2018年04月
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
SW WATANABE 展示車入荷 (前編)




珍しく(?)SW WATANABEの展示フレームをご用意致しました

【価格】¥231,482-(税抜・フレーム&フォーク&キャリア)

velocraftではオーダーメイドフレームは圧倒的にTOEIが人気で、「納期が待てない」「もう少しリーズナブルに仕上げたい」という方がロイヤルノートン、ツーリング車でありながらもモダンで先進的なシルエットを好まれる方がケルビム、ツーリングロード系で価格を抑えるなら鶴岡レーシング、という感じで承ることが多く、他の工房はあまりありませんが、SW WATANABEも年間1~2台のペースで、ご要望を頂き販売しています

販売台数が少ないのに当ブログでは度々登場するSW WATANABE
「何故か?」っと申しますと以前にも書いたことがありますが、大槻が古くからお世話になっている為

CWSグループの倉庫があるのが埼玉県八潮市
そこから徒歩10分程にSW WATANABEは工房を構えていらっしゃいます

大槻が入社当時はロードバイク=スチールフレームでしたし、現在は倉庫業務のみですが当時は自転車店として営業もしており、入社時に倉庫担当だった大槻も毎日働いていました

常連さん達が乗るロードバイクといえばSW WATANABEが圧倒的に多く、フレームの受け取りや修理等で、ちょこちょこ脚を運んでは様々なことを勉強させて貰っていました

そんな事がありましたから、大槻の最初のオーダーは当然SW WATANABE
恐らくSW WATANABEで一番最初にAHEADフォークをオーダーしたのは私でしょう!
20歳チョイの若造がSW WATANABEとは贅沢ですね!
しかもチネリ部材にレイノルズ753仕様のマニアックぶり(本当は531でお願いしたんですけど「753の方が良いから」という理由で渡辺氏に説得されました(笑))

その後も25年以上のお付き合いで今でも勉強させて貰っていますので、大槻の考え方はSW WATANABEの色が非常に濃くなっています

例えば、オーダーを受ける際のフレームの設計やパイプの選択方法
ただ、最近は大槻もようやく巣立ち出来た様で、フレームをお願いする時に設計が渡辺氏の考え方と大槻の考え方に違いがある場合でも大槻の意見を尊重して貰える様になりました(恐れ多いことです(汗))
昔は「そんな物は作らない!」と何度怒られたことでしょう・・・

そんな渡辺氏も元は東叡社出身ですから氏自体は東叡社の考え方が色濃く残っているでしょうから結局は東叡社の考え方(星野氏や大越氏)なのでしょうか

大槻も近年は、多くのフレームビルダーの方と接する機会も多いですが、考え方の違いを感じることも多く、改めて「SW WATANABEや東叡社の影響が自分には強いんだな~」と思います

よく当ブログでも「ビルダーによるクセや考え方」という様なことを書きますが、SW WATANABEはvelocraftで扱っている他ビルダーと大きく違っているところも多いですね

SW WATANABEの特徴は・・・
1・踏み応えのあるフレームが好き・・・特にダウンチューブを厚めパイプを使用したBB周辺の剛性感(タワミの少なさ)を重視しています
ツーリング車の場合だと、カイセイ022を選んでもダウンチューブのみ024にすることが多い

2・スローピングフレームが好き・・・フレームの剛性感を出すにはメイン3角を小さくすると効果的で、大きいフレームサイズ程フレームパイプが長くなってしまうのを嫌いスローピングに
また、ステムの剛性感を上げる為にヘッドチューブを長くしたいので、スローピングにすることも多い
※ホリゾンタルでも勿論承ります

3・タンゲチューブが好き・・・カイセイやレイノルズにはラインナップされていない薄い部分の長さが24cm位の短いダウンチューブがあり剛性感を出しやすい為

4・BBハイトは高めが好き・・・っというか、クランク長長めが好きで、氏自身も160cm強の身長でありながら175mmのクランクを使用されていて、その為必然的にBBハイトが高め設定に

5・細かな価格設定が無い・・・フレームは基本決まった価格はありません オーナーの予算に合わせて出来る範囲で製作します
オーダーメイドの場合おおよその目安ですが、最低20万円・下級30万円・中級40万円・上級50万円という感じです
オーダーの際には「○○円で作って~」ご指示ください
価格により、仕上げが全然違います

6・メッキが嫌い・・・普通はフレームを製作した後、メッキをして塗装をして終了なのですが、SW WATANABEではそこから更に細かな芯出しや微調整を行います
メッキを掛けてしまうと「メッキ割れ」の恐れがあり、塗装後の芯出し等の微調整が出来ない為、メッキ処理はあまり好まれません

7・ラグの選択は在庫のあるモノから・・・フレームの設計が決まってからラグ等の部材を選択しますが、フレーム角度や価格から使用出来る部材も決まるので、東叡社の様にいつもこの形という決まりはありません ほぼ毎回ラグの形状は異なります
※もちろん、ご指示があれば可能な限り対応してくれます

8・ハス切りが好き・・・BB周辺とのバランスを考え、シートステーは巻きステーにはせずにハス切りにする
BB周辺は剛性感高く、フレーム上方は柔らかくというイメージで

9・ラグレスはしない・・・フレームは全てラグ付きしか承りません

おおよそこんな感じでしょうか
※あくまで大槻個人の印象です

話しが長くなってしまったので、続きは次回・・・

ラレー価格改定のお知らせ

残念なお知らせです

本日(H30年4月1日)からラレーブランドの一部に価格改定が行われ、値上げとなりました

velocraftでは、ツーリングロード系のカールトンシリーズを中心に在庫しておりますが、レイノルズ631+カーボンフォーク+105仕様のCRFとクロモリフレーム+SORAのCRAが対象となっております

現在のvelocraft在庫もCRF・アッシュグレー520mmとCRA・ヴィンテージレッド500mmが1台づつございますが、コチラも本日より価格を改定させて頂きました

【新メーカー希望小売価格】
CRF ¥165,000-
CRA ¥100,000-
RFC ¥85,500-
RFT ¥67,000-
RFL ¥62,000-
RSC ¥155,000-
RSS ¥60,500-
RSM ¥60,500-
RSP ¥92,500-
※価格は全て税抜価格です
※リストに無い製品は価格据え置きとなります
※カタログは旧価格のままの掲載となっておりますので、ご注意ください
velocraftではメーカー希望小売価格より5%OFFにて販売しております

値上げ幅は2~3千円程度ですので元々値ごろ感のあるラレーですから、その魅力は変わることはありません

オススメしているツーリングロード系カールトンシリーズを中心にこれからも猛プッシュで販売していきます!

ロードバイクのフォーククラウン

現在velocraftで在庫していますロードバイク向けのフォーククラウンは4種類

先日ご紹介した「ナガサワロードクラウン」の他は全て上写真の台湾ロンシェン製となっております

スチール製のロードバイクですからサイズは全てコラム径1インチで、ブレードはΦ24mmOVALとなっておりますので、基本は見ための好き嫌いで決めて頂くだけで難しいサイズ設定はありません

左から・・・
LC15・若干肩の張っている通称「セミスロープ」と呼ばれるタイプで、センタープル直付け加工したフォークの製作に向いていますし、若干昔っぽいイメージになるかな?
ハーデンやチネリ等でも形状は全然違いますが、セミスロープクラウンがありましたよね?
強いて言えばボカマのセミスロープ「プロラックス」に近いのかな?

LC16・現代では一般的なスロープ形状のクラウンで、チネリの「CC」レプリカなのか?という位似ています
最も入手しやすいタイプで、TOEIスタンダードロードにも採用されることが多いクラウンです

LC09・通称「内ラグ」と呼ばれるクラウンでラグレスフレームとの相性抜群
コチラもチネリの「SCA」に似てますね(くびれが全然違うじゃん!というツッコミはあると思いますが(笑))

どのタイプも昔と変わらない形状で製造メーカーが変わったという感じですね

【価格】全種 ¥3,200-(税抜)

ツーリングバイクをメインとしてるvelocraftではロードバイク向けのクラウンであっても、レーサーというよりもツーリング向けのスポルティフやツーリングロードの製作が殆ど

最も販売しているのがセミスロープのLC15ですが、最近ナガサワクラウンが常時入手出来る様になり、センタープル直付け用としての役目を終えようとしています

当たり前ですがLC15とLC16はフォークブレードを被せる形状で、LC09はフォークブレードの中に入る形状ですので、タイヤ(泥除け)クリアランスはLC09の方が当然広くなります

通常のロードバイクでしたら、クラウンの内側クリアランスよりもブレーキクリアランスの方が狭いですから、ブレーキの寸法に合わせて23~28mm幅程度のタイヤにすることが多いでしょう

しかし、ツーリングバイクとして考えるとどうしても泥除けを入れたくなります
その際にはLC15・LC16は内側寸法が約39mmですので、本所工研のH35(35mm幅)が限界となり、LC09は内側寸法が約42mmですので、H30(41mm幅)まで使用することが出来ます

57mmサイズのサイドプルブレーキなら、28mm幅タイヤ+H30が使用出来るLC09と26mm幅タイヤ+H35までしか対応しないLC15・LC16という分け方が出来ます
また、最近のシマノ製サイドプルブレーキはロード用が52mmになっていますので、D/Aや105等のロードバイク用ブレーキで23mm幅タイヤ+H35という組み合わせもOK

スポルティフやツーリングロードなら泥除けとの関係性でクラウンを決めるのも有りだと思います


上写真は70年代のFUJIです
「ロードバイクに泥除けを付けるなんて・・・・」と考える方もいらっしゃると思いますが、上写真の様に昔はショートフェンダーという物がありましたよね?

体を守る為の泥除けでは無く、自転車(特にブレーキ)を汚さない為の泥除け
こんな考え方なら、ロードバイクに泥除けというのも悪く無いと思うのですが如何でしょう?


今はドイツSKS社に買収されてしまったブルーメルにも専用のショートフェンダーがありました

現在では本所工研の泥除けを加工して使用するしかないかも知れませんが、コンナ小物使いでレーサーとの違いを出しても面白いと思います

今後の自転車作りの参考になれば・・・