2018年04月
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
NESTO バカンゼ2-K入荷

お取扱いを再開した日本ブランドNESTOのアルミフレームクロスバイクが入荷致しました

今回入荷のバカンゼ2-Kは前回ご紹介したバカンゼS-Jと同じくフロントギアがシングル仕様のシンプルな1台

但し、バカンゼS-Jはフロントディレーラー増設の為のアウター受け等の装備がありませんでしたが、バカンゼ2-Kはシフトレバー&BB下ワイヤーリード等をプラスすれば、フロントギアがダブル・トリプルへグレードUP可能になっております
ホイールもクイックリリースタイプですので、工具を使用せずに着脱出来ますから輪行デビューにも使えます

最初のコストは安めにして、自転車を趣味として楽しもうと考えだしたら、フロントディレーラーを追加、ボロボロになるまで2~3年使い倒したら、更なる趣味性の高い自転車へシフトチェンジなんて、使い方が良いと思います

趣味として自転車を楽しむのには、それなりに体力も必要なので「サイクリングを楽しみたいけど、続けられるか不安」という方も多いと思いますので、まずはNESTOバカンゼ2-Kでスタートしてみませんか?

ライトやスタンドも付属で付いていますので、追加の費用も少なく抑えることが出来ます
最低限カギを追加し防犯登録を済ませれば、即ご使用頂けます

まずは、480mmブラックが1台店頭にございますので、ご覧ください

【価格】¥38,000→¥36,100-(税抜)

バカンゼ2-Kはフロントシングルギアで、外側はリング状の脱落防止・内側はチェーンウォッチャーやチェーンジャムプロテクター等と呼ばれる脱落防止機構が付いています

先日ご紹介のバカンゼS-Jは内外側共にリング状の脱落防止が付いています

外装ギアタイプの自転車はどうしてもバネでチェーンテンションを保っている為チェーンが外れるのは完璧に防ぎきれませんが、チェーンウォッチャータイプよりもリング状の方が効果は高くなります

バカンゼ2-Kは、若干内側へチェーンが落ちやすいので、お気を付けください

チェーンの脱落を防ぐのは乗車者のテクニックが多少必要です
・リアシフトチェンジは1段づつ
・段差等でチェーンがバタつく時はシフトチェンジせずペダルをこぎ続ける
・全体重をペダルに乗せる様な使用方法はなるべくしない(立ち漕ぎ等)

こんなことを守って頂ければ、かなりの割合でチェーン脱落を防止出来ます

万が一チェーンが外れてしまうとペダルが空回り状態になりますので、転倒リスクが高まります
予めご承知置き下さい

ニットウ クロモリ製Aヘッドスペーサー

欠品しておりましたニットウ製Aヘッドスペーサーの1インチが入荷致しました
厚みは5mmと10mmの2種類

1・1/8サイズも5mm・10mm共に在庫しています

トラディショナルなツーリングバイクでは極少数派のAヘッドのヘッドシステムですが、ロードバイクやマウンテンバイクを始め、ツーリング車を除く殆どのスポーツバイクでは1・1/8サイズ(オーバーサイズ)が主流

1インチのAヘッドシステムの採用は限定的でスチール製フォークでは重量面や剛性感からロードバイクやツーリングバイク等に採用されている場合もありますが、少数派の為在庫していないショップも多いと思います

velocraftではニットウ製クロモリとダイアコンペ製アルミを在庫しておりますので、是非ご利用ください

【価格】
ニットウ・クロモリCP 5mm ¥380-
ニットウ・クロモリCP 10mm ¥500-
ダイアコンペ・アルミ シルバー 2mm ¥230-
ダイアコンペ・アルミ シルバー 5mm ¥250-
ダイアコンペ・アルミ シルバー 10mm ¥270-
※全て税抜
※ベロは付いておりませんが、スレッドヘッドパーツ用のハイコラムスペーサーとしても使用可能です

-----------キリトリ-------------

昔コルナゴ創設者のエルネスト氏が「戦車じゃないんだから1・1/8サイズなんていらない」なんて言ったのは遠い昔の前世紀(凄い例え!!笑) 40周年モデルのC40が発売された時の発言だったと記憶しています 多分1994年頃
今ではコルナゴも「スチール製ロードバイク」を除き、全てオーバーサイズ以上のラインナップになっています

Aヘッドシステムは、ハンドル高の調整幅が少ないというデメリットはありますが、従来のスレッド式と比べて、剛性感が高く・軽量・ベアリング調整が容易というメリットも大きいと思います

既に所有されている1インチスレッドフォークのツーリングバイクをAヘッドシステムに換装することは容易ではありませんが、費用をご了承頂ければ可能です


その為に交換するパーツは3点「フォークコラム」「ヘッドパーツ」「ステム」

ヘッドパーツとステムはユーザー様でも交換可能かもしれませんが、フォークコラムの交換はかなりハードルが高いと思います

ちなみに上写真のパイプはレイノルズ"R"コラムで価格は1本¥3,750-(税抜)
だいたいの場合がコラムの差し替えで無く、Fフォークの新造ということが多いと思います
例えばロイヤルノートンですと、オーダーメイドフォークでおおよそ2.5万円~となります

新規作成するオーダーメイドフレーム&フォークですと、ビルダーにもよりますがアップチャージは無い場合が多いと思います
※但し、TOEIスタンダードでは承れません
※TOEIフルオーダーの場合、Aヘッドステムの製作も可能です(時価)

気になる方はご相談ください

veloorange リンコーヘッド再入荷


暫く欠品しておりましたvelocraft大人気ヘッドパーツveloorangeリンコーヘッドがJIS/ITAサイズ共に再入荷致しました

velocraftで最も多く販売しているヘッドパーツはタンゲ製輪行ヘッドのMA60(旧RB-661C)ですが、理由はその価格にあると思っています(¥1,500-(税抜))

見ためや性能のお選びになる方ですと、輪行ヘッドの場合veloorangeを最も多く販売しています

見た目の美しさとシールドベアリングによるメンテナンス性やスチール製で丈夫なので輪行中のトラブルも防げます



タンゲの輪行ヘッドにはITAサイズ(Φ30.2/Φ26.4)がありませんので、その辺も人気の秘密かもしれませんし、スチール製のメッキ処理なので、ヘッドラグにメッキ出しをしたフレームとも相性はバッチリで、統一感のある仕上げとなると思います

スタックハイトの問題等で、自転車完成後にヘッドパーツの銘柄を変更することはお勧めしておりませんので、フレームオーダーの際やフレームご購入時に是非veloorangeリンコーヘッドを御指名ください

【価格】¥3,800-(税抜)
※但しスチール製で重量は重たいですので、軽量な輪行ヘッドをご希望の方はグランボア製をご案内しています

-----------キリトリ--------------


ところで、velocraftではヘッドパーツのディスプレイ用に上写真の様な台を使用しています

フレームを製作した時の端切れで「東京サイクルデザイン専門学校」の学生が製作してくれた物です

ホビービルドの為の部材やパイプも色々在庫しているvelocraftですが、フレーム製作に興味は有っても、いきなりフレーム製作をするのは設備や工具を揃えるのも大変ですし、強度不足や事故の心配もあるでしょうからハードルはかなり高いだろうと思います

まずは練習を兼ねて、コンナ小物を作って自転車部品をお部屋のインテリアにしてみるのも面白いと思います

ご興味がある方はヘッドパーツの展示台も合わせてご覧ください