2017年08月
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
ロイヤルノートン 価格変更のお知らせ

velocraftでは東叡社の次に人気のオーダーメイドフレームメーカー・ロイヤルノートン

他社と比べて、納期が早い(複雑なフレームで無ければ半年前後)、価格が安い、フレーム部材の持込可、ロゴ無し仕様可能、キャリア制作可能等、ユーザーフレンドリーなカスタムフレームが特徴です

残念なお知らせとなってしまいますが、H29年6月よりフレーム価格が値上げされました

ノートン自転車さんのWEBサイトは、ほぼ更新されていないので情報がかなり古い為、価格のご案内をしておきます
※価格はvelocraftでの場合です
 他ショップ様と価格が異なりますので、ご了承ください

ツーリングフレーム基本価格 ¥130,000-
仕様は下記を含みます
カイセイ022 フルセット
フロントフォーク
ロンシェン製 3点ラグ及びBBシェル
ストドロプレートエンド 前後共にダブルアイレット
カンチブレーキ台座
ブレーキワイヤベア(アウター受け2か所)
シフトレバー台座及びチェーンステーアウター受け
シートチューブ及びダウンチューブ ボトルケージ台座
リアブレーキアウター受け
チェーンフック
泥除け用隠しネジ3点
単色塗装(メタリック・パール等の特殊カラー除く)

コレをベースとして、工作やフレーム部材により変動します

・フレームサイズ
スタンダードサイズ(650x38A・480~560mm)¥0-
その他フレームサイズ(~470mm・570mm~)¥3,000-
フレームサイズオーダー ¥5,000-

・フレーム部材
カイセイ8630使用 ¥20,000-
カイセイ017使用 ¥4,000-
カイセイ019使用 ¥2,500-
カイセイ024使用 ¥2,500-
パイプ(11本)持込 -¥8,000-
ラグレスorラグ持込 -¥3,000-
フォーククラウン持込 -¥1,500-
フォーク無し -¥12,000-

・特殊加工(作業箇所に関わらず基本料として¥3,000-)
巻きシートステー ¥4,200-
クロスシートステー ¥4,200-
集合シートステー ¥74500-
Rブレーキワイヤー内蔵 ¥8,400-
松葉型ブレーキアウター受け ¥2,500-
FD直付け台座  ¥2,800-
ブロックダイナモ台座 ¥4,500-
リアダイナモ台座(内蔵加工・ダウンチューブ裏出込み) ¥2,700-
ダイナモコード用ループ(1か所) ¥1,000-
チェーンプロテクター(ゴム帯) ¥1,000-(ゴム別売)
チェーンプロテクター(スポーク2本まで) ¥2,500-
ポンプペグ ¥2,200-
キャリア用取り付け台座1pr ¥2,200-
センタープル台座(前後合わせて) ¥2,400-
ディスクブレーキ台座(前or後) ¥16,500-
センタースタンド台座 ¥2,500-
ボトル台座追加 ¥3,500-
シマノDi2内蔵穴 ¥12,000-

・メッキ(作業箇所に関わらず基本料として¥7,000-)
フロントエンド ¥3,000-
リアエンド ¥5,500-
ヘッドラグ(上下合わせて) ¥7,000-
シートステー蓋 ¥6,000-
右チェーンステー ¥6,000-
フォーク1/2 ¥4,000-
バック1/2 ¥12,000-
フォーククラウン ¥3,000-
フォークオール ¥8,000-

・塗装
1色増し ¥6,000-
パールorメタリックカラー ¥2,500-
ラメカラー ¥2,700~(ラメ量により変動)
RAW(クリア)カラー ¥11,500-
線引き ¥6,000~(内容により変動)
泥除け塗装 ¥13,000-
泥除け線引き ¥20,000-
塗装無し -¥12,000-

代表的なフレーム工作のみ記載していますので、その他特殊加工やキャリア制作は別途お見積り致します

また、フレーム制作だけでなく、フレーム修理や再塗装・キャリアのみ制作等も承っておりますので、詳しくはvelocraft大槻までご相談くださいませ
 

引っ越しアルアル

高田馬場に引っ越すタイミングで、旧吉祥寺店舗や埼玉八潮にある倉庫を整理しました
引っ越し作業はなるべく簡単に短時間で済ませたいですから、前準備に多くの時間を割きました

そうすると、意外なところから意外な物が出てくるのが「引っ越しアルアル」
殆どの場合ゴミやゴミに近い物ですが、たま~に「お宝」が出てきます

そして、今回こんなモノが出てきました

フランスVAR「泥除け用穴あけポンチ」

現在同種のポンチは各社生産されておらず非常に希少ですし、あったとしても刃がダメになっていることが殆どです

泥除け用穴あけポンチは日本では、ホーザン製のものが現存数として最も多いと思いますが、出てきたのはフランスVAR製で刃の状態も新品とはいかないものの良好です
年代は良く解りませんが、そんなに古い物では無さそうです(30年位前?)

嬉しくなって早速、泥除けの切れ端で穴を空けてみました



左・ポンチ 中・ボール盤 右・テーパーリーマー

3種を比べてみると・・・
作業時間はポンチが一番早く、続いてボール盤、テーパーリーマ―の順
真円度はテーパーリーマ―が最も精度が高く、ボール盤、ポンチの順
バリの多さはボール盤が最も少なく、ポンチ、テーパーリーマ―の順
位置決めのしやすさはテーパーリーマーが簡単で、ボール盤、ポンチの順

それぞれに良さが有り甲乙は付けにくいのですが、総じて考えるとvelocraftが従来から作業しているボール盤が最も良さそうです

使い慣れればポンチも良いのですが、工具のクセを見抜かないと1mm前後のズレが出やすいのでテクニックが必要
テーパーリーマ―は最もコストが安く済みますが、作業時間は多種よりも圧倒的に長く掛かってしまいます

折角出てきたVAR泥除け用穴あけポンチですが、歯が擦り減るのも勿体ないので大事にしまっておこうと思います(笑)

シュミット velocraft別注品 再入荷

独・シュミットのハブダイナモ
日本では名古屋にあるPRインターナショナルさんが輸入代理店をされています
勿論velocraftでも仕入れているのですが、残念ながらシュミットの全ラインナップを輸入・在庫されている訳ではありません
日本国内での需要数やマーケットを考慮すると仕方が無いとは思うのですが、velocraftで扱いたいのに輸入されていない物もあります

そこで、わがままを言って別注で輸入してもらい販売している商品があります
基本的に注文を出してから3か月~半年入荷までに掛かるので、欠品を起こしてしまうこともしばしば御座いますが、本日再入荷してきました


エデュルクスⅡハンギング

ハブダイナモ用定番ライト・エデュルクスⅡは取付け部のΦ6mm穴を下に取り付ける様にレンズ・ミラーが装備されていますが、ハンギングは字の如く取付け穴が上で、上下逆さまに取り付けるタイプになっております

エデュルクスⅡ用に専用キャリアを装備したり、フォーククラウンに取り付けが可能な自転車の場合には必要ありませんが、裏返してしか装着出来ない場合には大変便利なライト

【価格】¥27,000-(税抜)


テールライトforマッドガード

泥除け止めタイプのハブダイナモ給電テールライト

本体にスイッチ類は無く、フロントライトのON/OFFでテールライトも同時に制御しますので、フロントライトをONにすれば自動でテールも点灯します

ブルベではテールライトの「点灯」は必須ですし(点滅は基本×)電池の寿命を気にせず使えますので、ランドヌールの方に大変好評

泥除け用以外のシートピラー用とリアキャリア用は日本でも輸入されていますが、泥除け用は基本未扱い
泥除けに合うテールライトが無いなんて、velocraftでは考えられませんから別注しています

【価格】¥13,000-(税抜)

この2種を含めた組み合わせで最強のライトシステムを構築してみてください