2017年06月
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
velocraft流組立て基本編 vol.9

前回でリア泥除けが付きましたので、ソレを分割加工していきます

折角取付けた泥除けですが、一旦全部バラしてからのスタートです


分割加工には本所工研から販売されている分割金具を使用します
勿論単品販売もしております

丸穴が2か所とM5ネジが切られた穴が1か所あり、丸穴はどちらか一方を使用しますが、カンチブレーキの今回は、内側を使用します

丸穴とネジ穴の寸法は30mm

ちなみにセンタープルの場合には外側の穴を利用します


泥除けを半分にカットする箇所にマスキングテープを貼ります

シートステーから後方に20mmの箇所を切っていきます
分割金具の穴間寸法は30mmですから、フレーム側泥除けに20mm取り外し側泥除けに10mmの位置となります

この辺は感覚で決めて頂いてよい寸法で15mmと15mmでも問題はありません

カットする時は金ノコを使用しフリーハンドで切っていますが、力強くノコ歯をたてると泥除けが変形してしまいますので、弱い力で何度もノコを往復させていく様にしてください



カットした断面はバリが出ていますから、ヤスリ等で整えてください
上写真がカット後、下写真がヤスリがけ後になっています

イメージですが、断面を指でなぞっても指が痛くない、引っ掛かりが無い程度まで、丁寧に作業してください


シートステー部に分割金具を挟んでフレーム側の泥除けを取付けます

分割金具はボルト一本で固定されているだけですから、左右に回転しますので、しっかりと分割金具が左右にズレていないことを確認してください


取り外し側の泥除けをフレーム側の泥除けに沿わせて、開けるべき穴の位置をしっかりと確認して、Φ5mmの穴を開けます

この位置はシッカリと合わせておかないとキレイなアールを描いてくれなくなりますので特に注意が必要なポイントです


分割部に取り付けるボルトを用意します

今回はステンレス製の環付きネジを用意しました

但し、環付きネジは単品で販売されておらず、本所の環付きダルマのネジを1個拝借して付けています
手で回せますし、トルクが必要な時にはコインを利用して締められるので便利ですが、なかなか簡単に入手出来ないのでネック
勿論、普通の工具で回すボルトやウイングボルトでも良いと思います

ココも泥除けが割れない様に革パッキンを用意しておきますが、他の箇所と違い厚みが必要な訳では無いので1.5mm厚程の薄い革パッキンを使用しています


一旦ボルトで固定します

この時点で、最初にピッタリと合わせたはずのアールが若干ズレていると思います
必要に合わせて再調整をしていきますが、その範囲は微調整に留まると思います

その後ステーやダルマなど全てのパーツを付けておきます



今回は泥除け止めのリフレクターを取付けます

キムラ製作所等恰好良いリフレクターもありますが、一般的なキャットアイ製にしておきます

キャットアイのリフレクターはどれもΦ45mm以上の大きさがあり、細みの自転車には似合いませんが、今回のH50泥除けは幅が51mmもありますので、さほど違和感は無いと思いますし、何と言っても非常に安価なのが魅力です

きちんと、反射面が地面に対して垂直なる位置に泥除けを穴あけして取り付けてください

ココまできたら全ての作業は終わりですので、一旦全てのリア泥除けを外してピカール等で磨いていきます

フロント側同様に狭い箇所はフレームに付いている状態では磨き込めませんので、外してから必ず作業します


作業代から自転車を外して、地面に置き、少し離れたところから全体像をチェックします

バランスは良いか、リフレクターの角度は良いか、分割部分が目立たないか、等々チェックしてOKなら泥除け取付け終了です

ココまでくれば、後はロードレーサーやクロスバイク・シクロクロスなどと作業は同じです

ホイールにタイヤをはめる・ブレーキアーチを取り付ける・ヘッドパーツを取り付ける・コラムをカットするの4点を除けば、他のスポーツバイクはココから組立て始める訳です

組立て基本編ブログも今回9回目で、撮った写真は100枚弱
如何にツーリングバイクの組立て行程が多いかがご理解頂けると思います

しかも今回は「基本編」ですから、ダイナモコードを通したり、泥除けに特殊な加工を施したりもしていません
実際velocraftのオーダー車組立ての中で最も簡単で雑(悪い意味で捉えないでくださいね)な方法でご紹介しています
複雑な工程の組立ては今回ご紹介している作業内容から3~5倍位の時間が掛かる自転車も多々あります
今回の泥除け取付けの場合、作業工賃は¥11,000-(税抜)ですが、作業工程が多い泥除けの場合には¥35,000-(税抜)位の作業工賃を頂くこともありますので、その作業時間の長さがお解り頂けると思います

これからは各種パーツを取り付けていきますが、そのパーツ選びや考え方・美的感覚を意識して組立てていきます

作業時間的には7~8割を超えた位ですが、文章量やノウハウはイッパイありますので、恐らく今回で折り返し位かな?

続きます・・・


velocraft流組立て基本編 vol.8

リア泥除けの取付け続きです

前回、チェーンステーの幅が泥除けよりも狭い為、泥除けの幅を潰さなくてはならなくなりました

泥除け潰しにはタガネを使用します

タガネをそのまま使用すると、先端が尖っていて泥除けが切れてしまうので、この作業専用に先端部分は丸く削ってあります


写真の様に泥除け裏側から、チェーンステーと泥除けが当たっている箇所にタガネを当ててハンマーで泥除けを変形させていきます

チェーンステーの上下を左右同様に仕上げますので、計4か所作業します


仕上がりはコンナ感じ

今回はダイナモライトは取り付けませんので関係ありませんが、ダイナモコードが同箇所を通っている場合にはコードが傷ついてしまうので、注意が必要です

また、同箇所は泥除けに付いた水滴が下に落ちる道筋でもありますので、完全に潰し切ってしまっても良くありません

泥除けの左右幅をチェーンステー部だけ、狭めて尚且つ他の機能に支障をきたさない微妙な力加減が必要です


ココから先はフロント泥除け取付けとほぼ作業内容は変わりません

泥除け後端部から12cmのところに左右端から20mm中心側に穴を2か所開けます

ダルマとステーを通して・・・


エンドダボに取付け他Rクリップに合わせてステーの長さをカットします

その時にフロント側と比べて若干(1~2mm)短めに切るのがポイントです


写真では解りにくいかもしれませんが、ステーが左右外側に膨らんでいるのがお分かりになるでしょうか

そのままでは恰好悪いので、ステー中央部を左右から手で押し狭めてステーが直線になる様に調整します

その際に若干ステーの長さが変化しますので、ステーを若干短くカットしておく必要があります

僅かな事ですが、こんなところで仕上げの差が出てきます

作業台から自転車を外して、少し離れたところからチェックします

泥除けのクリアランスが均一か、前後から見て泥除けがどちらかに寄っていないか等をチェックして、必要なら修正を加えていきます

これで、後ろ泥除けは付きましたので、次回はこの泥除けを分割加工していきます

ハブダイナモのジレンマ

velocraftではフロントハブが発電機になっているハブダイナモライトを強くお勧めしています

電池残量の心配が無い
乾電池式と比べて、圧倒的に明るい
フロントライトを付ければ、自動的にリアライトもON
発電抵抗もわずか

この様なメリットが有り、レースシーン以外では絶対的に有利だと考えています

実際velocraftでオーダーメイドでお作りする自転車の半数程度がハブダイナモを採用頂いています

しかし、日本のスポーツバイク業界全体ではどうでしょう?
恐らくシェア1%にも満たないのではないでしょうか・・・

レースとトレーニングにしか自転車を使用しなければ、発電式のライトは不要です
しかし、レース活動しかしていないユーザーもシェア1%に満たないでしょう
残りの99%はレースに出場することはあるかもしれませんが、サイクリングをフィットネス・レジャーとして楽しんでいるはずです

そんな方全員にハブダイナモはオススメ出来るのですが、実際のシェアは1%未満・・・

何故なのでしょうか?いくつか原因を考えてみます

1・・・コスト
自転車へ掛けられる費用なユーザーに寄ってバラバラだと思います
ハブダイナモを装備するには最低でも1.5~2万円の費用は発生してしまうので、コストを理由にバッテリーライトにしてしまうのは理解出来ます

2・・・回転抵抗
ダイナモハブを持つと重たいですし、回転もゴロ付きます
回転抵抗はほんの僅かなのですが、説明しても実際に手で感じる抵抗感は確実にあります
フロントハブの抵抗増における速度の低下は高級ダイナモハブを使用した場合、ライトOFF時は約0.04km/h・ライトON時は約0.4~0.5km/hになります(詳しい計算はランドヌールvol.3に大槻が寄稿しています)
「抵抗=悪」であるのは間違いが無いのですが、その抵抗が過大評価されていると思います
ハブダイナモの抵抗よりも、ポジションや着ているウエアの方がズッと抵抗は大きいはずなのですが・・・
また、単体でダイナモハブの重量を気にするのは無意味です
重量はハブとライトの合計重量で見る必要があります電池を含めた高光度のバッテリーライトの方が重いことが多いはずです

3・・・完組みホイールが無い
実は、これが一番の理由だと思います
ダイナモハブは完組みホイールでの販売が殆どありません(一時シマノでも販売されていましたが、一瞬でディスコンになりました)
使用したい、リム・スポークを選んで手組みと呼ばれる昔ながらの手法で組み立てるしかありません
個人で組み立てるのは、かなりの経験と工具が必要ですからショップに依頼することになると思いますが、ショップも決して楽な作業という訳ではありません
特にスポーク長は1mm単位で多種存在し太さも色々ありますし、作業時間も結構掛かります
つまり、ハブダイナモを販売するのが面倒くさいと考えているショップが意外と多いのでは?と考えています
また、完組みホイールユーザーが新たにハブダイナモにすると、フロントとリアホイールが違ったホイールになってしまいます
デザイン的にも前後のホイールを揃えたいと考えるのは普通の事だと思いますので、ハブダイナモにする為に前後ホイールを買い換えるということになり、ハードルは上がってしまいます
完組みホイールの方がホイールの性能として高いということもあります

性能が良いのに、普及しない
使えば絶対に優れていることは理解してもらえるのに、試してもらう場も無いし、使う前に先入観を取り払ってコストを掛けてもらうことは難しい
 
 
 
 
 
モヤモヤモヤモヤ・・・
 
 
 
 
 
!!!!!!!!!
 
 
 
 
 
リムドライブ式ダイナモに現代の機能を持たせたら・・・
 
 
 
 
 
あった!!!!!
 
 
 
 
 




ドイツ・VELOGICAL社から発売されているリムドライブ式のダイナモ
出力は6V-1.5Wですので、昔の6V-3Wのダイナモに比べて抵抗感も圧倒的に軽いですし、LEDタイプのフロントライトなら必要なのは1W程度ですから、テールライトも併用で使用出来ます

2芯式のコードを採用しており、現行のハブダイナモ用のライトがそのまま取り付け出来ます

これが上手く付けば、現代の高光度ライトをリムドライブ式で使用出来、ダイナモ本体はリムに当てなければ当然ライトOFF時の抵抗は0W
ホイールを変更したり、組立てたりする必要が無いので、高性能な完組みホイールが使用可能

早速、個人でサンプルを輸入し取り付けてみました


ダイナモはバンドで固定するので、Φ14~22mm程度のシートステーに装着OK
付けた見ためは恰好良い・・・・・・とは言えず(汗)
取付け方法は直付け等も含めて多いに検討の余地がありそうです

実際の回転抵抗は少なく良さそうですし、ライトも安定的に点いています
後は防水性や耐久性等をチェックしてみようと思います

上手く行けば輸入販売もしていこうと考えていますが、恐らく販売価格は2万円を超えそう・・・

とりあえず、実験台になって色々試してみようと思います
フランス・アレックスサンジェのオリビエさんも最近このダイナモを採用しているので、性能的は大丈夫だとは思いますが・・・