2018年07月
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
ヘッド抜き輪行の悩み

折り畳み車やデモンタブルフレームを除き、小さく自転車をパッキングするにはヘッド抜き輪行と呼ばれる方法が一般的です

飛行機の手荷物で預ける時や他の乗客に少しでも迷惑にならない様に、小さくパッキングしての輪行は、とても意味のあることだと思います

ブレーキワイヤーを外してハンドルバーを抜き、ヘッドパーツを外してFフォークを抜き、後ろ泥除けを外すことでヘッド抜き輪行は可能ですが、その為には手元シフトは基本使えませんでした


ダウンチューブのWレバー台座にシマノやカンパ等から発売されているアウター受けを取付けるので、この部分で簡単にワイヤーが外れてくれないからです

割り入りのアウター受けにすれば問題にはならないのですが、既にWレバー台座が付いているフレームに追加工するのは手間もお金も掛かってしまいます

今までは縦型や横型の輪行袋に前後ホイールと後泥除けを外した状態で、一般的なロードバイクやクロスバイクの様に輪行するしか無く、結構な大きさで輪行するしかありませんでした

ロードバイクが主流の現在では、それが一般的な輪行の大きさとして認知されているので、不便に感じないかもしれませんし、作業自体は非常に簡単なので充分に感じるかもしれません

しかし、昔ながらのヘッド抜き輪行を見慣れているとどうしても大きすぎる印象が強く残るのも事実

手元シフトでヘッド抜き輪行が出来ないかと長年悩んでいましたが、こんなアイテムが登場します



IRD社「QR Downtube Cable Stoper」

ダウンチューブから簡単にシフトワイヤーを外すことが出来ます
今までありそうで無かったアイテムですね(自作でいくつか作ったことはありますが市販品では思い当りません)

コレをWレバー台座に取り付ければ、ハンドルバーを抜いてもワイヤーが引っ掛かる事は少ないと思いますが、完全にワイヤーが外れる訳ではありません


リッチーのワイヤージョイントを併用することで、シフトワイヤーを分割し完全にフレームとシフトワイヤーを切り離すことが出来ます

これで、ワイヤー式のSTIレバーでもエルゴパワーでもラピッドファイヤーでもハンドルを外す事が出来てヘッド抜き輪行が可能になります

より小さく輪行する為の便利アイテム
入荷はまだ先で来春予定ですし、価格も5000円は下回りたいと考えていますが未定です

とりあえずvelocraftで大量に発注してありますので、ご予約を承ります

輪行方法にお悩みだった方如何ですか?

【重大発表】??

いよいよ明日H29年11月28日発売!「枻出版社 ランドナーの本」

今、定期的発売されいている唯一のトラディショナルツーリングバイクMOOK
1年ぶりの発刊ですので、心待ちにされていた方も多いのでは?

今回の特集は、ルネエルス!
2台のルネエルスのレストアを通じて、その魅力に迫っています

その他80台にも及ぶ拘りツーリングバイクの紹介や、フランスで行われたコンクールマシンの紹介、今年亡くなられた新田真志氏のコレクション紹介など、盛りだくさん

大槻も相変わらず(?)チョット紙面に出ていますm(_ _)m

是非、ご購入の上ご覧ください
※CWSグループでのお取扱いはございません

そして、紙面にて重大発表??

なんて程のこともありませんが、2018年春にホームページをリニューアルします

詳細は追ってお知らせいたしますが、ツーリングバイクとフレームビルディングの専門サイトとなります
簡単にコンテンツをご紹介します

総商品数1000点以上のオンラインサイト
ツーリングバイク用や使いやすいパーツ類を種類豊富に
スチールフレームを製作する為に必要なパイプやラグ・小物等
フレームの単品購入やオーダーメイドのお手伝い

ご相談MAIL開設
忙しくてなかなか店頭にご来店頂けない方や遠方にお住まいの方にMAILでご購入頂いた自転車のメンテナンスやオーダーメイドフレームご購入に向けて等のご質問やご相談を承ります

ブログやメールマガジンでの情報発信
当ブログ同様に新着情報やセール情報等の情報をUP、公には出来ない様な取って置きの情報をメールマガジンで発信していきます

組立て方法・使用方法等技術とアイデアの紹介
velocraft流の組立て方法やパーツ選び、各パーツの使用方法等、普段店頭での接客や作業等を丁寧に解説します

その他色々計画中!
このほかにも、皆様にお役に立つ情報や商品をご提供出来る様に色々計画中です

吉祥寺から高田馬場に移転した時点からコツコツと作業を続けておりますが、やっとリニューアルの目途が立ってきました

まだ少し時間が掛かりますが、ご期待に沿える様なホームページにすべく鋭意作業中
期待してお待ちください!

YPJならではの機能?

2017年10月からお取扱いを始めましたヤマハYPJシリーズの電動アシスト

店頭にはYPJ-C(クロスバイクモデル)の試乗車もご用意していますので、走行感をお試し頂くことも出来ます
※店舗外の試乗の場合には身分証明書のコピーを取らせて頂きます

「これからスポーツバイクを始めたいけど体力に自信が無い」という方がヤマハさんのメインターゲットだと思いますが、velocraftでは既にツーリングバイクを所有されていて「輪行出来るかな~」「電動アシストも1台買っておこうかな~」とベテランのお客様の方が興味深々

その際に良く話題に出るのがバッテリーの容量が2.4Ahと少なく、アシスト力を強くしたHighモードで約14km・弱くしたECOモードで約50kmしかないこと

これではツーリング中にずっとアシストを効かせることは出来ませんよね
「バッテリーが切れたら重たいクロスバイクじゃん」「こんな容量じゃツーリングは出来ないね」とご意見を頂きます

しかし、これはスポーツモデルですよ!!

常用時スイッチはOFFが基本、体力的にシンドクなる時だけスイッチONが基本
つまり、登りの時はスイッチONで平地・下りはOFFして使用すれば、かなりな距離が走れるはずです

すると「電源OFF状態からONにする時にはペダルを漕いじゃいけないんじゃないの?」とご質問を頂きます

そうなんです!!そこがYPJが優れているところなんです!!

シティサイクル系の電動アシストは漕ぎながらアシストのON/OFFは切替られませんが、YPJはそれが可能です「チョット辛くなったからスイッチON チョット回復したからスイッチOFF」が走りながらいつでも可能です


ハンドルバーに付いている△▽マークで「High」「STD」「ECO」「無し」の4モードが選べます

ココならいつでも走行中に操作出来ますよね

その他このスイッチにはUSB端子が付いていますので、GPSやライト等の充電も可能です



大型のサイクルコンピュータを兼ねたディスプレイが付属していますので、今のアシスト力がどのモードなのか、バッテリーの残量はどの位なのか等が見えます

上写真がアシスト無しモードで、下写真がSTDアシストモード

今後発売されるシマノやボッシュのE-BIKEモーターシステムも同様の機能が付いてくるのかは未確認ですが、アシスト無しが選べるYPJはスポーツモデルとしては最適な機能だと思います

バッテリーの容量を少なくすることで、電動アシストとしては超軽量な約16kgを達成していますので、輪行も充分可能ですよね?(それなりに大変ではありますが、常識の範囲内だと思います)

是非、YPJ-Cで輪行ツーリングも楽しんでください

【価格】¥185,000-(税抜)
※ロードモデルYPJ-Rはお取り寄せの対応となります
※シティサイクルのPASはお取扱いしておりません