2017年08月
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
TUBUS ディスコ リアキャリア

velocraftではロードバイクも積極的に展示販売する様になりました
ロードバイクとは言ってもピュアレーサーと言うよりも、現代のツーリングの主流(?)ともいえる「スピード感を重視した、短距離ツーリング」用のロードバイクを多く取り揃えています
なるべく、巡航速度を上げて日帰り~1泊or2泊で・1日の走行距離が数十km~100km+αという方向けのロードバイク

ラレーのスチールフレームモデルやジャイアントのコンテンドシリーズを中心にビアンキ・GIOS・パナソニック等を扱っておりますし、勿論ケルビム等のオーダーメイドフレームも得意分野です

そんな中で、ロードバイクでもっと荷物を装備したい、キャンプツーリングをしてみたい、という悩み相談を頂くことが一気に増えてきた様に感じます

基本的には、ロードバイクにキャリア装着はオススメしていないのですが、ツーリングバイクを新たに用意しても続くかどうか解らない・とりあえず手持ちのロードバイクで試してみたいというご要望を多く頂戴します

そこで、モダンツーリングバイクを制作する時に最も人気のあるドイツ・TUBUSから発売されているロードバイク用リアキャリア・ディスコをご用意しています
※H29年5月21日現在在庫あります

ダボ穴では無く、リアクイックリリースでホイールと共締めして固定するタイプですので、かなりの確率でロードバイクに取り付けることが可能です

耐荷重もそんなに高く無いですが、フレームへのダメージを考えると10kg程度が限界値だと思いますので、十分な強度は有しています

1点注意ですが、ロードバイクは他車種と比べてリアセンター長が短いので、踵とサイドバッグがぶつからないかの確認を強くお勧めするので、ご検討中の方は現物合わせをしてからお求め頂けます様お願い致します

ロードバイクツーリングの可能性を広げるアイテムだと思います
ロードバイクで積載についてお悩みの方は是非お試しください

【価格】¥20,000-(税抜)

TUBUS ディスコ リアキャリア

velocraftではロードバイクも積極的に展示販売する様になりました
ロードバイクとは言ってもピュアレーサーと言うよりも、現代のツーリングの主流(?)ともいえる「スピード感を重視した、短距離ツーリング」用のロードバイクを多く取り揃えています
なるべく、巡航速度を上げて日帰り~1泊or2泊で・1日の走行距離が数十km~100km+αという方向けのロードバイク

ラレーのスチールフレームモデルやジャイアントのコンテンドシリーズを中心にビアンキ・GIOS・パナソニック等を扱っておりますし、勿論ケルビム等のオーダーメイドフレームも得意分野です

そんな中で、ロードバイクでもっと荷物を装備したい、キャンプツーリングをしてみたい、という悩み相談を頂くことが一気に増えてきた様に感じます

基本的には、ロードバイクにキャリア装着はオススメしていないのですが、ツーリングバイクを新たに用意しても続くかどうか解らない・とりあえず手持ちのロードバイクで試してみたいというご要望を多く頂戴します

そこで、モダンツーリングバイクを制作する時に最も人気のあるドイツ・TUBUSから発売されているロードバイク用リアキャリア・ディスコをご用意しています
※H29年5月21日現在在庫あります

ダボ穴では無く、リアクイックリリースでホイールと共締めして固定するタイプですので、かなりの確率でロードバイクに取り付けることが可能です

耐荷重もそんなに高く無いですが、フレームへのダメージを考えると10kg程度が限界値だと思いますので、十分な強度は有しています

1点注意ですが、ロードバイクは他車種と比べてリアセンター長が短いので、踵とサイドバッグがぶつからないかの確認を強くお勧めするので、ご検討中の方は現物合わせをしてからお求め頂けます様お願い致します

ロードバイクツーリングの可能性を広げるアイテムだと思います
ロードバイクで積載についてお悩みの方は是非お試しください

【価格】¥20,000-(税抜)

ジャイアント 2018 エスケープR3



ニューカラー2色登場!

CWS高田馬場時代から引き続き、メインで展示している超定番クロスバイクのジャイアントエスケープR3の2018モデルが発表されました

発売は6月中旬から下旬を予定しておりますので、お楽しみに!!

詳しいスペック等はジャイアントのホームページをご覧ください

【価格】¥50,000→¥47,500-(税抜・予定)

通勤・通学等のデイリーユースが主戦場のクロスバイクですが、現代のツーリングバイクとして最も多く使用されている車種でもあります

吉祥寺時代の旧店舗では、ピュアなツーリング車はvelocraftで、ライトなツーリング車であるクロスバイクはCWS吉祥寺でという棲み分けが出来ていて、大学のサイクリング部でも、velocraftに来る大学とCWS吉祥寺に来る大学は全く違っていました

velocraftでは、その両方のニーズに応える為にもエスケープR3は必須車種だと思っています

ロードバイクでツーリングよりも、クロスバイクでツーリングの方がスピード感は落ちますが、マルチパーパースな用途で使用出来て、現代の多数のスポーツバイクショップではツーリングにクロスバイクやツーリング用にモディファイしたシクロクロスベースを勧めているのではないでしょうか?

初心者向けとつい見られがちがクロスバイクですが、新velocraftでは敷居の低いライトツーリングバイクとしてオススメしていこうと考えています