2018年04月
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
TOEIスタンダード セミコンプリート販売




TOEIスタンダードスポルティフフレームを1台ホイールと泥除けをセットにした「セミコンプリート」として組立てて展示販売致します

前回ランドナーをセミコンプリートの状態で展示販売致しましたところ、完成形のイメージが掴みやすいと大変ご好評を頂き早々にご購入頂きましたので、その第2弾

☆☆☆フレームスペック☆☆☆
TOEIスタンダードフレーム
カラー:パールホワイト&金線引き
フレームサイズ:530mm(C-T)
ラグ:イタリアンカットラグ
エンド幅:100x130mm
レバー台座:カンパ型
ブレーキワイヤー処理:内蔵(左上→左上)
対応ブレーキ:57mmサイドプルブレーキ
ボトルケージ:ダウン&シート2か所
ポンプペグ:無
ダイナモ台座:無
チェーンプロテクター:無
シートピラー径:Φ27.2mm
キャリア:Fキャリア(左M5ダボ2か所)

☆☆☆パーツスペック☆☆☆
泥除け:H35-700N(U字ステー&アーレンダルマ止め)
ハブ:シマノ5800系32H
スポーク:星#14-15バテッドスポーク
リム:アラヤ AR-713
リムフラップ:パナレーサー ポリライト
チューブ:パナレーサー 48mm仏 ブチル
タイヤ:パナレーサー パセラオープンサイド 700x25C

サイドプルブレーキを採用しやすくする為に、フォーククラウンにボルト止めしない小型のキャリアを装備していますが、泥除け裏に補強のステンレス板を入れてありますので、小型Fバッグなら充分に支えられる強度はありますので、ご安心ください

泥除けは分割加工を施していませんが、別途ご依頼頂ければ分割加工にすることも可能です
その為にフレームと泥除けステーを繋ぐダルマはアーレン止めタイプを使用しています
分割の場合にはブレーキアーチが決まっていないと分割部が決められませんので、分割加工ご依頼の場合には予めブレーキアーチを装着する必要があります(分割加工工賃¥8,000-(税抜)

最も難しい泥除けとホイールは組み込まれていますので、お客様ご自身で組み立てを楽しまれるのも良し、velocraftにご依頼頂いてフルコンプリートでご納品させて頂くのも良し、お客様のお考えとご都合でお選びください

手元シフトを使用してモダンに作ることも、Wレバーを使用してチョッピリクラシカルに作ることも可能ですので、是非店頭でご覧ください

【価格】完売致しました

安くて普通のラグ


自転車に限らずどんな時でも「普通」が一番良い時があります

今回ご紹介するのは、普通のラグとBBシェル メーカーは台湾のアロテック

ロストワックス製で「普通」のイタリアンカット・「普通」の角度・「普通」のパイプ径ですので、結果大量生産出来、価格も安くご提供出来ます

このラグを入手する前は「安いラグって何かないかな?プレスラグの方が安いけど、ロストワックスの方が恰好は良いよな~」といった具合で探していたのですが、結果今回のラグと比べると、プレス製の見ためが安っぽいラグとの価格差は20%程だったので、ロストワックス製にしました


また、パイプ径も「普通」ですがノーマルサイズという訳では無く、考え方や車種によって「普通」は変わってきます

現在なら「ロードバイクはオーバーサイズパイプが普通」「ヘッドチューブはオーバーサイズAHEADが普通」「ツーリングバイクは1インチJISスレッドフォークにノーマルサイズBBが普通」「BBシェルはJISサイズが普通」だと思っているので、サイズの種類も揃えています

上ラグ・・・Φ31.8x25.4mm Φ31.8x28.6mm Φ36.0x28.6mm
下ラグ・・・Φ31.8x28.6mm Φ31.8x31.8mm Φ36.0x31.8mm
シートラグ・・・Φ25.4x28.6mm Φ28.6x28.6mm
BBシェル・・・Φ28.6x28.6x22.2mm Φ31.8x28.6x22.2mm

これだけサイズがあれば「普通」のロードバイクやツーリングバイクは製作出来ると思います

まずは、これからフレーム製作を始めてみようというホビービルダーの方にもオススメ出来ますし、ロストワックス製ですから精度も良く、更にラグワークを極めたいベテランまで使いやすいと思います

1台に掛かるコストもだいぶ安価になるはずです

是非、ご利用ください

【価格】
上下ラグ ¥1,800-(税抜)
シートラグ ¥2,000-(税抜)
BBシェル ¥4,840-(税込)
※価格は全サイズ共通

リアエンド不足問題

ツーリングバイクでは、フロントリア共に泥除け用のダボとキャリア用のダボを取付ける場合が結構ありますので2か所ダボ穴未対応では話しになりません

ランドナーやスポルティフでしたら、1か所ダボ穴で大型キャリアを取付けないのが一般的ですが、キャンピングやグランツーリズムでは当然必要になってきます

チョット前まではタカハシテクノのリアエンドの2か所ダボ穴タイプを使用していたのですが、ご存じの通り生産は終了していましたから、在庫品のみでの対応
しかし、その在庫も尽きてしまいました

オーダーフレームを依頼するビルダーが独自で在庫を持っている場合は良いのですが、在庫していないビルダーにフレームを頼む時には、上写真のタカハシテクノの1か所ダボ穴タイプに、ダボ単品の部材をお渡ししてロウ付けで対応して貰っています

勿論、それでも実用上の問題は無いのですが、ビルダーに余計な手間を掛けさせてしまいますし、価格も若干上げざるを得ません

現在2か所ダボ穴エンドで、見ためにも恰好良いスッキリしたデザインで、使用パイプが限定されたりキャリアとの相性が悪いソケットタイプ出ない単品販売リアエンドでが、全然無い!!

フロント側は上写真の様に今でもタカハシテクノ製が残っているので問題はありません(いずれ枯渇するのは目に見えていますが・・・汗)

そこで、東叡社の山田さんに相談

「TOEIの2か所ダボ穴リアエンドはどうしているのですか?(真剣)」

「あ~鍛造エンドね ○○○から買えるよ(あっさり)」

ハイ!問題解決

TOEIフレームに使用されているリアエンドを入手しました!
もっと早く相談していれば良かった(汗)

暫くはエンドで悩む必要は無くなりました(のか?)
勿論、単品で販売しています

【価格】¥1,340-(税込・左右ペア)
※角度は65°の1種類ですのでシートステーの割り角度で調整して取り付けてください

------------キリトリ-------------

プレート型のエンドの悩みは解決しましたが、エンドの悩みはそれだけではありません
これからの文に答えはありませんので、あしからず

今、最も悩んでいるのがディスクブレーキ使用時のエンド
勿論、今までのエンドでも別にディスク台座を使用することで対応出来ますし、今までも数限りなくそうやってきました

納車させて頂いたフレームでもお客様から問題点がある様なお話しは頂いていません

しかし、従来のエンドにディスクブレーキを取付けてもどうしても剛性感不足が否めずに特にフロント側が制動力にフォークが負けてしまい、かなりタワミが大きくなってしまっています
走行上危険というほどでは無いのですが、挙動に若干の不安があります

挙動を安定させる為に剛性感を高めていくことは非常に有用
その方法はいくつかあるのですが、性能だけでなく見ためのバランスも考えると難しい

・フォークを太くする・・・Φ25.4mmやΦ28.6mmのフォークブレードだとMTBなら良いのですが、スチールのスッキリしたフレームには似合わない

・スルーアクスルにする・・・エンドが大きくなりスチールフォークだと不恰好 車輪の着脱も手間が掛かる

・クラウン・コラムを高剛性化する・・・サイズに制限があるクラウンやコラムでの調整は難しい 高剛性な製品をオリジナルで製作するだけの資金もノウハウも無い

・制動力を下げる・・・ワイヤー式にする等で制動力を下げることで、フォークへの負担は下がりますが、ディスクブレーキにするメリットが無くなる

ロードバイクならスチールフォークに拘る必要もないので、高剛性なカーボンフォークで如何様にも出来るはずですがツーリングバイクとなると、そうも言えない部分があります

ツーリングバイクにおいては車輪の着脱の容易さは必須だと思っています
スルーアクスルでもコツさえ掴めば、さほど難しいという訳では無いのですがクイックレリースに比べれば作業量が多いのも事実

しかし、通常のクイックレリースではスルーアクスルと比べて剛性感は無く、少しでも剛性感を上げようとレバーをキツク締めるとブレーキの調整が僅かに狂いますし、緩いとブレーキングに車輪がずれてしまいます
キツク締め付けると、手が痛いというのもありますね

走行性能だけを見ればスルーアクスルにすれば良いのですが、ツーリングバイクの場合には性能以外にも輪行やトラブル回避等の要件のウエイトが大きくなります

また単純に剛性をあげてタワミを少なくするだけでは成立しません
フォークのしなりを利用した乗り味の調整も必要ですし、ブレーキング時にフォークのしなってもブレーキングパワーの挙動が安定しないといけません(ブレーキを掛けている時にフォークのしなりでブレーキパワーが強くなったり弱くなったりせずに、一定の制動力を発揮する)

・ホイールの着脱が楽
・ディスクブレーキが安定した制動力を発揮する
・ブレーキを掛けた時にフォークが捻じれない
・見ためがツーリングバイクに合う
・フレームビルダーが加工しやすい

こんなエンドや部材って無いもんですかね??

後は、ユーレーやサンプレに似合うエンドも欲しいですね
見ためはサンプレ・プレスエンドで現在の機能をもってると最高なのですが・・・