2017年03月
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
ジャイアント コントロールタンク

ジャイアントから新発売された「コントロールタンク」チューブレスタイヤ用のエアタンクです
大槻にとって心トキメク商品が登場したので、私物自費購入しちゃいましたのでご紹介


チューブレスはMTBの世界では当たり前の装備ですが、ツーリングバイクでは非常に少数派だと思います
velocraftでは、過去に数台制作したロードレーサーかブルベ用に制作したパリブレストかスポルティフに一部採用した程度です

チューブとタイヤの摩擦抵抗も無く、パンクしても急激なエア抜けも無く、シーラントを入れておけば釘を刺した程度のパンクは勝手に塞がってくれます
クリンチャーやチューブラに比べて若干の重量面を除けば、走行上のデメリットは無いと思うのですが、なかなか普及してくれません

普及しない最も大きな理由は、チューブレスにエアを入れる時には手押しポンプでシュコシュコポンピングするのではエア抜け量の方が多く、ビートがハマらない為だと思います
基本はコンプレッサー等のタンクに高圧のエアを充填し一気に開放する必要があります

エンドユーザーがコンプレッサーまで用意するのは大変ですよね
その為、各社から手押しポンプとエアタンクが一体になった商品が数多く出ています

今回ご紹介のジャイアント・コントロールタンクは通常の手押しポンプ機能が無いタンクのみの製品で、エア充填は別のポンプを使用します

ポンピング部が付いていない為、今まで使用してきたポンプがそのまま生かせるので、高額なタンク付きポンプを購入する必要が無く安価で済みますし、取っ手が付いて持つのもストレスが少なそうです


チューブレスタイヤ用としてでなく、ボール用の針状のアダプターを使えば、エアダスターとしても活用出来ます

自転車を組み立てる際に出た切削カス等はウエスで拭き取るよりもエアで吹き飛ばした方が断然効率よく作業出来ますし、カスの残りも少なく出来ます

チューブレスタイヤを使用していない方でも、この仕様方法だけでも充分に価値のある商品だと思うのですが、如何でしょう

ちなみに、最大空気圧160PSI(≒11気圧)までエアを充填すると約20秒エアダスターとして使用出来ます(ON/OFFを上手く操作すれば1分近く使用出来ます)
短いと感じるかもしれませんが、局所の使用と割り切れば充分な長さだと思います

チューブレス派の方は勿論、御自身で自転車をメンテナンスする自作派まで、効率UP間違い無しのエアタンク
是非、ご注文くださいませ

【価格】¥5,500-(税抜)
※店頭在庫はしておりません CWSグループ各店にてお取り寄せ対応となります

 
 
 
 
 


ちなみに店頭ではコンプレッサーを使用しているので、出番はありません(汗)

DAHON ヘリオス初入荷

2017DAHONのニューアイテム 軽量シングルスピードのヘリオス・チタンカラーが入荷致しました

406サイズの20インチホイールに、サイドプルブレーキ・可変式のVROでは無いシンプルなハンドル周辺・スタンドとチェーンリングガード以外は最小限のパーツ構成で制作されています

余計な装備を持たずにシンプルに使いこなすも良し、カスタムベースとしてアレンジしての使用も良しの懐の深い1台に仕上がっています



カスタムがしやすい様に、リアディレーラーハンガーにはチェーンテンショナーを装備しており、フロントディレーラー台座とワイヤーをルーティンさせる為のアウター受けも

ホイールはシングルフリー用のハブでは無く、多段カセットスプロケットが装着出来る様になっていますので、最低限の加工で多段化出来る様になっています

但し、フロントチェーンホイールはダブル用クランクのインナー側に53Tリングがアウター側にチェーンリングガードが装備されている為に、チェーンリングの交換のみでは、チェーンラインが出ませんのでご注意ください

初期設定のチェーンリングはチェーンライン45mmに設定されていますので、ダブルにする場合には、チェーンリング以外にもBBの軸長を短くする必要があります
リアホイールのO.L.Dは130mmですからロードと一緒なので、チェーンライン43.5mmが基準となります
チェーンステーのBB付近は、かなり内側に寄せて溶接されていますので、チェーンラインを内側に5mm程度入れてもフレームとの干渉は起きないと思います

クランク周辺のみ多段化の場合いはお気を付けください

【価格】¥109,000→¥87,200-(税抜・期間限定特価)
※表示価格は展示品のみで、H29年4月末までの限定価格です
※H29年5月以降は姉妹店のCWS吉祥寺にて取扱い致します

ブロンプトンM6L RAW(追記有り)


BROMPTONの中でも最も人気のあるカラーであるクリア塗装のRAWカラー
生産台数が少ないこともあり、かなりのレアアイテムです

今回、全く予定していなかったのですが、1台入手することが出来ました
アップハンドル・6段ギア・リアキャリア無しのM6L

velocraftでは使用目的がライトサイクリングという方が、100~200m程度の軽い峠越えを含む様な使用目的が多いので、3段ギアでは足りない為に6段を選択されるかたが圧倒的に多いと思います

数十秒で輪行して電車に持込み、気軽にサイクリングに出かけるという使い方や、海外を含めた飛行機輪行でも自転車の痛みが少なくUPチャージもまず掛からないので(小型機を除く・詳しくは航空各社へご確認ください)、飛行機旅と組み合わせる方にオススメ

勿論、日常でも使いやすいフォールディングバイクですが、様々な可能性も秘めていますので、是非、BROMPTONで自転車旅を楽しんでください

【価格】完売致しました
※ご予約承ります
velocraftではメーカー希望小売価格からお値引しております
 販売価格は店頭でご確認くださいませ