2018年04月
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
YPJ取扱い開始

2018年は日本のスポーツE-BIKE元年なんて言われていますね

シマノの開発したe-STEPSや舶来のボッシュやパナソニックが開発した新型MTBと目白押し
そして忘れてはいけないのが、元祖電動アシスト自転車と言って良いヤマハ

今まで、ヤマハは取扱いをしておりませんでしたが、本日よりスポーツモデルのYPJシリーズの取り扱いをスタートしました
※シティタイプのPASは未扱い

日本のスポーツバイクマーケットにピッタリな700x28Cを履きフラットハンドルとトレンドなクロスバイクタイプ「YPJ-C」の展示車と試乗車をご用意致しました

電動アシストの中ではシンプルなスタイルとクロスバイクとしての基本を抑えたYPJ-Cは、ライトサイクリングや、通勤通学にモッテコイだと思います
今まで自転車通勤に興味はあるけど、仕事前に疲れるのが心配で躊躇していた方もこれなら無理なく始められそうです

重量も電動アシストとしては軽量な16.1kg(Msize)ですので、チョットだけ頑張れば輪行ツーリングにも使えちゃいます

「電動アシストなんて興味ない~」と仰っていた方こそ使って貰いたいスポーツモデル
試乗車を常にご用意しているvelocraftで、是非その性能をお試しください

高田馬場は坂の多い街です、店の裏にはチェックにモッテコイの激坂もありますので、試すには最適な場所ですよ

【価格】¥185,000-(税抜)
※試乗車はブラックカラーMsize(500mm)(期間はH30年8月までを予定)
 展示販売用はホワイトカラーXSsize(420mm)(H29年10月20日現在)
 ロードバイクタイプのYPJ-Rはお取り寄せとなります

通販の隠れたヒット商品

弊社通販サイトパワーピット
サプリメントやトレーニンググッズなど商品が主ですがvelocraftの商品も間借りして販売しています

人気は圧倒的に東叡社の小物で次が本所工研のマッドガードですが、隠れたヒット商品が日工産業さんのラグとBBシェル

いわゆる未加工品のラグとBBシェル
既に使いやすい角度と形状に整えられていますので、未加工品と言えども後は好きな形に削れば、1点モノのラグやBBシェルが完成する訳です

必要な工具はヤスリがあれば基本OKですが、精度を上げるなら小型定盤やスコヤなどの測定器、作業効率を上げるならルーターなどの電動工具

ラグを削る作業は、パイプとの接着面をしっかりと残しておけば基本OKですから(応力の問題はありますが)好きな形にすることが出来ますし、シンメトリー性や再現性等を考慮しなければ、フリーハンドのヤスリ掛けでも素敵なラグ形状が作り出せます

フレームを完全に個人で制作することは安全面からも必要経費からしても技術的な面からもハードルは高いですが、ラグとBBシェルを個人で購入→自分でオリジナル加工→フレームビルダーに持込フレームを制作→自分だけの1台が完成するので、オリジナリティ溢れるフレームがハードル低く作ることが可能になります

是非、チャレンジしてみてください!

【価格】
ラグ3点セット ¥3,900-(税抜・品番#410)
BBシェル ¥3,240-(税抜)・品番#6264)

そしてこんな工具があると便利なのですが、いかがでしょう?


ステムの様な3本はニットウの市販品です
スレッドコラムのフォークにアヘッド用のステムを取付ける為のパーツです
(MTC-01・MTC-02・MTC-03 【価格】¥4,200-(税抜・1本))

皆様もご存じの通り、コラムの内径は基本3種類でΦ22.2mm・Φ25.4mm・Φ28.6mm
つまり、ノーマルサイズで良く使用するパイプ径と同じ物が殆どです
唯一ヘッドチューブ外径はΦ31.8mmですので、右上の金色のカラーが内径Φ28.6mmで外径がΦ31.8mmですので、スペーサーとして使用してΦ31.8mmにハマる様にしています


ローレット加工部分をバイスで挟めばフレキシブルに固定出来るので、ラグを削る際に重宝します

左下の丸い2個は、BBシェルをバイスで挟み込み固定出来る金具(治具)


こんな感じでBBシェルを固定します
上記ニットウのパーツでもダウンチューブやチェーンステー部を使い固定することが出来ますが、水平に固定が出来ないので、コチラの金具の方が使用しやすいですね

かなりしっかりと作られているので、完成フレームでもBBシェルを加えてバイスで固定することが出来るので、フレームが出来た時の仕上げ作業やヘッドパーツの取付け等にも応用が出来ます

BBシェルを削るのにも、フレームビルダーにも、自転車でも活躍する金具だと思います

1点モノで制作したので市販品はありませんが、ご要望が多ければ市販用に制作することも可能だと思います

こんなモノも面白いですよね?

始めてのオーダーメイド 後編

これから初めてオーダーメイドのトラディショナルツーリングバイクをとお考えの方へ向けた、チョットのアドバイスの後編です

自転車の完成イメージや格好良さを追求したら、次は現実に落とし込まなくてはなりませんよね
お金の問題と納期の問題

オーダーメイドのフレームビルダーのWebサイトを見ても価格が記載されていないことが殆どで、自分の欲しい自転車がいくらになるのかの目安がありませんし、納期が書いてある訳でもありません

まず納期の問題ですが、日々刻々と変化しています
フレームビルダーはフレームのオーダーを受けた順番にコツコツと作りますし、一度に1台づつ作るのでは無く、何台か纏めて制作して生産効率を上げています

複数人いる大きな工房では一度に10台以上まとめて制作しますし、1人で制作しているビルダーは1台のこともありますが3~5台位のことが多い様です

順番に制作しているということは、1台差で次の生産にまわされてしまうと、1~2か月完成が遅くなってしまいます

オーダーをした時のタイミングのチョット前に20台まとめてのオーダーが入っている事もあるかもしれません
特にOEM生産(ショップオリジナルフレーム等)をしている工房では、良く起こり得ることです

そんなことで、2~3か月位の誤差は常に付きまといますので、その前提でお考えください

ロイヤルノートン・・・4~5か月(但し、キャリア制作の場合+1か月)
TOEI・・・1年半~2年(最近チョット早くなってきました)
ケルビム・・・1年+α(但し、キャリア制作が無い場合に限る)

メインで扱っているフレームビルダーは現状(H29年8月)こんな感じの納期になっています
※組立てを含める場合には、大槻の組立て時間が更にプラスになります
 組立て時間はその時の混雑状態で大きく変化しますが2週間~1か月程度

つまり、ロイヤルノートンなら半年以内で充分に制作可能です
始めてのオーダーメイドで今現在乗車可能なツーリング車をお持ちで無い方へ、お勧めしやすい納期ですね
その他ですと、1年以上の時間が掛かりますので、注文をだしてからジッと1年以上待っているのはあまりに時間が勿体無いですから

勿論納期をご理解頂いた上で「どうしてもTOEIに乗りたい」「ケルビムじゃなきゃイヤ」という方は、それでも良いと思います
velocraftでは比較的多いのですが、オーダーを入れた時に車種の近いマスプロ車を同時に購入し、オーダー車が完成するまではマスプロ車に乗り、オーダー車が出来上がったら乗り換えるというパターンも有りだと思います

時間が掛かるオーダーメイドで重要なのは「変わらない気持ちを持ち続けること」
オーダーをしてから「ああすれば良かった」「やっぱりメーカーを変えたい」「他の物が欲しくなってきた」は承れません

フレームの制作に入る前なら多少の変更をお受けすることは致しますが、キャンセルは基本承っておりません

その覚悟がオーダーメイド車の最も高いハードルなのかもしれません

自転車を考える際に最も重要なのは、価格だと思います

凝った作りをすれば高額になりますし、パーツの価格は千差万別ですので、下限はありますが、上限はありません
オーダーメイド自転車だけではありませんが、趣味の世界の金額は興味の無い方から見たら、狂気の沙汰ですからね

トラディショナルツーリングバイクのフレームのご注文でvelocraftの標準的な価格帯は

フレーム+フォーク+小型Fキャリアの3点で
ロイヤルノートン 14~15万円
TOEIスタンダード(セミオーダー) 15~18万円
TOEIフルオーダー 25~30万円
ケルビム 35~40万円
※市販のキャリアを装備する場合は約1万円程価格は下がります

だいたいこの位ですが、工作によって変化します
特に大きな変化が生まれるのが、メッキ処理と内蔵工作
メッキをするなら、3~5万円位プラス ブレーキ&シフトワイヤーを内蔵するなら、2~3万円プラスで考えておいた方が良いと思います

そしてフレームよりも大きな価格の上下が出てくるのがパーツ関係です
勿論、TOEIフルオーダーのフレームに5万円位の完成車に付いている様なパーツを装備しても走行は出来ますので、一概に言えませんがvelocraftの場合は、フレームセット(上記金額)と同等の価格で組むことを目安としています

15万円のフレームなら15万円のパーツ、30万円のフレームなら30万円のパーツと言った具合です

フレームの品格とパーツの品格のバランスを考えると、この位が丁度良いかな?と思っていますが、絶対ではありません

更に、そこから完成車にする場合には組立て作業料を頂いています

velocraftの価格は以下となります
基本組立て・・・¥20,000-
ホイール組立て・・・¥8,500-
泥除け取付け・・・¥8,000~¥11,000-
泥除け分割加工・・・¥3,000~¥8,000-
ダイナモコード配線・・・¥4,000~¥8,000-

上記が基本価格となり、殆どの場合はこの中に納まりますが、特別な作業が必要な場合にはUPチャージを頂くこともあります
※バーテープへのシェラックニスや特殊なライト配線など

以上を合計していくと・・・
ロイヤルノートンで、基本的なランドナー制作の場合
フレーム+フォーク+Fキャリア 14万円
その他パーツ類一式 14万円
工賃(基本+ホイール+泥除け) 3.6万円
トータル 31.6万円

TOEIフルオーダーの場合
フレーム+フォーク+Fキャリア 25万円
その他パーツ類一式 25万円
工賃(分割加工+ダイナモ含む全て) 5.5万円
トータル 55.5万円

すごーく大雑把ですが、この位の価格が必要になってきます

勿論、オーダー車でもロードバイクの場合だと、ホイールは完組みのポン付けですし、泥除けの取付けもありませんから、工賃(作業料)はグンッと下がりますが、カーボンパーツ等で、パーツの費用は上がるのが一般的です


以上、2回に分けて初めてのオーダーメイドに向けて、簡易的な考え方と目安を書きました

価格や納期は、変動が激しい(最近は特に値上げ傾向が強い)ですが、制作する自転車のシルエットはパーツの違いこそあれ不変のものだと思います

是非、チョットだけ高いハードルを飛び越えてオーダーメイドでトラディショナルなツーリング車を作ってみませんか?

きっと、もっとサイクルツーリングが楽しくなるはずです!

---------------キリトリ--------------
今日(H29年8月12日)にシマノから、今期の展示会の案内はがきが届きました
例年この時期なのですが、今年は9月13日(水)とのこと

勿論、大槻も参加して来るのですが、その案内の中に「SHIMANO STEPS」のロゴがかいてありました

「STEPS」日本ではなじみが無いですが、シマノ製の電動アシスト用コンポーネントで、既に欧米では一部発売されています

・・・っということは、モーターの安全基準やアシスト力が違う日本向けの商品が遂に発売されるということでしょうか?
そうじゃなきゃ、わざわざ「STEPS」の記述はしないですよね??

これは超楽しみになりました!!!!!!

今年はアルテグラやディオーレがモデルチェンジになりましたが、既に発売もされていますし、トップグレードでも無ければ、ツーリング車に似合うパーツでもありませんから、そんなに重視していませんでした

シマノから電動アシスト(E-BIKE)のユニットが発売されて、単品で購入可能ならオーダーメイドでフレームを作って、ユニットを搭載して、泥除け付けてキャリア付けて、E-BIKEランドナーが作れちゃう!

これで、大槻もみんなでツーリングに行くときに峠の登りで遅れて、みんなを待たせる事もなくなるのでは??

どうなるのでしょうか??
9月13日の展示会が待ちきれない!