2018年04月
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
新型YPJのカタログが届きました

スポーツ用電動アシスト元年と言われる2018年
元祖電動アシスト自転車のYAMAHAから新作が発表されました
昨年秋のサイクルモードでご覧になった方も多いと思いますが、その製品版です

2年程前からスポーツ用電動アシストを他メーカーよりもいち早くリリースしていたYAMAHA
ロードバイクとクロスバイクの2種のみの展開でしたが、今回今までのラインナップは継続で、ドーンと更に4種増えて6種展開となります

発売はH30年6~7月予定ですが、いち早くカタログが入手出来ましたので、ご希望の方へ店頭で無料配布致します
※部数限定の為、限りがあります

新型の4種は全て大型のバッテリーを搭載して、走行距離は100km程度まで長くなり、一日電源を入れっぱなしに出来る様になりました

車種は
トレイル系MTB・YPJ-XC
ディスクブレーキロード・YPJ-ER
クロスバイク・YPJ-EC
トレッキングバイク・YPJ-TC

バッテリーが大型化されたこともあり、重量は今までのタイプに比べて5~6kg重たくなり、20kg位以上となっておりますので、棲み分けがキッチリ出来ている印象です

ツーリング等で輪行を伴う場合、今までのYPJ-R・YPJ-Cなら重量は15~16kgでしたので、重量級の電動無ツーリングバイクやMTB並で十分可能だったのが、新型ではかなり厳しくなってしまいます

バッテリーの容量の関係で、今まではON/OFFを適時切り替えながらの走行だったのが、常にアシストONで1日以上走れる様になったので、操作感は簡単になりました

価格面も含めて、選べる範囲が広がったのはありがたいですね

これからの時代は電動アシストでツーリングが当たり前になるのでしょうか??

詳細はYPJの公式サイトをご覧ください

☆☆☆CWSグループでのスポーツ用電動アシスト(E-BIKE)のお取扱い☆☆☆

3店舗あるCWSグループでは店舗によって取り扱うE-BIKEのメーカーを分けております
CWS吉祥寺・・・TREK(試乗車あり)コラテック
CWS池袋・・・ミヤタ・Tern
velocraft・・・YAMAHA(YPJのみ)
全店扱い・・・パナソニック・ビアンキ(お取り寄せでの対応)

その他メーカーについては随時お取扱いメーカーを増やしておりますので、お問合せください

パナソニック 電動アシスト車 Jコンセプト

スポーツバイク業界でも注目の電動アシスト自転車(E-BIKE)

パナソニックの新製品Jコンセプトのグリーンが入荷致しました
20インチホイール・ギアチェンジ無・カゴ別売と割り切った装備で、カタログ重量18.2kgとパナソニック最軽量

距離は乗らないし、小回りが利く方が良くて、駐輪場にしまう際に自転車を多少持ち上げなくてはいけない、そんなシチュエーションの方にバッチリ

バッテリーも12Ahですので、オートモードでも約61km走行可能ですから、1日数kmの使用なら月に1~2回の充電でOK

気軽に乗れる電動アシスト・ポタリング用の電動アシストをお探しでしたら非常にオススメ出来る1台となっております

【価格】¥110,000→¥104,500-(税抜)


但し、いくつか注意も必要です

シティ系の電動アシストですから、前カゴを使用する方が殆どだと思います
その為、velocraftの展示車はオプションの前カゴを装備して状態で展示しております

写真をご覧頂くと解ると思いますが、Jコンセプトのライトはハンドルバーマウントとなっており、前カゴに大きな荷物を乗せると照射を遮ってしまい、夜間使用することは出来ません

小さい荷物しか乗せない(かごの上端を超えない)方でしたら気にすることは無いのですが、ライトの取付け位置を変更せざるを得ません

ライトコードの長さの制約もありますので、恐らく前カゴのどこかに別売のライトホルダーを装備して取付けることになりますが、スタイルは崩れてしまうのと、カゴ横ですと転倒時にライトを破損する恐れが高くなってしまいます


軽量化の為にスタンドはアルミ製の1本スタンドが標準装備されています

勿論ダメではないのですが、重量のある電動アシストではチョット華奢過ぎて駐輪時に不安が強くなります
前カゴ付きにすると小径ホイールということもあり、その不安定感は更に大きくなります

重たくはなってしまいますが、別売の両立スタンドに変更することをお勧めします

メーカー側としては「超軽量○○kg」とか記載するとキャッチ―で良さそうに見える為、この様なトラップ(?)が稀に潜んでいます

スポーツバイクでも「105コンポ―ネントでこの価格!」みたいのがありますが、見えにくいブレーキアーチやBB等が低グレードや他社製品になっていることもしばしば

カタログでは読み解けない事をご説明するのが、自転車屋の仕事のひとつだと思っています

是非店頭でご確認ください

【カゴ付き展示車販売価格】
¥111,800-(税抜)

エバース新商品

最近の投稿はママチャリ・電動アシスト~フル―オーダー自転車・セルフビルドパーツまで、振り幅が広すぎるvelocraftブログ

「付いて来れない」と、お声を頂くこともしばしば(汗)
でも、どれも扱い商品ですしオススメ商品なんです

シティサイクルを探している方に、フレームパイプをご紹介しても只の鉄パイプにしか見えないでしょうし、フルオーダー車をお探しの方に、安価なクロスバイクをご紹介しても「この店で大丈夫か?」と不安にさせてしまうかもしれません

しかし、今回ご紹介する新商品は自転車に乗る全ての方にオススメ出来ます!

CWSグループで最も取扱量の多いケミカルと言えば「エバース」
有名なフィニッシュラインやワコーズ等の様に、派手さも格好良さもありませんが(失礼!)高機能なケミカルを多く製造しています

新製品はガラスコーティング剤の「自転車スーパーコーティング」

1・ツヤ出し効果
2・高い撥水性
3・コンパウンド無

自転車フレーム等の金属部にスプレーをしてからサッと拭くだけで、長時間光沢を維持しつつ、撥水力で汚れも落ちやすくなります
使い方は簡単、対象物の汚れを綺麗に取り除き、15~20cm離してスプレーを掛け、乾く前に拭き上げるだけ

どんな方でも、自転車はキレイな方が良いですよね!
MTBならレース中の泥落ちが早いですよ!
ツーリングバイクの泥除け裏にシミの様な後が付きにくくなりますよ!

自転車のクリーニング後に「自転車スーパーコーティング」
是非お試しください

【価格】¥1,800-(税抜)