2017年10月
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
キムラ製作所テールライト 価格改定

キムラ製作所のバッテリー式テールライトがTL07からTL07Aと型番が変更になり、若干のマイナーチェンジと価格が変更になります

写真をご覧頂いても、マイナーチェンジ部分は解らないと思いますが、直径は僅かに(約0.3mm)細くなりました

その他に違いはありません
フレームへの取付けは泥除けのダルマネジのハカマ部分を利用するか、M5ダボを利用して取り付けますし、電池はリチウムのCR2で約100h点灯します

旧モデル終了後ランニングチェンジでTL07Aになりますが、価格も値上がりしてしまいます
旧TL07が¥6,750-(税抜)でしたが、新型TL07Aは

【価格】¥7,500-(税抜)

となります
マイナーチェンジとは言え、ほぼ製品に違いはありませんので、旧価格で入手出来るのは残3個です

どうぞお早目に
 
 
 

キムラ製作所のテールライトの最大ポイントは、このCR2電池1個で約100時間点灯するということだと思います

100時間ならPBP(フランスで開催される1200kmのブルベ)の最大制限時間90時間で常時点灯しても電池交換が必要ない計算になりますので、1000kmを超えるロングライドには非常に有効だと思います

反面最近のテールライトのトレンドはUSB充電や明るさで電池寿命は、あまり意識されていません

以前キャットアイの方とお話しする機会があって、長寿命のテールライトについて意見を交わしたのですが、確かにブルベユーザー(ランドヌール)の方からは、長寿命のテールライトのご要望はあるが、販売個数の予測で新しく製品を出すほどの需要が見込めないので、今のところは考えていないとのことでした

ちなみに、現在キャットアイで販売されているテールライトの電池寿命を調べてみました(カタログ値・点灯モード)
TL-LD710K 5時間
TL-LD720-R 5時間(ロー)
TL-LD710-R 5時間(ロー)
TL-LD635-R 3時間
TL-AU620-R 6時間
TL-LD650 15時間
TL-AU630 3時間
TL-LD630-R 3時間
TL-LD570-R 30時間
TL-LD155-R 60時間
TL-LD170-R 30時間
SL-LD140-R 30時間
SL-LD140RC-R 2.5時間
SL-LD135-R 15時間

以上が現行製品で点灯モードのあるテールライト
10時間を超える電池寿命は全て乾電池式で、充電タイプは全て数時間しか電池が持ちません

velocraftでもブルベユーザーにはキャットアイのテールライトでしたら、TL-LD155-RかTL-LD570-Rをお勧めしています

LD155は約60時間の高寿命で、価格も売価¥1,600-(税抜)と比較的安価なのが魅力
600kmまでのブルベなら、昼間も含めて常時点灯でも制限時間を超える寿命が魅力です

LD570は寿命は30時間程ですが、オートライト機能でスイッチ操作の必要が無いのが魅力
暗くなれば勝手にライトONになりますので、昼間でもトンネルを抜ける時に点灯しますし、夜間でも休憩中は消えてくれます
手動スイッチだと一旦停車しないとON/OFFは出来ませんから時間短縮にもつながりますので、とても有利な機能
ライト自身も大型で、リフレクターとしての機能もありますので、velocraftで販売しているブルベ用のテールライトとしては最も販売数が多いと思います

ダイナモ式のテールライトなら電池寿命を気にすることが無いので最もオススメですが、コストも掛かりますし、着脱も手間なので、ロードレースとブルベを共に1台の自転車で参加される方には、どうしてもオススメしにくい面もあります

その点バッテリー式のライトなら着脱も簡単ですから、レースや日中のトレーニングならパッと外して使用出来ます

その中でもブルベで使用するなら、キムラ製作所のTL07・キャットアイのTL-LD155 or TL-LD570がvelocraftのオススメです

是非最適なテールライトをご検討ください


ジャイアント2018展示会

昨日H29年8月30日は、ジャイアントの2018年の新車展示会&プレゼンテーションがありました

2018モデルの販売はvelocraftでも既に始まっており、エスケープやエスケープRX・グラビエ等は店頭にも並んでいます

今回の主な発表は、上位グレードやサブカテゴリーとでも呼ぶべき、グラベル系やアドベンチャー系・キッズ等の自転車とアクセサリー系

世の中的には最上位エアロロードバイク「プロペル アドバンスド SL 0 DISC」が最大の関心事でしょうね

新たなエアロフレーム形状に、ワイヤー類ホース類がほぼ内蔵され、空力を重視したエアロホイール、デュラエースDISCブレーキ搭載のロードレーサーで販売価格が¥1,250,000-(税抜)

確かに恰好良いし素晴らしいと思いますが、velocraftとのコンセプトは大きく違いますから、提案をすることは無さそうです

velocraftではデイリーユースからポタリング・ライトサイクリングに適したクロスバイク系・バイクパッキングやロードツーリングに適したグラベル系&エンデュランスロード系を強くご提案していますので、注目は別のカテゴリー

まず、最も大きな出来事はグレートジャーニーの廃止でしょう
決して販売台数が多かった自転車では無かったですが、ロングツーリング用として、10万円を切り、キャリア&4サイドが標準で装備されており、なるべくコストを掛けずに海外ツーリングから日本一周程度のツーリングがしたいユーザーにオススメしていた自転車でした

近年のバイクパッキングスタイルやアドベンチャー系の人気に押されてしまい、遂にその役目を終えてしまいました


現代のツーリングではロードバイクの次にポピュラーはグラベル系ロードの「エニーロード」
バイクパッキング系のバッグ類も付けやすく、ジャイアントからも販売されていますし、オンロードもジープロード的なオフロードも走りやすい30mm幅タイヤ

2018モデルからは上位カーボンフレームのアドバンスドモデルも登場しました


ロードバイク系では、マルチユース系のコンテンドは当たり前として、デファイ(DEFY)も良かった

2017に引き続き全車種ディスクブレーキ搭載で、前後強力なスルーアクスルハブ
佐渡200kmやグランフォント等のイベントからブルベでの使用・バイクパッキングロードキャンピングに使いやすい1台に仕上がっています

短時間でなるべく距離を稼ぎたいツーリングでしたら、機材として最高のパフォーマンスを発揮してくれそうですね

そして、早くも2018モデル掲載のユーザー配布用カタログもゲットしました

velocraftでは部数限定ですが、無料で配布しておりますので、これからジャイアントの自転車はご検討される方は是非お持ち帰り頂き、ジックリとご自身の使用目的にあった自転車をお探しください

ライト台座 個数限定単品販売


泥除けの先端にライトを取付ける為のライト台座です

古物のダイナモ用ライトを知っていらっしゃる方でしたらば「当たり前の分部品」でしょう
しかし、コレに良い物が無いんですよ

今回ご紹介するのは、5~2年前に販売されていた泥除け取付け用のライト台座でメーカーはレインボウ

しかしこの商品も販売個数は少なく、安っぽいユニクロメッキか黒く塗装された2種
ユニクロメッキがあった頃はまだ良かったのですが、2~3年前の頃は黒く塗装された物しか入手出来なくなってしまいました

そこで、当時入手可能な塗装済みのライト台座の在庫を全てvelocraftで買い取り、協力工場にて塗装剥がしとクロームメッキ処理を施して貰いました

数も20個位しかなかったので、店頭での販売は限定5個位しか出来ず、オーダーメイドでフレームを承ったお客様優先で販売してきました

そのオーダーメイドの納車も全て終了し、このライト台座が使用出来るライトも姿を消し、ライト台座の新規需要も消えようとしています

その為残在庫の3個は単品で販売致します

現在入手出来る物ではありませんし、市販品を改造した物なので同じ物は他にありません

泥除け止めのライト台座で、しっかり取り付ける為にU字ステーを追加した付け方をされる方にオススメします

こんな感じに取付けが出来ます

お探しの方がいらっしゃいましたらお早目に

【価格】1個 ¥800-(税抜)