2017年10月
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
春のスペシャライズドロード祭り

半袖にはまだまだ早いですが厚手の冬ジャケットとはそろそろおさらば、気温も高くなり身体も動きを欲しがっているのでは。(花粉症は辛いです。。。)

ということで(?)店頭在庫限定最新’17モデルのスペシャライズド社ロードバイクお値下げご案内です。
いつもより遠くへ走りに行きたいなという方も、車種によってはクロスバイクと同価格帯のモデルもございますので是非お店にお立ち寄りください。走り慣れたスタッフが身体にフィットしたサイズをご案内いたします!

セール対象品在庫一覧表となります(以降更新しません)



クリックで拡大されます

なお、現金特価30%引きと一覧に記載されておりますがクレジットカード払いの場合でも20%引きでご案内いたしております。


※店頭在庫限定の割引となりますので、サイズ違いでお取り寄せの場合などは割引対象外となります。
※店頭在庫限定ですので、お取り置きやお電話でのお問い合わせはご遠慮ください。



セール対象品をサクッとダイジェストでご案内いたします!


ターマックSL4 エリート 52 サテンカーボン/ホワイト




ターマックSL4 スポーツ 54 グロスホワイトレインボーパール/ターマックブラック




ターマックSL4 52 グロスネオンブルー/メタリックホワイト




ターマックSL4 56 サテンカーボン/フローレッド




アレ エリート 52 グロスメタリックホワイト/ターマックブラック




アレ 49 グロスモンスターグリーン/ターマックブラック




ルーベSL4 54 サテンインク/ノルディック/シルバー




ルビーSL4 48 グロスファインメタリックブラック/ドリームシルバー




ドルチェ スポーツ 44 サテンパールコーラル/ライトコーラル/シルバー




アレ JR.(650C) 44 グロスターマックブラック/レッド



併せて春夏ウェア旧モデル半額セールも開催しておりますのでこちらもよろしくお願いいたします!

「快適」なタイヤの選択

花粉のピークは過ぎた感のあるスタッフクロキです。

来週から新生活がスタートする人も多いこの季節、CWS吉祥寺でもそれに合わせクロスバイクを購入や修理にいらっしゃるお客様が日に日に増えております。

クロスバイクはそのまま乗っても走りが軽く扱いもそれほど難しくないスポーツ自転車なので日常使いにも適してます。そしてちょっと手を入れるだけで乗り心地はより大きく変わるのですがその一つがタイヤ。
その中でもオススメはパナレーサーか発売しておりますComfy(コンフィ)です。


快適なという意味のComfyは700×28Cサイズのタイヤで、走り出しの軽快さを意識して重量も価格に対してかなり軽量な部類に入ります(290g)
ちなみに某社の同サイズタイヤは400g強であったりします(ビードの種類が違うので比較するのはフェアではないかもしれませんが)。


街中では多い信号待ちからの再スタート(ストップ&ゴー)がとても楽になり、また登り坂道でもスイスイと漕げます。
800デニールの太いナイロンコードを採用しておりサイドカットにも強く、日常使いでも安心なタイヤです。
豊富なカラー展開で愛車のコーディネイトにもGOODです



≪Panaracer Comfy≫
カラーは黒 白 赤 青(お取り寄せ対応デス)
【価格】2,620円(税抜)

後ろポッケに補給食

昨日は午前中お休み頂いてサイクリングしてきました。120kmほど走るのですが時間節約のために休憩しないで走るため800kcalほどジェルやら羊羹やらジャージの後ろポケットに搭載。あまり積み過ぎると動きづらくなるし単純に重くなるのでほどほどにしましょう。
よりタベモノを積載させ走りながら食べるためにトップチューブに取り付けるバッグもアリだとは思いますが、100km程度であればサイクルジャージの後ろポケットだけで十分ではないでしょうか。

トピーク トップローダー


耐久性と撥水性ありその上レインカバーも付属しますよ。スタッフHも長距離走るときは取り付けます



さてさて出発前に食べ物と水分も多めに摂っておき出発です。



ちなみに肝心のポケット中身はこんな感じでした


左上クリフバー(店頭在庫限りデス)、スポーツようかんプラス×2、マグオンジェル:レモン、ワンセコンド:ライチ味
下段はボトル中身不動のレギュラーです
マグオンジェル:レモンとワンセコンド:ライチ味は少量ではあるものの(25mg)カフェイン含有なので集中力を維持するのに用意しました。


脚力的にハイペースで走るのは苦手なので平地も登りも淡々と走り、最後の難所(?)相模湖側からの大垂水峠だけパワーを掛けて9m03s、280W。脚がフレッシュなので単独走ながら良いタイム
五時間走って2500kcalほど消費したようなので出社してプロテインを飲んだ後にお昼ご飯をたっぷり食べて回復させました^^

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23