2018年04月
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
キムラ製作所フロントライト入荷

キムラ製作所の単3電池使用・ボルト2本止めタイプのフロントライトLH07が再入荷致しました

今回の入荷でご予約分を除くと、2個フリー在庫が出来ました

もうご存知の方も多いと思いますが、このライトはご予約を頂かないと、なかなか入手が出来ない、生産量が極めて少ないレアアイテムです
フリー在庫が出来ることは本当に稀なので、この機会に是非お求めください

【価格】¥11,250-(税抜・ステー別売)

※店頭販売とさせて頂きますので、ご来店の程お願い致します
※1本止めタイプのLH05・テールライト・リフレクターも在庫ございます

セミコンプリート販売という考え方

TOEIスタンダードフレームの展示用車が1台入荷致しました

☆☆☆スペック☆☆☆
車種:ランドナー
フレームサイズ:520mm(C-T)
トップチューブ長:530mm(C-C)
フレームパイプ:カイセイ022
ロウ付け工法:ラグレス
エンド幅:100x130mm
ブレーキワイヤー処理:内蔵(右上→左上)
チェーンフック:有
チェーンステーガード:ゴム帯
ポンプペグ:無
電装加工:無
ブレーキ台座:カンチブレーキ(シマノ BR-CT91)
ボトルケージ台座:ダウン&シート2か所
ヘッドパーツ:タンゲ RB-661C
キャリア:Fキャリア(右側M6ダボ付き)
タイヤサイズ:650x36B
カラー:銀下青

現代のトラディショナルランドナーの中でも最もシンプルでポピュラーな設定だと思います
フレームサイズから考えて160cm台後半の方にオススメのサイズとなっております

velocraftでは今回の様に、TOEIを中心として展示販売用にフレームを仕入れることがあります
サイズ・用途・カラーがピッタリ一致するユーザー様がいらっしゃれば、即日お持ち帰りが可能です

しかし、フレーム単体でお持ち帰りになるオーナー様は、殆どいらっしゃいません
(過去に数台程度はありますが)
殆どの方が更にパーツをチョイスして完成車でご購入になるか、ホイールと泥除けを取付けた状態でご購入になるかのどちらかです

完全に組立てる場合の方が多いですが、ホイールと泥除けのみということも意外とあります
トラディショナルツーリングバイクを組み立てる場合は、ホイールと泥除け作業が最も手間が掛かり情報も作業する機会も少ないですから、難しい部分だけをご依頼頂き簡単な(っと言って良いのか解りませんが)ブレーキやドライブ関係の取付けや調整は、オーナー様自らが楽しみながら組立てるという訳です

フレームが決まっている場合のパーツの選択は限られますから、そんなにホイールパーツのバリエーションが多い訳ではありません

例えば今回の場合・・・
1・タイヤサイズは650x36B
2・市販のタイヤはグランボアのみ
3・グランボアのタイヤだからハブとリムもグランボア
4・トラディショナルにしたいからリムは背の低いスカラベ
5・合わせてハブはラージハブ
6・スカラベは36Hしかないから細めの#15スポーク
7・650x36Bタイヤに合う泥除けは47~51mm幅
8・クラウン内側寸法が48mm位なので、50mm以上の泥除けは避ける
9・本所工研のH47(幅48mm)
10・TOEIのフレームだからダルマネジも東叡社オリジナル
11・グランボア別注のポリッシュタイプの泥除けステー
12・ダルマネジ2本止めだからH50(幅51mm)用のステー
13・泥除けの寸法はランドナーで電装は考え無いから前前端はキャリア+7cm
  前後端は地上14cm 後後端はハブ軸より1cm上
14・東叡社ダルマだから泥除けの分割は考えない

泥除けの種類については多少検討の余地(亀甲にするとか)がありますが、フレームに合わせると必然的にパーツ類は決まってきちゃいます
※もちろん、絶対にコレにしなければいけない訳ではありません

ならば、フレーム&ホイール&泥除けのセットでセミコンプリートとして販売すれば、即日お持ち帰り出来る状態になるし、フレーム単品で展示するよりも完成形のイメージがユーザーに伝わり易いのでは無いかと思い今回ご用意してみました






価格の明細は・・・
フレームセット ¥136,100-
リム ¥10,000-
ハブ ¥22,500-
スポーク ¥3,600-
タイヤ ¥8,000-
チューブ ¥1,700-
リムフラップ ¥700-
泥除け ¥5,400-
泥除けステー ¥1,400-
泥除けダルマ ¥2,880-
ホイール組立て工賃 ¥8,500-
泥除け組付け工賃 ¥11,000-
・・・となりますので合計して端数をカットして

【価格】¥210,000-(税抜)

で販売致します

※パーツを追加して完成車状態にも致しますので、ご相談ください

YPJ取扱い開始

2018年は日本のスポーツE-BIKE元年なんて言われていますね

シマノの開発したe-STEPSや舶来のボッシュやパナソニックが開発した新型MTBと目白押し
そして忘れてはいけないのが、元祖電動アシスト自転車と言って良いヤマハ

今まで、ヤマハは取扱いをしておりませんでしたが、本日よりスポーツモデルのYPJシリーズの取り扱いをスタートしました
※シティタイプのPASは未扱い

日本のスポーツバイクマーケットにピッタリな700x28Cを履きフラットハンドルとトレンドなクロスバイクタイプ「YPJ-C」の展示車と試乗車をご用意致しました

電動アシストの中ではシンプルなスタイルとクロスバイクとしての基本を抑えたYPJ-Cは、ライトサイクリングや、通勤通学にモッテコイだと思います
今まで自転車通勤に興味はあるけど、仕事前に疲れるのが心配で躊躇していた方もこれなら無理なく始められそうです

重量も電動アシストとしては軽量な16.1kg(Msize)ですので、チョットだけ頑張れば輪行ツーリングにも使えちゃいます

「電動アシストなんて興味ない~」と仰っていた方こそ使って貰いたいスポーツモデル
試乗車を常にご用意しているvelocraftで、是非その性能をお試しください

高田馬場は坂の多い街です、店の裏にはチェックにモッテコイの激坂もありますので、試すには最適な場所ですよ

【価格】¥185,000-(税抜)
※試乗車はブラックカラーMsize(500mm)(期間はH30年8月までを予定)
 展示販売用はホワイトカラーXSsize(420mm)(H29年10月20日現在)
 ロードバイクタイプのYPJ-Rはお取り寄せとなります