2018年10月
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
ジャイアント コンテンド2入荷

ジャイアントの最廉価版ロードバイク「コンテンド2」Msize ブラックが1台入荷致しました

快走ツーリングや通勤通学にモッテコイのスペックで、ロードバイクとしては最少とも言える軽めのローギアやハンドル上部でもブレーキが掛けられるサブレバー付きで、舗装路で行われる全ての短時間の遊びに対応してくれます

これからスポーツバイクという方やジャイアント・エスケープR3等のクロスバイクからのグレードUPに最適な性能と価格だと思います

ロードバイクだからと肩ひじを張らずに、リラックスして乗って頂きたい・ピタピタフィットのレーサージャージや歩けもしない専用シューズでは無く、カジュアルに乗りこなして頂きたい、そんな1台となっております

勿論、サイクリングイベントへの参加等もスキルUPに良いですね

【価格】¥80,000→¥76,000-(税抜)

---------------キリトリ---------------

スポーツバイクをこれから始めようという方にとって、多い課題が駐輪スペースとメンテナンス

駐輪はなるべく室内で、難しいなら雨風がしのげる所が必要です
生活スペースの問題や家族の了解等、ご自身でご対応頂くしか無いのですが、様々な自転車スタンドを取り扱っていますので、天井からぶら下げたり、壁掛けにしたり等ご相談ください

そして、メンテナンスも大きな問題です

スポーツバイクを購入したら、そのまま乗りっぱなしという訳にはいきません
自転車は金属の塊ですから、放っておけばサビてきますし、乗れば必ず汚れますし、動きも悪くなります

日頃のメンテナンスはどんなことをすれば良いのか?どの位面倒なことなのか?しないとどうなるのか?知識や技術はどうやって知れば良い?・・・等々、心配事は尽きません

メンテナンスというと、ブレーキやギアの調整等の専門性の高いことを考えがちですが、その辺は後回しでOK

まずは、タイヤの空気の入れ方やガタガタ変な音がしないかの確認やチェーンへの注油が基本

普段店頭や当ブログでは、ツーリングバイクやオーダーフレームと趣味性が高く、敷居が高いことをグチャグチャご説明していますが、大槻にはもう一つの「東京サイクルデザイン専門学校講師」という顔もあります

これから自転車業界で働きたい、自転車の未来を変えていきたいという若者に授業をしておりますが、内容は本当に基礎の基礎からで、例えば「ネジは時計回りに回すと絞まる」とか「手で持つ部分はハンドルという名前」なんてことからスタートしますので、本当の初心者(スポーツバイクに乗ったことが無い方・5回も乗れば中級者です!)という方の疑問や難しいところは熟知しています
※勿論授業は段々と専門性が高くなっていきます ちなみに昨日の授業はサスペンションフォークのオーバーホールやチューブレスレディ等でした

そんな学生も3年生にもなると、一人前に近づいていきます(一人前とは言えません(汗))

そこで、3年生2名にロードバイクメンテナンスの基礎の基礎を次号(H29年12月20日発売)バイシクルクラブ誌にて「初めてのセルフメンテナンス」として特集を組んで頂き、実演して貰いました!
※学生だけではチョット心配だったので、大槻が監修はしています(笑)

このブログをご覧の方で、初めてのスポーツバイク購入!という方は少ないとは思いますが、これからスポーツバイク購入を考えていらっしゃるでしたら、必ず読んで頂きたい内容ですし、ベテランの方にも基本の復習としてご活用頂けると思います

約20ページに渡って、大槻の教え子が登場していますので、是非ご購入の上ご覧ください
※大槻もチョビッと写ってますが・・・

【重大発表】??

いよいよ明日H29年11月28日発売!「枻出版社 ランドナーの本」

今、定期的発売されいている唯一のトラディショナルツーリングバイクMOOK
1年ぶりの発刊ですので、心待ちにされていた方も多いのでは?

今回の特集は、ルネエルス!
2台のルネエルスのレストアを通じて、その魅力に迫っています

その他80台にも及ぶ拘りツーリングバイクの紹介や、フランスで行われたコンクールマシンの紹介、今年亡くなられた新田真志氏のコレクション紹介など、盛りだくさん

大槻も相変わらず(?)チョット紙面に出ていますm(_ _)m

是非、ご購入の上ご覧ください
※CWSグループでのお取扱いはございません

そして、紙面にて重大発表??

なんて程のこともありませんが、2018年春にホームページをリニューアルします

詳細は追ってお知らせいたしますが、ツーリングバイクとフレームビルディングの専門サイトとなります
簡単にコンテンツをご紹介します

総商品数1000点以上のオンラインサイト
ツーリングバイク用や使いやすいパーツ類を種類豊富に
スチールフレームを製作する為に必要なパイプやラグ・小物等
フレームの単品購入やオーダーメイドのお手伝い

ご相談MAIL開設
忙しくてなかなか店頭にご来店頂けない方や遠方にお住まいの方にMAILでご購入頂いた自転車のメンテナンスやオーダーメイドフレームご購入に向けて等のご質問やご相談を承ります

ブログやメールマガジンでの情報発信
当ブログ同様に新着情報やセール情報等の情報をUP、公には出来ない様な取って置きの情報をメールマガジンで発信していきます

組立て方法・使用方法等技術とアイデアの紹介
velocraft流の組立て方法やパーツ選び、各パーツの使用方法等、普段店頭での接客や作業等を丁寧に解説します

その他色々計画中!
このほかにも、皆様にお役に立つ情報や商品をご提供出来る様に色々計画中です

吉祥寺から高田馬場に移転した時点からコツコツと作業を続けておりますが、やっとリニューアルの目途が立ってきました

まだ少し時間が掛かりますが、ご期待に沿える様なホームページにすべく鋭意作業中
期待してお待ちください!

YPJならではの機能?

2017年10月からお取扱いを始めましたヤマハYPJシリーズの電動アシスト

店頭にはYPJ-C(クロスバイクモデル)の試乗車もご用意していますので、走行感をお試し頂くことも出来ます
※店舗外の試乗の場合には身分証明書のコピーを取らせて頂きます

「これからスポーツバイクを始めたいけど体力に自信が無い」という方がヤマハさんのメインターゲットだと思いますが、velocraftでは既にツーリングバイクを所有されていて「輪行出来るかな~」「電動アシストも1台買っておこうかな~」とベテランのお客様の方が興味深々

その際に良く話題に出るのがバッテリーの容量が2.4Ahと少なく、アシスト力を強くしたHighモードで約14km・弱くしたECOモードで約50kmしかないこと

これではツーリング中にずっとアシストを効かせることは出来ませんよね
「バッテリーが切れたら重たいクロスバイクじゃん」「こんな容量じゃツーリングは出来ないね」とご意見を頂きます

しかし、これはスポーツモデルですよ!!

常用時スイッチはOFFが基本、体力的にシンドクなる時だけスイッチONが基本
つまり、登りの時はスイッチONで平地・下りはOFFして使用すれば、かなりな距離が走れるはずです

すると「電源OFF状態からONにする時にはペダルを漕いじゃいけないんじゃないの?」とご質問を頂きます

そうなんです!!そこがYPJが優れているところなんです!!

シティサイクル系の電動アシストは漕ぎながらアシストのON/OFFは切替られませんが、YPJはそれが可能です「チョット辛くなったからスイッチON チョット回復したからスイッチOFF」が走りながらいつでも可能です


ハンドルバーに付いている△▽マークで「High」「STD」「ECO」「無し」の4モードが選べます

ココならいつでも走行中に操作出来ますよね

その他このスイッチにはUSB端子が付いていますので、GPSやライト等の充電も可能です



大型のサイクルコンピュータを兼ねたディスプレイが付属していますので、今のアシスト力がどのモードなのか、バッテリーの残量はどの位なのか等が見えます

上写真がアシスト無しモードで、下写真がSTDアシストモード

今後発売されるシマノやボッシュのE-BIKEモーターシステムも同様の機能が付いてくるのかは未確認ですが、アシスト無しが選べるYPJはスポーツモデルとしては最適な機能だと思います

バッテリーの容量を少なくすることで、電動アシストとしては超軽量な約16kgを達成していますので、輪行も充分可能ですよね?(それなりに大変ではありますが、常識の範囲内だと思います)

是非、YPJ-Cで輪行ツーリングも楽しんでください

【価格】¥185,000-(税抜)
※ロードモデルYPJ-Rはお取り寄せの対応となります
※シティサイクルのPASはお取扱いしておりません

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12