2017年05月
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
2017ジャイアント コンテンド2

一度入荷して、ご紹介する前に売れてしまったジャイアント・コンテンド2が再度店頭在庫出来ました

今回入荷は上写真のブルー・500mm

2016までデファイ4として販売されていたロードバイクがフルモデルチェンジ

ロードバイクの中でもコンフォート・ライトツーリングに絞った機能を発揮していたデファイから、若干スピード寄りにした、チョットだけスポーツ志向に振ったタイプに仕上がっています

先日、コンテンドと2017TCR(アルミフレーム・ロードレーシングタイプ)を乗り比べてみたのですが、反応の良さはTCRなのですが、全体的な乗り心地やハンドリング・扱いやすさなどコンテンドに魅力を多く感じましたし、単純な乗り心地の良さを追求し過ぎるとデファイの時に若干感じた「微妙な鈍重さ」が出てしまいがちですが、そんなことも無くバランス良く出来ていると思います

CWS高田馬場では、フィットネスユースや通勤通学でのスポーツバイクを強くお勧めしているので、コンテンドを強くお勧めします
※TCRがダメという訳では無いですよ!!!TCRも9月頃展示予定です

ジャイアントの中では最も廉価なロードバイクではありますが、オススメ出来る1台です

【価格】¥78,000→¥74,100-(税抜)

3連発でジャイアントをご紹介しておりますが、2017年もCWS高田馬場ではジャイアント一押しで販売していきます!
勿論、アルミフレームのロードバイクやクロスバイクだけでなく、カーボンモデルやディスクブレーキ採用モデル等も展示販売出来るGPDとして登録致しますので、ハイエンドバイクもプッシュしていきます!

詳しい2017モデルに関しては8月31日からディーラー向けの展示会がありますので、ラインナップの全貌はその時までお待ちください

2017ジャイアント エスケープRX1

ジャイアントの2017先行モデル「エスケープRX1」Msize(500mm)が入荷致しました
本当はロードバイクもいくつか一緒に入荷したのですが、ご紹介する前にご購入頂いてしまったので、コチラは、また後日ご紹介致します

エスケープシリーズの最上位モデルと言っても良いRX1は2016モデルのマットブラックからアイスブルーにカラーが変更され、少し柔らかな印象になりましたが、シマノ・ティアグラベースのコンポーネントとカーボンフォーク&異形カーボンシートピラーを採用しており、クロスバイクとしては非常にスポーティな仕様となっています

重量もワイヤー内蔵フレームでありながらも9.9kgとかなり軽量に仕上がっています

リアキャリアを装着することは出来ますが、アクセサリーを沢山付けて使うよりも、装備はシンプルにして軽快な走行を楽しむという使い方が向いていると思います

展示のMsizeは175cm~180cm位の身長にベストフィットですので、大きめクロスバイクをお探しの方にもオススメです
勿論、他サイズもお取り寄せで対応OK

是非、店頭でご覧くださいませ

【価格】¥100,000→¥95,000-(税抜)


2017ジャイアント エスケープR3

先行発売された2017モデル ジャイアント エスケープR3
CWS高田馬場では、基本全色展示しておりますので、是非チェックお願い致します
(タイミングにより全色展示していない場合もございます)

メーカー希望小売価格が2016モデルが¥55,000-で2017モデルが¥50,000-と更にお求めやすくなりました
単純な値下げなら歓迎なのですが、じつはチョットだけコストダウンされている様なので、ご紹介しておきます



上写真2016・下写真2017

グリップのUPですが、2016モデルはアーレンキ―タイプのボルトで固定するタイプで、2017モデルが差し込みのタイプ

ボルトタイプの方がしっかりと固定出来て良いのですが、差し込みタイプは使用していると、段々と固定力が無くなり、すっぽ抜けたり、クルクル回ってしまう可能性が高くなります




上写真2016・下写真2017

シートピラーもポスト部とヤグラ一部が一体で成形されていたのが、2017は丸パイプにヤグラが差し込みタイプに変更されています

極稀にトラブルが出る場合がありますが、殆ど問題はありません
しかし、見た目は若干チープになった感じがします



上写真2016・下写真2017

シフトレバーは2016・2017共にシマノのラピッドファイヤーを採用していますが、EF51からEF500に変更されています

ハンドルバー・ステムは2016モデルはブラック・ホワイトカラーがブラックで他カラーはシルバーでしたが、2017モデルは新色のオレンジとホワイトカラーがブラックで他カラーはシルバーに変更されています

機能とは関係ないカラ―ですが、クロスバイク購入に対してカラーリングは重要ですから、お気を付けください

また、写真はありませんが、タイヤがマキシス製からケンダ製に変更されました
サイズはどちらも700x28Cですが、ケンダ製の方が若干太めですので、ご注意ください

スペックダウンは若干行われていますが、5000円価格が下がったのではありがたいですよね
元々コストパフォーマンスに優れた1台ですから、更にクロスバイクの敷居を下げてくれたと思います

勿論2017モデルもCWS高田馬場ではジャイアント一押しで販売していきます

既に新しいロードバイクも発表されていますのでコチラも楽しみですし、実は既に発注も済ませてあります(笑)

【価格】¥50,000→¥47,500-(税抜)

そして・・・
2016モデルもまだまだ元気に販売中です!!
スペック的には2016モデルの方が良いですから、年式に拘らなければ2016モデルも有りだと思います

しかも、メーカー完売になるまで、15%OFFの特価販売ですので、コチラもご検討くださいませ

【2016モデル特別価格】¥55,000→¥46,700-(税抜)


1 2 3 4