2017年08月
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
ジャイアント 2018エスケープR3

先日ご紹介した2018モデル ジャイアント エスケープR3
6月中~下旬の予定としておりましたが、サイズ・カラー限定で早くも入荷致しました

今日の入荷はブラックMsizeとホワイトMsizeが各1台

早速2017モデルと2018モデルの違いをチェックしました


上2018モデル 下2017モデル

ハンドルバー同じ・グリップ同じ・ギア関係同じ・ブレーキ関係同じ・ホイール系同じ・・・
ってことで、スペックは全て同じ!
つまりは継続モデルで変更なしか・・・と思っていたら、ロゴマークが違います

2017モデルのブラックカラーのロゴはホワイトで、ホワイトカラーのロゴはブラックでしたが、どちらもグレー(シルバー?)カラーに変更されています

その他のカラーやサイズに関しても、出来上がり次第徐々に入荷予定ですので、お楽しみにして頂きたいですが、2017モデルのオレンジとグリーンはサイズによっては店頭在庫・メーカー在庫がございますが、売り切れ次第終了となりますので、お気に入りの方はお早目におねがいします
※現在(H29年6月1日)オレンジXSsizeとグリーンMsizeが各1台店頭在庫有り
 グリーンMsizeを除くグリーンとオレンジはメーカー在庫有り

CWS高田馬場時代から「エスケープ祭り」とか「エスケープ専門店」と一部で呼ばれるほど、ジャイアント エスケープシリーズが得意なショップでしたが、velocraftに店名が変わっても、その勢いは止めません!

デイリーユースとしては勿論、ライトツーリングモデルとしての使い道もこれからドンドン提案し続けていこうと思います

【価格】¥50,000→¥47,500-(税抜・2017&2018共に同価格)

キムラ製作所 フロントライト再入荷(追記)

新店舗になって初入荷のキムラ製作所のライト類

約10か月ぶりに、フロントライトの店頭在庫が出来ました!

ネジ1本止めタイプのLH05は6本と比較的余裕があります
ネジ2本止めタイプのLH08は1本と決して数は多くありませんが、今なら即納出来ます

LH05はリチウム電池を使用するタイプで、小型の割りに長寿命ですが電池価格は意外と張りますので、ランニングコストは若干高め
ニットウ製のFキャリア脚にダボ一つに丁度良いサイズ

LH08は単三電池2本使用するタイプで、クラシカルな探見ライト的なデザインが魅力です

ご予約品を優先していますので、なかなか店頭在庫も出来ないライトですので、この機会に是非、ご利用くださいませ

【価格】
LH05 ¥11,250-(税抜)
LH08 完売致しました ご予約承ります
※希少品の為、店頭販売とさせて頂きます 通販をご希望の方は次回分としてご予約を承りますので、ご了承くださいませ
※取付けステーは別売です
 取り付けるダボ穴をご確認の上、別途お求めください
 現在(H29年5月29日)各種在庫ございます

ジェイミス コーダスポーツ

アメリカメーカージェイミスのスチールフレーム・クロスバイク「コーダ」

特に大きな特徴も無い、シンプルでベーシックな作りですが、ライトなツーリングやコストを抑えたツーリング車作りにモッテコイの1台となっています



最近のスチールフレームはソケット式のエンドを採用しているパターンが多いのですが、エンド部よりもシートステーが外へ大きく、はみ出て取り付けることが多くリアキャリアを装備する際にフレームとキャリアの干渉が大きくなり、隙間に5mm程のスペーサーを使用しなくてはならないケースが多々見受けられます(プレート式でも起こり得ますが)

ソケット式は製造も簡単で、火入れ時間も短く済むので、キャリアや泥除けを付けない場合には強度が落ちない・エンド部の剛性感が上がるなどメリットが大きいのですが、ツーリング車として考えると泥除けもキャリアも取り付けることが基本ですから、デメリットが多くなってしまうと考えています

勿論、アルミフレームでは直TIG溶接になる場合が多いので、仕方が無いとは思いますが、スチールフレームでは、ソケット式では無くプレート式にするべきだと思っています

特にキャリアが取り付くダボ穴は場合により10kg以上の負荷が掛かりますから、スペーサーを入れて外に膨らませると取付けボルトやダボ穴への負荷が強くなり、トラブル原因にも繋がりやすいはず

その点コーダはプレート式のエンドを採用し、更に前後共にダブルアイレットですから、前後共にキャリアが違和感なく装備出来ます

更にリアにはシートステー上部・フロントにはフォーク中間にそれぞれダボ穴が付いていますので、700c対応のキャリアなら、殆どのタイプが装備出来る様になっています

多くのツーリング車やオーダーメイド車を扱ってき来たからこその注目点だと思いますが、重量だとかギア段数以上に重要な部分だと思っています
単純にクロスバイク=初心者用のスポーツバイク・デイリーユースのスポーツバイクとして軽視されがちですが、velocraftではフラットハンドルのツーリング車としての位置づけも考えて品揃えしています

現在(H29年5月28日)ブラックの17インチを在庫しておりますので、是非ご覧くださいませ

【価格】¥65,000→¥61,750-(税抜)