2017年05月
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
ジェイミス コーダスポーツ

アメリカメーカージェイミスのスチールフレーム・クロスバイク「コーダ」

特に大きな特徴も無い、シンプルでベーシックな作りですが、ライトなツーリングやコストを抑えたツーリング車作りにモッテコイの1台となっています



最近のスチールフレームはソケット式のエンドを採用しているパターンが多いのですが、エンド部よりもシートステーが外へ大きく、はみ出て取り付けることが多くリアキャリアを装備する際にフレームとキャリアの干渉が大きくなり、隙間に5mm程のスペーサーを使用しなくてはならないケースが多々見受けられます(プレート式でも起こり得ますが)

ソケット式は製造も簡単で、火入れ時間も短く済むので、キャリアや泥除けを付けない場合には強度が落ちない・エンド部の剛性感が上がるなどメリットが大きいのですが、ツーリング車として考えると泥除けもキャリアも取り付けることが基本ですから、デメリットが多くなってしまうと考えています

勿論、アルミフレームでは直TIG溶接になる場合が多いので、仕方が無いとは思いますが、スチールフレームでは、ソケット式では無くプレート式にするべきだと思っています

特にキャリアが取り付くダボ穴は場合により10kg以上の負荷が掛かりますから、スペーサーを入れて外に膨らませると取付けボルトやダボ穴への負荷が強くなり、トラブル原因にも繋がりやすいはず

その点コーダはプレート式のエンドを採用し、更に前後共にダブルアイレットですから、前後共にキャリアが違和感なく装備出来ます

更にリアにはシートステー上部・フロントにはフォーク中間にそれぞれダボ穴が付いていますので、700c対応のキャリアなら、殆どのタイプが装備出来る様になっています

多くのツーリング車やオーダーメイド車を扱ってき来たからこその注目点だと思いますが、重量だとかギア段数以上に重要な部分だと思っています
単純にクロスバイク=初心者用のスポーツバイク・デイリーユースのスポーツバイクとして軽視されがちですが、velocraftではフラットハンドルのツーリング車としての位置づけも考えて品揃えしています

現在(H29年5月28日)ブラックの17インチを在庫しておりますので、是非ご覧くださいませ

【価格】¥65,000→¥61,750-(税抜)


ガーミン フェニックス5Xサファイア

遂に、地図付きの腕時計が発売される時代になりました

新登場のガーミン フェニックス5Xサファイア
お客様からのご注文で取寄せしました

詳しいスペック等はガーミンのホームページをご覧ください

ガーミンと言えば、ツーリスト・ランドヌール・レーサー等問わず全てのサイクリストに絶大な信頼を得ているGPS機器ブランド
当ブログをご覧の方も愛用者が多いことでしょう

そんなガーミンから、エッジシリーズと同程度の地図データを内蔵した腕時計型のGPSが発売されました

これからは、わざわざ持ちあることも無くGPSを使用したスピード表示の他に、スピード・ケイデンスセンサーを自転車に取り付ければ、フェニックス本体に表示することも可能です(ハンドルに取り付けるよりも見にくくなってしまいますが)

スマホと違い地図も内蔵されていますので、電話回線の電波が届かないところでも地図が確認出来ますので、自転車以外にも登山やスキーを楽しまれているかたにも有用だと思います

その他、光学式心拍計や高度気圧計・コンパス等も使え、ネットからのダウンロードでゴルフコースのデータも入手出来ますから、ゴルフコースで「残り何ヤード」なんてことも解ります

あらゆるスポーツやフィットネスにオススメ出来るマルチデバイス

velocraftではガーミン製品は基本お取り寄せ対応になりますが、お取扱いしております

【価格】¥99,800-(税抜)


ケルビム オリジナルエンド

昨日の水曜日は定休日
定休日だからと言って、ボケ~っとしている訳ではありません!(仕事してますアピール!!(笑))

午前中は店の中で残務処理・午後に大宮に移動して打ち合わせ・その後はケルビムの今野サンと情報交換してからの東京サイクルデザイン専門学校での会議

そんな中、今野サンからツーリングバイク用のリアエンドをお預かりしました

現在のケルビムは、独創的なフレームであったりロードバイクであったりステンレスフレームであったりと、モダンで前衛的なイメージを持っていらっしゃる方が多いと思いますが、こんなクラシカルなリアエンドでツーリングバイクフレームも制作しています

ツーリングバイクをメインにする東叡社やロイヤルノートン等と比べてお目にかかる機会が少ないケルビムのツーリングバイクですが、velocraftでは数々のツーリングバイクをケルビムで制作してきました

リアエンド自体も以前からあるものですが、町田のケルビム工房に行かない限り、どんな部材を使用しているのか等は、なかなか解りません

単品での販売は致しませんが、オーダーの際にイメージを膨らませやすい様に単品展示しております


右側裏には不思議な突起が2か所
実はこれカンパのチェーンレスト用の台座 今では殆どお目にかかることの無いレアな部材ですよね


左側裏にはダイナモコード用の溝が切られています
泥除け用ダボと合わせて、ツーリングバイク用のエンドであることを主張しています

エンドの形は東叡社のオリジナルエンドよりも一回り大きめで、しっかりとした厚みがあります
こんな部材で作る一台、如何ですか?

☆☆☆お知らせ☆☆☆
急で申し訳ございませんが、明日(H29年5月26日)通常営業しておりますが、大槻はPM2:00頃まで不在となります
オーダー車のご相談・ご依頼、ツーリング車のO/H等のご相談・ご依頼は、PM2:00以降のご来店をお願い致します
ご迷惑をお掛け致しますが、ご了承くださいませ