2018年04月
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
TOEIフルオーダー考察 vol.9

スチールフレームではロウ付けの際に火で炙りますから当然熱が発生し空気が膨張します

パイプとパイプを接合する為にはロウ材がラグの内側やパイプの内側に浸透しなくてはなりませんが、パイプ内の空気が膨張し続けるとロウ材を流し込もうと思っても空気が邪魔をして上手くいきません
その為にパイプには必ずロウ材を流す入口と空気が出る出口が必要です

所謂「ガス抜き穴」ですね

TOEIフレームではどの様に開いているのでしょうか?



チェーンステーブリッジには中央部下向きに1か所、シートステーブリッジには左右下向きに2か所

シートもチェーンもステーはブリッジが付くところに穴は開けずにブリッジに穴を開けています

シートステーブリッジは左右どちらか1か所でも良いはずですが、シンメトリー性を高める為でしょうか?左右均等に開いています



シートステーは上端は2本巻きなりハス切りなり、何かしらの方法で蓋がされていますので、空気の通り道はありません
その為、左シートステーはエンドとのロウ付けは外側のみで行い、内側は埋めずにそのままにしてあります
ダイナモコードを通すは当たり前ですが、コードが無い場合も左内側はロウ付けをしていません
その為左シートステーはガス抜き穴無しで仕上がっています

右シートステーはチェーンとの干渉を防ぐ為にシートステーに潰し加工が施されています
その為空気の逃げ道は塞がれてしまいますので、下部下向きに1か所穴が開けてあります

以上がフレームのガス抜き穴で計4個が今回のフレーム

ロウ付けの方法で、左シートステーのエンド部分を埋めるなら指定をしてガス抜き穴を追加する必要がありますし、その他部材による違いもありますので基本ガス抜き穴はお任せにするのが一般的ですが、位置や穴径を指示することも可能です(矛盾点が無い様にお気を付けください)

この様にTOEIフレームは最低限の穴しか開いていませんので、綺麗なフレームと言えるかもしれませんが、「ガス抜き穴=水抜き穴」とも言えますので、使用上の注意があります

メイン3角は全てパイプ接合部は空洞になっています(ラグレスでもBBシェルやヘッドチューブにパイプ内径よりも小さめの穴を開けています)

その為シートピラー部から雨の日等の走行で僅かながらにフレーム内部に水が浸入します
TOEIフレームはシートステーを除きメイン3角&ヘッドチューブ&チェーンステーはパイプ内部は繋がっています

その為侵入した水はフレームの最も下にあるBBシェルに溜まってしまいます
BB下に穴が開いていればそこから抜けていきますし、チェーンステー後端部に穴が開いていれば自転車を立てることでチェーンステーを通って水が落ちていきます

しかしTOEIはBBシェル裏にもチェーンステーにも穴が無い構造ですので、水が抜けません
水分がずっととどまっていれば、当然サビに繋がります

シートピラー部からの浸入は僅かかも知れませんが、シフトワイヤーを内蔵にすると侵入量は更に増えてしまいますので、特に注意が必要です

BBのグリスUPやオーバーホールなどで、BBを外した時にサビを含んだ水がビシャー!!!とこぼれ落ちてくることも何度もありましたし、長年放っておいてサビが進行してBBシェル付近のパイプが破断したりと結構トラブルも見てきました

サビを防止する為には、シートピラーを外してから晴れて乾燥した日にフレームを裏返してフレーム内部を乾燥させてあげます

雨の日の走行後に是非行ってください

または、フレームの制作時に水抜きの穴をBBシェル下部に開けておくように指示を出すことも出来ます
穴が開きっぱなしになることを嫌って、M5やM4のネジを切ってもらいビスで穴を塞ぐ方もいらっしゃいます(時価・殆どの場合が無料)

ガス抜き穴も奥が深いですね
フォークのガス抜き穴はもっと難しいですヨ

その話はまた次回・・・

レイノルズ RブレードΦ24入荷

レイノルズのクロモリ製(525)Φ24mmOVALフォークブレードが入荷致しました
今回の入荷分から厚みが1.1-0.8mmになっております

TIPは13mmですので、ロードバイク用・剛性感が必要なスポルティフ等に向いています

長さも420mmとかなり長めです

650x42Bで長さ360mm位・700x32Cで長さ390mm位が必要ですが、420mmでしたらかなり余裕を持って製作することが可能です

その場合で先端部のみをカットする製法ですと、360mm位だと太さ約15mm、390mm位だと約14mmになりますので、かなり「太い」フォークが使用しやすくなります

ディスクブレーキ専用のフォークブレードはTIP17mm程度で製作されていますから、この太さならディスクブレーキの採用も充分考慮頂けると思います
シボリの入った先端部分も0.8mmですから実際には1.2mm位の厚みはあります

勿論、スマートなフォークを製作する場合は根本部分をカットしてTIP13mmを活用することも出来ます

Φ23mmOVALも在庫がありますが、コチラは1.2-0.7mm厚になっておりますし、シボリの位置の違いもあります(写真・上)

Φ23mmの方が直線部分が長いですよね
フォークが硬くなりがちなミニベロの場合は、この直線部分が長い事は有利に運ぶと思います
※検証できる程の実績はありませんが(汗)

また、Φ23mmは長さ395mmですので、700x32Cがほぼ限界長
それ以上の長さが必要な場合は当然剛性感も必要になりますから(長い程たわみ量が大きくなる)Φ23mmは大口径極太タイヤには向いていないということですね


見ため的にも太さの差は一目瞭然だと思います

製作する自転車で、クラウン形状で、使いわけてください

それにしてもレイノルズは切断面が汚いですね(笑)パイプの潰しも製品によってマチマチ(使用出来ない程ではありません)
カイセイならこの辺の精度もキッチリしているのですが・・・
イギリス製ということでご勘弁ください

【価格】¥8,800-(税抜・2本)

TA ゼファーチェーンリング入荷

年も明けてボチボチとメーカーさんも動きだし、velocraftでは「初荷」が続々と入荷中

まずは、TAの欠品していた商品が入荷してきました

PCD110mmサイズのチェーンリングゼファー、その中でもダブル用の最少ギア33Tが入荷しました

通常PCD110mmの場合34Tがインナーの最少歯数なのですが、コレは限界ギリギリまで歯数を小さくして33Tを実現している唯一のチェーンリング

ツーリングバイクでは、歯数を小さくしたいというご要望が本当に多いのですが、シマノもカンパも大手はダブル仕様では34Tが最少ギア

ほんの1T差ではありますが、ギア比を軽くすることが出来ます
デザイン等でPCD110mmのクランクは付けたいけれど、なるべくギア比を軽くしたい方にオススメです

また、上写真の様に9~11S対応と本体に記載されて、TA社Webサイトでは8Sにも対応と記載されている、結構アバウトなチェーンリング

大槻の経験上ですが、9/10Sが最も相性が良いと思います

8Sで使用する場合は、インナーに入れてリアをトップ3枚のどれかに入れるとチェーンとアウターが干渉してしまい、トップギアに入れるとアウターの大きさにもよりますが、アウターとの干渉でガチャガチャとチェーンが暴れてしまいます

11Sではインナーxローギアの時に若干FDとチェーンを擦らせないとアウター位置の調整が上手くいきません

メーカーがOKと言っている以上「使用出来る」で良いのかも知れませんが、完璧なシフト調整は難しいと思います

また、必須条件として10/11Sの場合はアウターとインナーの歯数差が12T以上必要になります


TAの現行クランクの最高峰「カルミナ」に取付けてみました

カルミナはクランクのみの販売で、別途チェーンリング・スパイダーアーム・5ピンを用意する必要がありますし、BBもISOテーパーなのでタンゲやシマノのBBは使用出来ませんから、かなりの高級クランクセットとなります

カルミナクランク・・・¥32,000-(税抜・165mm&170mm在庫有り)
スパイダーアーム・・・¥13,000-(税抜・110mmダブル&トリプル在庫有り)
5ピン・・・¥3,500-(税抜・アルミ製・シルバー在庫有り)
アウターギア・・・¥7,900-(税抜・ゼファー48T在庫有り)
BB(TA・AXIX)・・・¥24,000-(税抜・Wギア用116mm在庫有り)

上記インナーと合わせたクランクセット&BBで総額¥85,400-(税抜)とかなりの高級品ですが、フランス製であることと、このデザインは何にも代えがたいと思います

TA社製品はその他10/11S用チェーンリング・シリウス11や5VISチェーンリング各サイズ・5VIS用クランクピン&W/Tピン等も在庫していますので、合わせてご利用ください

TAの商品も色々とありますが、大本命の5VISクランクは70周年限定生産モデルの国内完売以降入手は出来ていません
何とか再生産や国外のどこかしらの在庫品を入手出来ないものでしょうか???