2017年03月
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
TOEI 展示販売用フレーム入荷



TOEIスタンダードの展示販売用フレームが1台入荷致しました

今回は伝統色「金台赤」カラーの700x28Cスポルティフ

700x28Cですから、ピュアなスポルティフというよりも若干ランドナー寄りのシルエットとなりますので、日帰り~週末1泊2日ツーリング程度に最適なフレーム

オーソドックスなスペックのフレームですから、パーツ次第で様々な用途に向いたツーリングバイクが制作出来ると思います

☆スペック☆
フレームサイズ 560mm(C-T)
タイヤサイズ パナレーサー 700x28C
ブレーキサイズ ダイアコンペ GC610直付け
エンド幅 100x130mm
カラー 金台赤

パイプ カイセイ022
ラグ イタリアン
エンド TOEIオリジナル
リアブレーキ 右上→左上内蔵
シートピラー Φ27.2mm
ボトル台座 シート&ダウン2か所
ダイナモ 無
チェーンフック 有
チェーンプロテクター 無
キャリア フロント 右M5ダボ2ヶ 左M5ダボ1ヶ

【価格】¥168、100-(税抜)

決算記念セール! 11月末まで!

10月に行いました8周年記念セールはパーツ類・工賃の特別割引にてご提供してきました
おかげ様で、過去最高のパーツ類売上を達成することが出来ました
有難うございます

しかし「自転車は割引しないの?」という多数のご意見を頂きましたので、11月11日(金)から完成車&フレームの特別割引セールを開催致します!

TOEIを除く全展示完成車&フレームを店頭表示価格から更に10%OFF!

最新のTernやDAHONのフォールディングバイクも、ロイヤルノートンのオーダーメイドフレームも、2016年モデルで型落ちになった特価完成車も、店頭展示品なら更に10%OFFにてご提供致します

是非この機会にご来店頂き、憧れのアノ自転車を手に入れてください!

※TOEIの展示フレームは除外とさせて頂きます
※お取り寄せ品は除外とさせて頂きます
※期間はH28年11月28日(月)までとなります
※10%OFFとは、店頭表示の割引率から10%更に割引いた価格とさせて頂きます

POSシステム 30周年

パナソニック・セミオーダーシステム「POS」が2017年で30周年を迎えるそうです

velocraftではTOEIやケルビムなどのフルオーダー車、アラヤなどのマスプロ車の影に隠れてしまうことも多いですが、POSもお取扱いをしています

実際の販売(受注)開始は12月からですが、2017年モデルのカタログを入手し、全体像が見えてきました
(配布用のカタログはもう少々お待ちください)

ツーリング車として販売している2種は基本的に継続ですので、ロングツーリング用のOJC・快走ツーリング用のFSS(フレーム販売のみ)に変更はありません

ブルベ出場者(ランドヌール)御用達のディスクブレーキ用のORCDもフレームに変更はありませんが、完成車は若干の値上げとなりました

ツーリングロードとしてvelocraftで最も多く販売したORCが廃番となり、泥除け装着が可能なツーリングロードは残念ながら廃番となってしまいました

パッと見ロードレーサーでありながらも、700x25Cでフル泥除けが装着出来て、ガンバレばキャリアも装着出来るとあって、非常に使いやすいツーリングバイクだったんですが、残念です

そしてvelocraftの販売には影響は無いのですが、MTBもラインナップから消えてしまいました
CWSグループではPOS開始直後の30年前から販売をし続けており、当時の弊社スタッフがパナソニックチームに在籍し、世界戦に出場したこともあり思い入れのあるMTBだったのですが、時代の波なのでしょうか・・・

その変わりにラグ付きインテグラルヘッドのスチールロードバイクが増えました

その他は価格の調整等はありますが、若干の変更を除き継続商品が多い様に感じます

2017年もvelocraftではPOSシステムを継続販売していきます!!

------------------------------------------------------------

パナソニックの開発担当者と先日打ち合わせ・情報交換を致しました

毎年この時期に開発担当者の方お会いするのですが、内容は詳しくはお話し出来ませんが、2018年モデルの開発について、2時間程濃~い話し合い

自転車の現場の意見を吸い取り、実現可能なニューコンセプト・ニューアイテムを日本で生産するパナソニック・POS

気が早いですが、今から2018モデルも楽しみです