーと汗で失われるナトリウム、カリウム、身体に必要な7種類のビタミンがバランスよく含まれています
まず一般的なスポーツドリンクと何が違うかというと吸収速度が速くお腹がタプタプになりにくいことが挙げられます

タプタプの原因は一般的に人間の体液と等しい浸透圧の事をアイソトニックと呼ばれ、胃から腸への移行速度が速いため安静時には吸収されやすいのですが人間は運動することにより体の浸透圧が低下して体液よりもスポーツドリンクの方が浸透圧が高くなってしまうので水分を吸収しにくくなる為と言われています
CCDドリンクは500mlの水で溶かすハイポトニック(低浸透圧)飲料なので身体の中に素早く糖質、水分、電解質等を補給出来るのです

一般的なスポーツドリンクも良い所はたくさんありますので要は飲むタイミングだと思います。

そして持ち運びに便利な使い切り1パック120円(税抜)もウリの一つ
週1~2回運動をされている方なら月のコストは1000円未満ですので是非一度お試しください
部活やチームでの大量使用に最適な10ℓ用2100円(税抜)も御座います

ヤマグチはトレーニングをする時はCCDだけでも十分体感できますがさらに集中力、持久力、疲労感を軽減する為+BCAAを入れて飲んでます


ネットの情報がありすぎてどれが良いかよくわからな~
本当にコレ、キクの?等々、、、
サプリメントについてお困りの方、ぜひぜひ1度ご来店下さいませ

色々なサプリメントを実際に使用しているスタッフヤマグチがお客様の用途やご要望に合わせたプロテインやサプリメントのご提案をいたしますよ!

【価格】グリコ CCD1パック120円(税抜)

【価格】グリコ CCD大袋  2100円(税抜)

R8000発売キャンペーン

シャドーRDや調整が容易になったFDなどなど革新的な進化があったハイエンドのR9100デュラエースに続き、アルテグラもR8000へとフルモデルチェンジいたしました。

よりマッシブになったクランクはじめ


R9100のデザインと機能を引き継いでます

発売開始からしばらく経ってようやく安定供給出来そうなので発売キャンペーンと銘打ってCWS吉祥寺では取り付け工賃無料キャンペーンを9/末までどどーんと開催いたします!

キャンペーン条件としてBBを除く(最近規格が沢山ありますからネ)STIレバー、前後変速機、クランクセット、前後ブレーキキャリパー、カセット、チェーンの7点セットを当店でお買い上げいただいた方が対象となります。もちろんフレーム載せ替えも対象となりますよ。

仕様により若干価格が異なりますが基本的なR8000の7点セット参考価格は97,346円(税抜)となります。
(クランク50/34、カセット11~28、ブレーキノーマル、前変速機直付け、BB無しの場合)
という流れでお分かりの方もいらっしゃると思いますが、当店のキャンペーンはクランク長や歯数、カセットスプロケット歯数をお客様のご要望に沿って組み立てられますのでコンポーネンツのグレードアップをこの機会にいかがでしょうか。

※8~10速ユーザーの方は11速対応ホイールに交換が必要なケースもございます。詳しくはスタッフまでご相談くださいませ。

'18 New Allez

Newターマックがお披露目されたばかりのスペシャライズド社のロードバイクですが、アルミフレームのAllez(アレー)も大きくその形を変えてCWS吉祥寺に入荷してまいりました。


アルミのレーサーというイメージが以前のモデルにはあったのですが、入荷した自転車を早速チェックしてみると新しいアレーはもっと懐の広い乗り方に対応するような自転車になっていました。

すぐ目につくのはターマックと同じような後ろ三角を下げたドロップドシートステイですが、
そこと、リアエンド付近両方にダボ穴がありラック/フェンダー対応となっています。フロントフォークのエンドも同様にダボ穴があります。

標準装備タイヤは25Cですがフレーム&フォークのタイヤクリアランスは28Cまで対応していますので、より乗り心地良く、グリップよくという方は最初からタイヤ交換という選択肢はアリでしょう。
(ちなみに28Cタイヤ装着でフェンダーが付くか未検証デス)



リアの軽いギアは32Tが入っているので急勾配の道でもペダルが重たく足を着いて自転車を押してしまうことを減らせるでしょう。



だからといってゆっくりサイクリングの為の自転車かというとそんなこともなく、フレームとフロントフォークで450gもの軽量化を果たしているので意外とヒラリと登る気配もあります。

ハンドル高さは前モデルに比べてヘッドチューブがサイズによって1~2cmほど延長されて、スタック(BB~ヘッドチューブ)も同2~3cm大きくなっているのでドロップハンドル初めての方でもハンドル~サドル落差少なくラクチン乗車姿勢になります。
(ハンドルサドル落差多めでレーシングに乗りたい方は同社Allez DSW SL SPRINTがオススメです)

コミューターからロングライドはたまた夏の大ツーリングまで、色々使い道ありすぎて頭を悩ませてしまいそうですが、一言述べるとこれを買っておけば間違えないと言ったところでしょうか。ズバリオススメです。

≪SPECIALIZED ALLEZ ELITE≫
【価格】 150,000円(税抜)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24