2018年07月
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
Newイデアル90 入荷(3/10追記)

お待たせ致しました!
新しく再登場したイデアルサドル「90」が入荷致しました

初回入荷の際は当ブログで紹介する間も無く完売してしまった超絶品のサドル
今回はソフトタイプ(体重75kg以下が目安)のナチュラルカラーとブラックカラーが入荷致しました
極少量入荷ですし、次回の入荷も未定ですので前回買いそびれてしまった方はお早目に

このイデアルの復活で、の革サドルがブルックス・ジルベルトゥと合わせて選ぶ範囲が広がりました

velocraftではお客様から「ブルックスはイギリスだし、ジルベルトゥはプラスティックパーツが気になるし・・・」というご意見を頂くことが多かったのですが、これで解決!

イデアルのビンテージ品は価格が高騰していますし、数十年経過しているのでコンディションが良い物は、そもそも入手可能になることすら稀だと思います

是非ツーリングバイクのグレードUPとして、新しくなったイデアル「90」お試しください

【価格】¥38,000-(税抜)
※完売致しました(次回入荷ご予約承ります)

詳しくはイデアルのFACEBOOKをご覧ください
(グランボアの土屋さんを発見!)

オリジナルボトル限定入荷

久しぶりにオリジナルボトルを製作して貰いました
写真の様に青をグレーの2色展開で、それぞれに「CWS」「velocraft」のロゴが対面にプリントされています
(青は半透明なので、velocraftのロゴも薄っすら見えていますね)

22ozの非常にポピュラーなサイズですので、どんな自転車にも使いやすいと思います

ボトルの性能(飲みやすさや水の出具合等)は、CWS吉祥寺のスタッフの方が詳しいですから、きっとCWS吉祥寺ブログにアップされるでしょう??

CWS吉祥寺・velocraftで、2色各25個の限定生産ですので、ご希望の方はお早目に!
(CWS池袋での販売はありません)

とりあえず、ご常連の皆様1人1本ノルマでお願い致します(笑)

m(_ _)m

【価格】¥1,800-(税抜)

ディスクブレーキの油圧ライン処理

近年のオーダーメイドフレームでは、徐々にディスクブレーキを採用されることも増えてきました

ツーリングバイクでも、まだまだ少数派ではありますが確実に増加傾向にあります
velocraftでは田村編集長の影響が大きいかな?)

ディスクブレーキフレームの場合は今までのカンチやセンタープルとは違うフレーム設計が必要になります
走行性能上特にブレーキを掛ける際にフォークとシートステーの上部に負荷が掛かっていたのが、先端部分の負荷に変わりますのでフレームへの力の掛かり方が変わります
安定した制動力と挙動の安定の為に強度・剛性バランスを変化させる必要がありますが、まだまだこの辺の答えは各社出ていない様に感じます
スルーアクスルやディスク台座の形状・各部材の素材等々規格は今でも頻繁に変わります

そして、ディスクブレーキと言えば油圧制御が主流ですので、ラインのルーティンにも変化が出ています
ワイヤーと違い油圧は当然フルアウター(油圧ライン)ですから、アウター受けという概念が無くなりますし、取付場所にも変化が生まれています

メンテナンス性という点でも違いが出てきます

そこで、velocraftでは油圧ラインに必要な部材を各種ご用意しています
上写真をご覧ください

一番左・・・外装用のアウター台座
タイラップを用いて台座の上に乗せた油圧ラインを固定します
タイラップを切ることで簡単にフレームから分離出来ますので、オイル交換等のメンテナンス性に優れていますが、樹脂部品を嫌う傾向の強いツーリングバイクでは見ため的には?です

左から2番目・・・外装用のアウタートンネル
コチラは、昔からあるフルアウターにする為にトップチューブに取り付けるアウタートンネルです
見ためはスッキリしますが、フレームから油圧ラインを外すにはライン自体を切らなくてはなりませんから、メンテナンス性は上記に劣ります

中央・・・内蔵用フタ大きめ
フレームチューブに油圧ラインを内蔵させるフタですが、大きめに出来ている分更に削り込みある程度自分の好きな形状に変化させることが可能です

右から2番目・・・内蔵用フタ小さめ
同じ様に内蔵用のフタですが楕円形に近い形状の為、クラシックなイメージのフレームにはなりません
モダンなフレームやマスプロ車に近い印象になると思われます

一番右・・・内蔵用フタ・プレス加工
同じ様に内蔵のフタですが形状的に大槻が好みで、プレス加工の為価格も安価に出来ています
既製品を使用する場合には、最もオススメしやすい部材です

以上5種類を在庫しておりますので、フルアウターのフレームや油圧ディスクブレーキを採用してフレーム製作をご検討中の方は参考にしてください

勿論、単品販売しております

【価格】右側から
アウター台座 ¥480(税抜・2個)
アウタートンネル ¥510-(税抜・3個)
内蔵フタ(広) ¥600-(税抜・2個)
内蔵フタ(狭) ¥600-(税抜・2個)
内蔵フタ(プレス) ¥240-(税抜・2個)